日立オートモティブシステムズ、高圧燃料ポンプをフォルクスワーゲンに供給

ブラジルの燃料事情に対応した高圧燃料ポンプ
自動車部品の大手サプライヤーである日立オートモティブシステムズは、同社が開発したブラジルの燃料事情に対応する高圧燃料ポンプがフォルクスワーゲンに採用されたと発表した。

エタノール燃料はガソリンと比べて腐食性や壊食性が高いため、自動車の燃料機器に対しては劣化や損傷を引き起こしやすいことが大きな課題となっていた。

ブラジルでは、「国家アルコール計画」が1973年の石油危機を契機に実施され、サトウキビなどを原料とするエタノール燃料車両が開発され、現在ではガソリンやエタノールなどの燃料を混合して1種類以上の燃料で走行するフレックス燃料車両が自動車販売台数の約90%を占めるまでになっている。
高い耐久性と静音化が評価
日立オートモティブシステムズでは、2004年にフォルクスワーゲングループ向けに高圧燃料ポンプの供給を開始して以来、同社にその品質と性能が高く評価されてきた。

この度、日立オートモティブシステムズのソリューション提案がフォルクスワーゲンに高く評価され、同社がブラジルで生産する車両に搭載されることになった模様である。

日立オートモティブシステムズは、脈動騒音の小さい構造を適用することで静音化も実現。また同時に、適切な材料選定と液体シミュレーション技術を用いたポンプ構造の最適化を図ることにより、エタノールを燃料とする車両用の燃料機器の耐久性を向上させることに成功した。


▼外部リンク

日立オートモティブシステムズ ニュースリリース
http://www.hitachi.co.jp