日立オートモティブシステムズ、2018北京国際汽車展覧会に出展

次世代モビリティ技術を紹介
日立オートモティブシステムズの中国における地域統括会社の日立汽車系統(中国)有限公司は、4月25日(水)から5月4日(金)まで北京で開催される「2018(第15回)北京国際汽車展覧会Auto China 2018 (北京モーターショー)」に出展すると発表した。

日立オートモティブシステムズは、「Moving Forward! 人・クルマ・社会がつながる未来へ」をテーマに、このAuto China 2018において自動運転や電動化など、クルマ社会をけん引する次世代モビリティ技術を紹介していく予定である。
自動運転システムを通じて社会貢献
日立オートモティブシステムズは、中国で社会問題となっている渋滞緩和や交通事故の削減に向けた技術が注目されていることから、「自動運転システム」や「電動化システム」などの先進システムを支えるシステム・機器を通じて次世代モビリティ技術を提供していくことで中国の社会課題の解決に貢献していく方針である。

中国は世界最大の自動車市場であり市場が大きく成長しているが、企業平均燃費規制やNEV(New Energy Vehicle)規制などによる環境規制が年々強化されており、環境対応車のさらなる普及に向け、「乗用車企業の平均燃費と新エネ車クレジットの並行管理弁法」が中国政府より発表されている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

日立オートモティブシステムズ プレスリリース
http://www.hitachi.co.jp