FCM

英語
forward collision mitigation system

衝突被害軽減ブレーキ・システム。自動緊急ブレーキの一種で、三菱自動車が2012年に新型SUVに採用したもの。前方車両を77GHz帯のミリ波レーダで認識し、衝突の危険があるときは警報や自動ブレーキで衝突を回避または被害を軽減するもので、自車速度が30km/h未満で衝突を回避し、30km/h以上のときは警報で注意を促す。FCMは、「e-Assist」の構成要素の一つ。

出典
『最新版 自動車用語辞典』(株式会社精文館)

頭文字から調べる

アルファベット