ステアリング

ステアリング(steering)とは、乗り物の操舵装置のことで、進行方向を変えるためのシステムである。
自動車におけるステアリングは、ハンドル(ステアリングホイール)を回転することで車軸に付いているタイロッドという横棒の部品が左右に移動し、タイヤの向きを変えるようになっている。

ハンドルのことをステアリングと称することがあるが、本来ステアリングというのはこの操舵装置全体のシステムのことをいう。

運転経験者には周知のことだが、ハンドルの回転角度とタイヤの回転角というのは一致しない。
これは、車両重量のかかっているタイヤを動かすためには大きな力が必要となり、ハンドルとタイヤの回転比を1:1にしてしまうと重くて動かすことができないからである。
したがってこのシステムではギア比を利用し、ハンドルの回転数をタイヤの回転数より大きくすることで軽快な操作を可能としている。

現在主流となっているステアリングシステムの方式は「ラック&ピニオン式」と呼ばれるもので、ピニオンギアという小口径のギアと、棒状の部品に歯がつけられたラックとの組み合わせで動かす仕組みになっている。
ハンドルを回転させるとピニオンギアが回転し、その歯と噛み合っているラックが左右に水平移動することでタイヤの向きが変わるのである。

車体重量が重くなるほどハンドルの操作も重くなるため、現在はほとんどの車に油圧シリンダーなどを用いて、ハンドル操作の抵抗を軽くしたパワーステアリングが採用されている。

頭文字から調べる

アルファベット