日立オートモティブシステムズ、スポンサーシップを発表

チーム・ペンスキーのスポンサーシップを継続
日立オートモティブシステムズは1月16日のプレスリリースにて、アメリカ、インディカー・シリーズでチーム・ペンスキーへのスポンサーシップを今年度も継続すると発表した。

また、チーム・ペンスキーへ新たな選手としてジョセフ・ニューガーデン氏を迎え、今年度のインディカー・シリーズの年間チャンピオンシップの強化を行った。

ニューガーデン選手も素晴らしいパートナーシップを経験し、今後、日立オートモティブシステムズとの成功を楽しみにしているとコメントしている。

2017年度の好成績に続き2018年度も成績に期待
日立オートモティブシステムズはチーム・ペンスキーと2012年以降パートナーシップを結び、これまで数多くのレースでポールポジション、表彰台を獲得するという成功を勝ち取ってきた。

日立オートモティブシステムズとチーム・ペンスキーの活動で、世界中のモーターショーへの参加だけでなく、さまざまなイベント、レース場での体験をしてきた。

2017年度はポールポジション1回、優勝4回を含め、表彰台9回という偉業を達成した。今年度は全17レース中8レースでプライマリースポンサー、8レースでは日立ブランドと共にレースを走ることになっている。

さらにサイモン・パジェノ選手、ウィル・パワー選手のアソシエイトスポンサーを務め、エリオ・カストロネベス選手を支援していく。

(画像は日立オートモティブシステムズホームページより)


▼外部リンク

日立オートモティブシステムズ プレスリリース
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2018/01/0116.html