日立オートモティブシステムズ、フォルクスワーゲンの戦略パートナーに選定

ガソリン噴射システムの分野で選定
自動車部品の大手サプライヤーである日立オートモティブシステムズは22日、フォルクスワーゲンのFAST(Future Automotive Supply Tracks)プログラムにて、「ガソリン噴射システム」分野の戦略パートナーに選定されたと発表した。

フォルクスワーゲンのFASTプログラムには、これまでに61分野において55社のサプライヤー選定されており、日立オートモティブシステムズは、これまでフォルクスワーゲンに対して高品質かつ高信頼な筒内噴射エンジンシステムを供給してきた実績が評価され、「ガソリン噴射システム」分野において選定された模様である。

高品質かつ高信頼なエンジンシステムの納入実績が評価
FASTに選定されるためには、製品力、開発力、グローバルフットプリント、企業活動の透明性などの評価項目を基準に判断され、FASTに選定されることで各分野の優先サプライヤーとして、フォルクスワーゲンの新製品開発に初期段階から加わることが可能となる。

このFASTは、フォルクスワーゲンが取引関係にあるサプライヤーとの関係を強化し、新製品開発において技術イノベーションとグローバル展開を加速することを目的に、2015年2月に立ち上げた戦略パートナーのプログラムである。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

日立オートモティブシステムズ ニュースリリース
http://www.hitachi.co.jp