日立オートモティブシステムズ、アルファロメオにカーボン製部品を供給

カーボン製プロペラシャフトが採用される
自動車部品の大手サプライヤーである日立オートモティブシステムズは、イタリアの高級スポーツカーブランドであるアルファロメオが2016年内に販売を予定している新型モデルのジュリアにカーボン製プロペラシャフトを供給することで合意したことを明らかにした。

日立オートモティブシステムズが供給することになったカーボン製プロペラシャフトは、従来のスチール製に必要であったセンターサポートを省略した新開発の構造を開発し採用することで、車両の室内への騒音や振動の伝達経路を排除することに成功している。

これにより、車両内での快適性を大幅に向上させている点がアルファロメオに評価された模様である。

また、日立オートモティブシステムズのプロペラシャフトは、カーボンをその原材料として採用したことで車両の軽量化と安全性の確保に向けて大きく貢献することが可能となった。

軽量化と安全性の確保に貢献
今回、アルファロメオに採用が決定した日立オートモティブシステムズのカーボンプロペラシャフトは、従来のスチール製のプロペラシャフトと比較すると重量を最大約50パーセント軽減することで、正面からの衝突事故が発生した際に車両に生じる衝撃を低減して車両の優れた安全性を実現することに成功している。

また、カーボンプロペラシャフトは従来のスチール製プロペラシャフトと比較すると約40パーセント軽量であり、これを採用することで車両重量を約5キロ削減することにも貢献している。

プロペラシャフトは、エンジンで発生する回転力をトランスミッションとディファレンシャルを介して後輪に伝える駆動軸であり、自動車のさらなる低燃費化やCO2などの排出量低減に向けてその軽量化は大きな課題であった。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

日立オートモティブシステムズ ニュースリリース
http://www.hitachi.co.jp