更新日

富士電機株式会社

フィールドエンジニア/現地試験<遠方監視制御装置/計算機システム>

年収 400万円~650万円
勤務地 〒191-0064 東京都日野市富士町1番地
職務内容 ■フィールドエンジニアとしての遠方監視制御装置(テレコントロールシステム)、計算機システムの現地試験・調整業務

■担当エリア:全国対応
■出張期間:1・2週間~数ヶ月間/回(出張頻度:年間1/2~2/3程度の出張対応あり)
■オンコール対応:基本ありません。緊急対応は別部門が対応しています。
※1~4名など案件によって、出張時の人員配置が異なります。
※将来的に転勤の可能性がございます。
必要な経験・資格 【必須要件】以下いずれも必須
■受変電・制御設備を始めとした設備やシステムの現地試験・調整業務のご経験をお持ちの方
■ビジネスレベルの英語・中国語

【歓迎要件】
■電気工事士の資格をお持ちの方
雇用条件
  • 雇用形態:正社員
  • 転勤の有無:有り
  • 就業時間:9:00~17:45
  • 給与形態:月給制
教育・研修制度 ビジネスコアリーダー研修、中核技術者研修 他
この求人に応募する

企業情報

基本情報

市場情報: 東証一部

設立: 1923年

従業員数: 26,503名

資本金: 475億円

事業内容・沿革 ■電気機器の開発・製造・販売・サービス
<沿革>
1923年 日本の「古河電気工業」と、ドイツの「シーメンス社」との資本・技術提携により設立
1924年 同社川崎工場操業開始
1955年 火力発電事業へ本格的に進出「シーメンス社」と蒸気タービン製造技術の導入契約
1996年 鉄道車両用IGBT主変換装置を受注(世界初の大容量平型IGBT)
2010年 単機容量世界最大140MW地熱発電所運転開始(ニュージランド「ナ・アワ・プルワ地熱発電所」)
2016年 パワエレテクニカルセンター(鈴鹿地区)完成
2010年 離島にマイクログリッドシステムを納入し、実証実験に参加
2012年 国内初、次世代パワー半導体SiC-SBD搭載産業用インバータの開発
2016年 パワエレテクニカルセンター(鈴鹿地区)完成
企業情報 【概要・特徴】
東証一部上場、受変電設備などに強みを持つ総合電機メーカー。電気・熱エネルギー技術をコア技術として、「発電」「パワエレシステム」「電子デバイス」「食品流通」の4つの事業を軸にグローバルに展開しています。

【事業内容】
・電子デバイス事業:産業機器・自動車や新エネルギー分野に欠かせないパワー半導体をはじめとする電子デバイスを提供。次世代半導体のSiCデバイスを取り入れたパワー半導体の開発を行い、搭載機器の大幅な省エネ、小型化・軽量化を実現しています。
・発電事業:熱発電タービン御三家の1社である同社は、蒸気タービン・発電機において世界4割のシェアを持ち、世界No.1の納入実績です。スマートグリッドの展開にも積極的に動いており、各地の実証実験などにも積極的に参加しています。その他にも地熱発電・燃料電池・地熱発電・太陽光発電システムなどを提供しています。

【注力分野】
コア技術であるパワー半導体技術とパワーエレクトロニクス技術を計測・制御技術と組み合わせ、エネルギー・環境分野の最適化を実現するソリューションの研究開発に注力しています。また、国内外の研究機関・大学などとのオープンイノベーションを積極的に進め、先端技術や基盤技術の強化などに取り組んでいます。このような取り組みにより、次世代半導体のSiCデバイスや世界最高効率の太陽光発電用PCSやインバータなど、数々の最先端の製品の開発にも成功しています。
待遇・福利厚生

【保険】
健康保険、雇用保険、労災保険、厚生年金

【諸手当】
時間外手当、通勤手当

【休日・休暇】
年間125日/(内訳)週休2日制(土・日)・祝日・夏期・年末年始。慶弔休暇、有給休暇

【その他】
寮、社宅、財形貯蓄制度、社員持株制度、保養所、休職制度(育児、介護)、就業時間短縮制度(育児、介護)、リフレッシュ支援制度、企業年金、共済会(加入必須(個人負担あり))、各種体育施設、診療所 など

コンサルタントコメント

大手電機メーカーの中でも発電した電気を「制御する」設備に強みを持つ企業です。
今後、電気を制御する設備だけではなく、タービンやボイラーなど電気を「作り出す」設備と共にエンジニアリングをする事でさらなる業績上昇を掲げています。
他県から転居を伴い入社する方に関しては、初期費用がかかりません。
企業側の負担で手配していただけます。
弊社からの入社実績も多数ありますので、ぜひお問い合わせください。

お問い合わせ番号 229545

この求人に応募する