日立オートモティブシステムズ、チャンピオンシップ4位に

インディカー・シリーズの年間総合順位で第4位を獲得
日立オートモティブシステムズは9月19日のプレスリリースにて、アメリカ、インディカー・シリーズ2017年の最終戦でチームペンスキーのドライバーであるエリオ・カストロネベス選手が年間チャンピオンシップで第4位を獲得したと発表した。

この最終戦は9月17日のアメリカ、カリフォルニア州ソノマで開催され、今レースでは第5位、年間総合順位で第4位を獲得した。

今シーズンほぼ全レースで上位を獲得
2017年のシーズンは3月12日にフロリダ州セントピーターズバーグで開幕し、カストロネベス選手はほぼ全レースで上位を獲得してきた。また、第6戦では2位になり、表彰台に上ることもできた。

第10戦では予選で通算50回目のポールポジションの獲得、本戦において3位を獲得し表彰台に上った。さらに、11戦では優勝を果たし、最終戦ではテクニカルコースを最後まで攻め続け、5位で完走を果たした。

今シーズン、カストロネベス選手は多くのレースでトップ争いに参戦し、上位を獲得し、ポイントを稼いできた。また、予選でも速さをアピールし、素晴らしいレース運びを見せた。カストロネベス選手は今シーズンの全戦を終了し、以下のようにコメントした。

「7月のレースでは優勝を獲得することができ、素晴らしい成績を収めることができた。日立グループの支援に対し、とても感謝している。」

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

日立オートモティブシステムズ プレスリリース
http://www.hitachi-automotive.co.jp/news/20170919.html