更新日

dSPACE Japan株式会社

セールスエンジニア<HIL Strategy>【自動車業界】

年収 600万円~800万円
勤務地 〒140-0001 東京都品川区北品川4-7-35御殿山トラストタワー10F
職務内容 ■完成車メーカーの顧客を中心に、営業をサポートして自社製品の技術サイドからの最適な製品の組み合わせ提案を行い、受注獲得につなげます。モデルベース開発環境構築に向けた技術的な検討とソリューション提案を実施。顧客が次世代自動車開発を実現するためのパートナーとなります。
※営業数字などは持ちません。

<具体的には>
・モデルベース開発を行いたい顧客(主に自動車メーカーや部品メーカー)に対し、技術的な課題をヒアリング
・dSPACE製品全体を見渡し、顧客の課題をクリアするための最適な製品の選定、組み合わせや構成を検討
※特に、同社の主力製品であるHIL構築のための計画立案、コンサルティングを通じて顧客に最適なプランを提案します。
・見積書の作成業務

<仕事例>顧客がモデルベース開発時に実施したいシミュレーション(例えば対人、対自動車、信号などを考慮に入れた自動運転のシミュレーション)や測定を詳細にヒアリング。同社の幅広い製品をどのように組み合わせれば実現出来るかを検討し、提案いただきます。
<出張>あり
<働き方>社内での内勤業務が業務比率としては多く、月の残業時間としても10時間程度の環境です。
担当製品 HIL Strategy
マネジメント なし
出張場所・頻度 有り
英語 社内のインフラネットや本国とのやりとりにて使用していただきます。
必要な経験・資格 <必須要件>
■以下全てに該当する方
・自動車制御のご経験 または 電子・電気回路の基礎知識
・理系(情報、電気、物理、機械)出身(高専卒、大卒、大学院卒)
・英語能力 (TOEIC 700以上)
※チームリーダーはドイツ人のため、英語でのコミュニケーションが必要です。
雇用条件
  • 雇用形態:正社員
  • 転勤の有無:場合により有
  • 就業時間:9:00~18:00
  • 給与形態:年俸制
この求人に応募する

企業情報

基本情報

設立: 2005年

従業員数: 150名

資本金: 2,500万円

事業内容・沿革 <事業内容>
■自動車産業、航空事業及びその他の産業用の電子制御システムやテスト用ツールの輸入販売
■上記製品のアフターサービスおよび技術サービスの提供

<沿革>
1988年 dSPACE GmbHをドイツのパーダーボルンに設立
1991年 米国にdSPACE Inc. 設立
2001年 FlexRay コンソーシアムに加盟
2005年 Frost & Sullivan Award「Leading Manufacturing Test Company of the Year(年間最優秀製造テスト企業賞)」を受賞
2006年 日本にdSPACE Japan 株式会社を設立
企業情報 【概要・特徴】
モデルベース開発ツールのリーディングカンパニー「dSPACE」の日本法人。自動車業界で用いられるモデルベース開発に特化したツールを取り扱っており、特にECU開発ツールを強みとしています。日本法人では、自動車業界を中心にECUの開発支援ソリューションを提供しています。売上の約8割を自動車業界向けが占めており、特に電気・ハイブリッド車領域に注力しています。その他にもロボティクス・メカトロニクス・航空宇宙業界などの製造業界向けに複数の領域で事業を展開しています。

【製品実績】
世界で唯一、30個以上のECUを組み合わせシミュレーション可能な大型のVirtual HILS(VHILS)を提供しています。設計の初期段階から、複雑な想定のシミュレーションを実機を用いることなく測定が可能です。競合のツールメーカーでさえも同社製VHILSに適合可能な製品を開発を行うほど、同社製品は業界で重要視されています。現在、世界中全ての完成車メーカー、大手部品メーカーを中心に200社以上と取引があります。

【環境】
開発ツールの需要は景況感に左右されず、先行投資としての受注を獲得できるため、収益が安定しています。中途入社社員が8割以上を占めているため、中途入社の方でも充分馴染める環境です。また、2年間で20人近く社員が増えている中でも離職率が10%以下と高い定着率です。
待遇・福利厚生

【保険】
健康保険、雇用保険、労災保険、厚生年金

【諸手当】
通勤手当、残業手当(一定等級以上は裁量労働手当として支給)

【休日・休暇】
年間123日/(内訳)完全週休2日制(土・日)、夏期休暇、年末年始、有給休暇、慶弔休暇

【その他】
ベネフィット・ワン、確定拠出年金制度

コンサルタントコメント

独立系かつ圧倒的な製品力があるため、完成車メーカーなどと対等な提案・交渉可能であり、量産段階ではなく先行開発に関わるため、残業は20時間程度です。
最先端のモデルベース開発技術に触れ、自動車に関する広い知識を習得してオールマイティなエンジニアに成長することができます。
顧客はメーカーのR&D部隊の選考開発に関わるエンジニアがメインとなるため最先端の自動車開発に関わることが可能です。

お問い合わせ番号 173279

この求人に応募する