情報確認日

未来の産業と期待される次世代モビリティ開発の日系企業

電装設計担当

年収 400万円~800万円
勤務地 愛知県豊田市
職務内容 空飛ぶクルマの電装系全体を構想し、システム設計・回路設計、サプライヤーへの開発指示・評価、航空認証取得など開発全体に携わって頂きます。電気負荷、機能・性能、信頼性、耐環境性、重量、サイズ、コスト、リード・タイム、艤装性・整備性など、さまざまな観点から最適な電装システムを形作って頂くミッションです。

【具体的には】
・航空機の電源系統や照明系統などの電気回路設計および装備設計
・安全性要求を担保した上での電子機器の搭載設計およびハーネス回路設計
 -ハーネスサプライヤーへの要求出し
・配線図の作成
・航空局への電装および照明要求適合の計画立案・説明
・認証取得対応(配線やコネクタ)
必要な経験・資格 【必須要件】
・電源系統や照明系統、配線などの電装設計、回路設計経験者

【歓迎要件】
・航空機の電装設計経験者
・機能安全やEWISの知識
雇用条件
  • 雇用形態:正社員
  • 転勤の有無:場合により有
  • 就業時間:10:00~19:00
  • 給与形態:月給制
この求人に応募する

企業情報

企業情報 【概要・特徴】
電動垂直離着陸型航空機(空飛ぶクルマ)の開発・製造・販売を行う日系企業。
無操縦者航空機の屋外飛行試験に成功しており、近年中での有人飛行試験やデモフライト、有人機の販売開始を目指しています。

【事業展開】
第三者割当増資および助成金を通じて、多くの資金を調達しています。
取り組みがメジャーになるとともに多くの企業からの支援が増えているほか、連携協定を締結するなど、自治体との結びつきも強めています。

【展望】
空飛ぶクルマは世界各国で開発が進んでおり、日本でも都市部でのタクシーサービス、離島や山間部の新たな移動手段、災害時の救急搬送などにつながるものと期待されています。
2018年から空の移動革命に向けた官民協議会が開催され、2023年の事業開始、2030年の本格普及に向けたロードマップ(経済産業省・国土交通省)が制定されています。

コンサルタントコメント

次世代モビリティ産業の1つとして期待されている企業での募集です。グローバルでは大手がコンセンプトモデルを発表、空の移動革命に参入するベンチャーも数社出てており、夢のモビリティから、もはやビジネス開発のフェーズに突入しています。組織として今後拡大が予定していますので100年に1度の、次世代モビリティ革命を創造できる人材を募集します。

お問い合わせ番号 310545

この求人に応募する