コンチネンタル、「2019 VDA Logistik Award」を受賞

「2019 VDA Logistik Award」の受賞
コンチネンタルは、デジタルサプライチェーンが「2019 VDA Logistik Award」を受賞したと発表した。リスク分散管理向けの統合的なサプライチェーンの概念が高く評価された。

デジタルサプライチェーンでは、知的アルゴリズムを用いたクラウドソリューションを提供し、サプライチェーンのリアルタイム分析を可能にする。

複雑なサプライチェーンは、自動車の相互接続、デジタル化を促進させる。また、材料供給においてリスク分散管理ができる。

リスク分散管理向けの統合的なサプライチェーン
コンチネンタルは、「Supply Risk Management 4.0」のもと、サプライリスクを軽減する概念の開発を推し進めてきた。今回の受賞によって、コンチネンタルが自動車業界におけるロジスティクス4.0のロールモデルであると認識された。

また、インテリジェンスを備えたサプライチェーンマネジメント(供給連鎖管理)は、供給ネットワークをより戦略的に協調させ、ボトルネック(全体の結果や性能を左右する最大の要因)を迅速に特定し、リスク管理を可能にする。例えば、製造工程の初期段階にて、原材料ボトルネックを特定し、回避できる。

適切なタイミングにて、在庫の再分配や製造の問題に対する対策を講じられ、顧客に最短での製品提供が実現される。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

Continental
https://www.continental-corporation.com/