日立オートモティブシステムズ、「オートメカニカ上海 2016」にアフターマーケット製品を出展

世界最大の自動車市場の中国 幅広いアフターマーケット製品を出展へ
株式会社日立製作所の子会社である日立オートモティブシステムズが、11月30日から12月3日にかけて開催される「オートメカニカ上海 2016」に、幅広いアフターマーケット製品を出展すると、24日のプレスリリースで発表している。

上海の「National Exhibition and Convention Center」にて、中国最大級のアフターマーケット国際見本市が開催される。世界最大の自動車市場の中国では、自動車販売台数が伸び続けており、2015年には自動車保有台数が17000万台以上に到達。アフターマーケット製品への需要が更に高まることが予想されている。日立オートモティブシステムズが「オートメカニカ上海」に出展するのは今回で4度目となる。

シェアが高い日本車及び欧州車へのアフターマーケット製品を紹介 ラインアップを更に拡大へ
日立オートモティブシステムズは、中国でシェアが高い日本車及び、欧州車へのアフターマーケット製品を紹介する予定で、 日立オートモティブシステムズEspelkamp GmbHのブランド製品の一つであるHÜCO製品も紹介するとしている。

また、アフターマーケットの事業基盤の強化及び、中国での様々な顧客ニーズに応えていくため、今年度からエンジンオイルの販売も手掛けるなど、アフターマーケット製品ラインアップを更に拡大していくことも明らかにしている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

Hitachi Automotive Systems プレスリリース
http://www.hitachi.com/New/cnews/month/2016/11/161124.html