日立オートモティブシステムズ、上海国際自動車部品及び関連サービス展覧会2016に出展

自動車の環境・安全分野の技術を紹介
日立オートモティブシステムズのグループ会社で、中国の地域統括会社である日立汽車系統(中国)有限公司(以下、日立汽車系統)は、6月28日(火)から6月30日(木)まで中国の上海にある上海新国際博覧センターにおいて開催される「上海国際自動車部品及び関連サービス展覧会2016」に出展する。

この展示会において日立オートモティブシステムは、同グループの自動車の環境・安全分野に貢献する幅広い製品・技術を紹介する予定である。また、中国市場のニーズを反映して、新エネルギーや省エネルギーに対応した自動車技術を中心に展示を行う計画である。
需要拡大が見込まれる部品分野
世界最大の市場である中国の自動車販売台数の普及拡大に伴い、中国における現地のニーズに対応する環境対応車や高度安全走行車などの技術に注目が集まっており、関連製品・システムの急速な需要拡大が見込まれている。

日立汽車系統は、電動化車両の基幹部品であるモーター、インバーター、48Vリチウムイオン電池パックなどのエレクトリックパワートレインシステム技術、内燃機関を高効率化するセーリングストップ用スタータ、可変動弁システムなどの高効率ICEシステム技術の展示を行う。

また、高度安全走行システムを支えるステレオカメラや、ADAS電子コントロールユニット、走行系電制アクチュエーターなど、幅広い製品・技術も紹介する計画となっている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

日立オートモティブシステムズ ニュースリリース
http://www.hitachi.co.jp