情報確認日

新明工業株式会社

機械設計<パワートレーン生産設備>

年収 425万円~518万円
勤務地 〒471-0879 愛知県豊田市長興寺8丁目20番地
職務内容 パワートレーン機械設計室において、トヨタ自動車及び関連会社向けとして自動車の生産設備や、電池・モーターの生産設備の機械設計を行っていただきます。
また、設計の役割として製造現場における組付指導や設備評価業務指導も担っていただくことがあります。
必要な経験・資格 【必須要件】以下、全てのご経験をお持ちの方
(1)工業系学校出身者
(2)2D_CADを用いて機械・器具・工作機械等の機械設計経験がある方
(3)2D_CADを用いて機械・器具・工作機械等の製図経験がある方
(4)普通自動車免許(第一種)
(5)Excel、PowerPointでの資料作成

【歓迎要件】
・自動車生産用、専用装置及び搬送装置設計経験者
・電池生産設備の設計経験者
・製図技能検定合格者(機械プラント製図1級、2級)
・3DCAD(ICAD及びマイクロケーラムII)使用経験者
→3DCAD未経験でも大歓迎です。教育体制は整っていますのでご安心ください。
雇用条件
  • 雇用形態:正社員
  • 転勤の有無:無し
  • 就業時間:8:20~17:30
  • 給与形態:月給制
この求人に応募する

企業情報

基本情報

設立: 1939年

従業員数: 1,030名

資本金: 98百万円

事業内容・沿革 ■EV/FC等車両生産設備の設計、製作 ■物流/生産システムの設計、製作、エンジニアリング
■自動化/省力化設備の設計、製作 ■プレス金型の設計、製作
■各種自動車整備、各種車両特装およびレストア
<沿革>
1949年 ファースト自動車株式会社と加茂自動車株式会社が合併し、社名を挙母自動車株式会社とする
1959年 社名を新明工業株式会社と改名
1964年 本社を豊田市衣ヶ原に移転
1970年 豊田市前田町に前田工場(現センター前田)を設立
1998年 北米地域の活動拠点として、Industrial Tech Services(U.S.A.ケンタッキー州)を開設
2011年 宮城県仙台市に新明東北株式会社を設立。中国天津市に天津新明汽車部件有限公司を設立
2014年 インドネシアジャカルタにSHINMEI Indonesia Officeを設立
2019年 新明東北マシナリーを設立
企業情報 【概要・特徴】
自動車用生産設備の製造や、試作段階の開発などを手がける企業。国内13社、海外5社の関連会社を擁し、「設備事業」「自動車事業」の2事業を展開しています。特にトヨタ自動車とは、1957年以来の長きにわたり取引きを行なっており、トヨタ自動車のパートナーとして近接地に拠点を展開。10年連続でトヨタ原価改善優秀賞特別賞や、5年連続でトヨタ原価改善優秀賞金賞などを受賞しています。

【事業展開】
設備事業では、EV・HV・FCVなど最先端の環境対応車の生産を担う設備の設計・製作・組付けを実施。ほかにも、パワートレーン生産設備や物流・搬送システム、組立設備、検査設備などの開発・提案から生産立ち上げ、保守・アフターサービスまで一貫して行なっています。自動車事業では、カーサービス(車両の整備・点検・修理)や特殊車両製作、試作開発・支援、展示モデル企画製作、トヨタ博物館のクラシックカーのレストア(経年劣化した車両を新車同様の状態に復元)などを行っています。

【注力分野】
創業以来培ったメカトロニクス技術、製造技術、組付け技術、検査技術、自動車整備技術などを活かし、AIやIoTなど次世代を担う先進技術の開発に取り組んでいます。また、産学連携・行政機関とのタイアップなど、外部との連携を強化。現在は、自動車工場内で使用される資材運搬用車両や、高速道路のラバーコーン設置回収車など産業用車両の分野にも自動運転技術を取り入れるため、大学と協同で実証実験を行なっています。
待遇・福利厚生

【保険】
健康保険、雇用保険、労災保険、厚生年金

【諸手当】
通勤手当、家族手当

【休日・休暇】
年間121日、年末年始長期休暇、ゴールデンウィーク長期休暇(5月)、夏季長期休暇(8月)、有給休暇、リフレッシュ5連休休暇制度

【その他】
退職金

お問い合わせ番号 283040

この求人に応募する