FlexRay(フレックスレイ)

ワイヤ・ハーネスの肥大化を解決する多重通信技術の通信規格(車内LANプロトコル)のひとつで、ダイムラー・クライスラーAGの商標。高速大容量の車内通信システムで、2000年にDC,BMW、ボッシュ、GMなどで結成されたフレックスレイ・コンソーシアムで開発中の次世代車載用電子制御システム。通信速度は高速の10Mbpsで、既存のCAN(1Mbps)、LIN(20kbps)などより高速性、安定性、耐障害性などの優れ、通信線は2系統のネットワークを組むことができるため、システムの信頼性を要求されるドライブバイワイヤ(DBW)やブレーキバイワイヤ(BBW)などのバイワイヤ技術に利用される。2006年、BMWが転倒防止やサスペンションのダンピング制御などに初めて採用した。

参照
車内LAN(車載LAN)
出典
『最新版 自動車用語辞典』(株式会社精文館)

頭文字から調べる

アルファベット