FSW(摩擦撹拌接合)

英語
friction stir welding

摩擦撹拌接合。摩擦熱を利用して固相状態でアルミニウム合金やマグネシウム合金の板材や鋳造材を接合する技術で、1991年に英国のTWIで開発されたもの。接合材料に一定の圧力を加え、回転ツールの摩擦熱を利用して材料を軟化させ、工具を移動させながら接合を行う。

参照
異種金属接合技術
出典
『最新版 自動車用語辞典』(株式会社精文館)

頭文字から調べる

アルファベット