日立、世界環境に合わせた大容量直流電線通信技術を開発

大容量直流PLC技術の開発に成功
日立製作所、日立オートモティブシステムズは10月11日のプレスリリースにて、パワートレイン内のECUおよびワイヤーハーネスを共有化し、ネットワーク接続できる大容量直流PLC技術の開発に成功したと発表した。

これは電動化車両にも応用でき、パワートレインシステムのワイヤーハーネスの削減、軽量化、燃費向上につながるとしている。

世界基準に対応可能なシステムに
世界的な環境規制に合わせ、パワートレインの効率化の厳しい要求にも応えることができ、パワートレインに搭載されるECUを初めとするシステムの複雑化を受け、分散型のECUを1箇所に集中させ、パワートレイン総合ECUに変換し、一層の効率化が可能になるよう検討している。

しかし、1箇所にまとめることでセンサー、アクチュエーターの複数化および延長、ワイヤーハーネスの延長、重量増加など、デメリットが多くなる。さらに、1箇所にシステムを集中させることで、熱量が密集し、自然冷却が不可能になる不安要素もあった。

日立製作所と日立オートモティブシステムズはそんな問題を解決する電力線通信技術を開発した。このシステムを採用することでワイヤーハーネスの短縮化、40%の軽量化、60%の発熱量の削減、その他簡略化が可能になった。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

日立オートモティブシステムズ プレスリリース
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2017/10/1011b.html