日立オートモティブシステムズ、世界最小のレーダーを開発

世界最小クラスのミリ波レーダーを開発
日立オートモティブシステムズは10月3日のプレスリリースにて、走行中の離れた場所にある障害物を検知する世界最小クラス、77GHz前方ロングレンジミリ波レーダーを開発したと発表した。

この開発は2015年に試作品として開発したレーダーよりも50%以上、小型化に成功し、上下方向の検知も可能になった。製品化への予定は2020年を目標にしている。

自動運転の信頼の向上にもつながる
将来的な自動運転をより信頼できるものにするために、車両周辺の障害物を検出するセンシング技術が必要である。高速道路などでは、遠距離に至るまで検知距離を伸ばし、障害物を確認でいることが必須であると日立オートモティブシステムズは考えている。

今回開発した製品は前方200m、左右18度の検知ができ、改良を重ねることで薄型化、小型化が実現した。

奥行き約30%、高さ約15%、横幅約25%、体積比は50%減に成功し、搭載性もアップした。また、受信アンテナを2つから4つへ増やすことで、左右上下方向の角度検知を可能にした。今後も自動運転へ貢献できる製品、開発に力を入れていくと明言した。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

日立オートモティブシステムズ プレスリリース
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/