日立オートモティブシステムズ、ドイツの自動車機器ソフトウェア開発会社を買収

全株式を取得し、seneos GmbHを完全子会社化
日立オートモティブシステムズ株式会社(以下、日立オートモティブシステムズ)が、ドイツの自動車機器ソフトウェア開発会社seneos GmbHを買収したと、4月16日に発表している。

seneos GmbHは、自動車機器のソフトウェア開発に特化したシステムエンジニアリング会社だ。今回、日立オートモティブシステムズが4月15日に、全株式を取得したことで、完全子会社となった。

日立オートモティブシステムズは、自動車の電動化分野などにおいて製品・システムを供給することで、ヨーロッパにおける顧客基盤を拡大している。そんな中、seneos GmbHのソフトウェアを活用することで、統合制御システムによる先進的なビークル・ソリューションの開発を更に進めていく考えだ。

コネクティビティなどで現代の自動車の高機能化が進む
現代の自動車においては、電動化や自動運転化、コネクティビティなど、先進技術による高機能化が進んでおり、関連するソフトウェアアプリケーションなどが、飛行機の10倍以上搭載されているものもある。

そういった背景から、日立オートモティブシステムズは、seneos GmbHの強みとする車載機器ソフトウェア関連のフロントエンジニアリングを強化し、各国・地域の需要に応えられるような、標準化されたソフトウェアアーキテクチャ及びソフトウェア開発プロセスの構築を目指すとしている。

(画像は日立オートモティブシステムズ株式会社 ホームページより)


▼外部リンク

日立オートモティブシステムズ株式会社 プレスリリース
http://www.hitachi.com/New/cnews/month/2020/04/200416.html