日立オートモティブシステムズ、中国の自動車部品の見本市に出展

アフターマーケット製品事業を強化
自動車部品の大手サプライヤーである日立オートモティブシステムズは、そのグループ会社で中国の地域統括会社である日立汽車系統(中国)有限公司が11月29日(水)から12月2日(土)まで中国・上海のNational Exhibition and Convention Center(Shanghai)で開催される中国最大規模のアフターマーケットの国際見本市「Automechanika Shanghai 2017(以下、オートメカニカ上海2017)」に出展すると発表した。

中国は世界最大の自動車市場で自動車需要の増加に伴い中古車市場も伸長しており、部品交換や修理などのアフターマーケット向け市場も拡大を続けていることから、日立オートモティブシステムズさまざまなニーズに対応できるよう製品の拡販を推進していくと同時に、さらなる事業基盤の強化を図っていく方針である。
5回目の出展
「オートメカニカ上海2017」への出展は、日立オートモティブシステムズはグループとして5回目の出展となり、日系車両向けに加えて欧州系車両向けの部品の展示を行う予定である。

また、Hitachi Automotive Systems Espelkamp GmbHのブランドであるHÜCO製品、サスペンション、ブレーキパッド等の TOKICO製品を含めた、日立オートモティブシステムズグループの幅広い製品の認知拡大とプレゼンスを向上していく計画である。

日立オートモティブシステムズはアフターマーケット事業を強化しており、環境分野ではエアフローセンサーやイグニッションコイル、安全分野ではショックアブソーバーやブレーキパッドなどの幅広い製品群をグローバル規模で展開している。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

日立オートモティブシステムズ プレスリリース
http://www.hitachi.co.jp