日立オートモティブシステムズ、「上海オートショー」で次世代車両向けモビリティ技術を展示へ

幅広いモビリティ技術、システム、製品を紹介 次世代車両の開発に大きく貢献
自動車部品の大手サプライヤーである日立オートモティブシステムズが、「上海オートショー 2017」において、次世代車両の開発・実現に大きく貢献する幅広いモビリティ技術やシステム、製品を展示すると、12日のプレスリリースにて発表した。

4月21日から28日にかけて行われる第14回「上海オートショー」で同社は、「Moving Forward! 人・クルマ・社会がつながる未来へ」のテーマの下に自動運転や電動化などといった、次世代車両向けの幅広いモビリティ技術、製品、システムを紹介する予定。

中国は今、世界最大規模の自動車市場になっており、日立オートモティブシステムズは、安全性能及び、環境に配慮した技術やシステムなどにより自動車のパフォーマンスを改善することに貢献している。

自動運転システムや中国向けナビゲーションなど色々なコーナーを設置へ
同社は、クラリオンや日立マクセルと共同でコーナーを設置し、色々な製品などを紹介していく。自動運転システムコーナーでは、電気自動車の進化に向け、カメラやレーダーを使用した360度センシング技術などを紹介。動画視聴や、実際に自動車で体験も可能とした。

また、中国向けナビゲーションコーナーでは、クラリオンが提供するスマートフォン連携、ドライブレコーダー内蔵、ドライブモニタリング内蔵といった3種のナビゲーションシステムを紹介。これらを含め5コーナーを設け、多くの来場者を迎える。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

Hitachi Automotive Systems プレスリリース
http://www.hitachi.com/2017/04/170412a.html