更新日

ジョンソン・マッセイ・ジャパン合同会社

実験評価エンジニア<自動車用触媒>

年収 400万円~600万円
勤務地 栃木県さくら市喜連川
職務内容 ■自動車用触媒(4輪、2輪、ディーゼル車)の実験評価を担当して頂きます。

<具体的な業務内容>
・ベンチ、シャシダイナモ上で実機を用いての触媒評価方法の開発、触媒の評価
・データ計測、解析
※実際にエンジンを触っていただいたり、組み立てていただく業務が発生します。
1ヶ月に1回程度、2交代勤務が発生する可能性がございます。
1勤務:9:00-18:00 / 2勤務:16:00-1:00

<転居補助>無し<将来的な海外勤務>当面は無し<出張>有り
担当製品 自動車用触媒
英語 社内文書、本国へのレポート等で若干使用します。
必要な経験・資格 【必須要件】
■自動車業界での実験、評価、試験経験
■エンジン、排気に関する知識
雇用条件
  • 雇用形態: 正社員
  • 転勤の有無: 無し
  • 就業時間: 9:30~17:30
  • 給与形態: 年俸制
福利厚生 退職金制度(継続雇用あり)
教育・研修制度 OJT研修が中心です。
企業情報 【概要・特徴】
創業200年以上の歴史を誇る、触媒メーカー「ジョンソン・マッセイ」の日本法人です。グローバルでは、英国に本社を構え、世界約90ヵ所に生産拠点と英国・米国・日本に開発拠点を有しています。日本法人は、アジアでの開発拠点として位置づけられており、化学・材料、燃料電池、自動車触媒、ディーゼル触媒の事業を展開しています。自動車触媒は、軽自動車から商用車まで幅広い形式の触媒に対応しており、世界約35%、日本約30%のシェアを誇っています。トヨタ・ホンダなど国内ほぼすべての完成車メーカーと取引があり、ニーズ、売上共に大きく伸びています。

【優位性】
世界最大の「ルステンブルグ白金鉱山」の協同精製業者であるため、世界の白金需要の約30%を供給しています。この共同経営により、白金、イリジウムなどの貴重な金属を安定的に供給でき、また安い価格での提供が可能です。また、古くからそれらの金属の研究開発を行っているため、自動車部品で最も高価な触媒において、世界最高の技術開発力を持っています。この分野は、新規参入が難しいことからも、同社の優位性が保たれています。

【研究開発体制】
同社は継続的に研究開発への投資を行っており、2014/15年度には、従業員の13%がR&D業務に従事し、1.7億ポンド(約300億円)を研究開発に投資しています。日本の開発拠点では、英国や米国の開発拠点と協力しながら業務を行っており、各開発拠点のエンジニアが集まる技術交流は年に1・2回行われています。
コンサルタント
コメント
自動車用触媒において、世界35%、日本でも30%のシェアをもつ企業です。トヨタ、ホンダなどのほどんどの完成車メーカーと取引しています。ガソリン代を100%支給、加えて月5000円の通勤手当がついたり、カフェテリア利用料も無料で、毎日3つのメニューから選ぶことができます。ご家族を含めた引越し費用も補助されるなど、社員の福利厚生に手厚い企業です。詳細についてはお気軽にコンサルタントへお声掛け下さい。
お問い合わせ番号 145460
この求人について問い合わせる