デーナ、商用車市場向け総保有コスト計算ツールを発表

総保有コスト計算ツールの発表
今月7日、デーナは、商用車市場向けに総保有コスト(TCO)計算ツールを発表した。フリート、独立事業者は、計算ツールを用いてディーゼル車とフル電動パワートレインにおける総合的コスト比較を提示できる。

顧客サポートを
新たなツールでは、燃料、装備から燃費効率、年間維持費に至るまで、総コストの計算が可能になる。

分析前に、購入予算、自動車税、維持費など購入者の希望を入力する。また、利用者が入力する情報量は少なく、操作は簡単である。操作手順は、絵や文字など視覚的プロンプトによりシンプルに説明される。

購入者は、複数の選択肢を対照比較し、コスト条件に最も見合う車を選択できる。

コマーシャル・ドライブライン・テクノロジーズ社長のマーク・ウォレス(Mark Wallace)氏は、責任をもって製品を薦められるように、事業者は、顧客に対して、ディーゼル車から電動パワートレインへの移行に伴う費用をより正確に見積もる必要があると説明する。

デーナは、モビリティの革命における顧客サポートをコミットしている。新たな分析ツールは、所有者の総コストをもとに、ディーゼル車、電動パワートレインの選択を支援する。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

DANA プレスリリース
http://dana.mediaroom.com/