日立、スポンサーチームのレーシングカーが3位を獲得

日立グループ協賛のレーシングカーが3位に
日立オートモーティブシステムズが9月5日のプレスリリースにて、アメリカのインディカー・シリーズ第15戦で日立グループが協賛するレーシングカーが3位を獲得したことを発表した。

日立オートモーティブシステムズはペンスキーレーシング・チームと契約を結んでおり、チーム所属のエリオ・カストロネベス選手が3位の表彰台に上った。

伝統あるサーキットで好成績を上げる
このレースは、F1も開催されるワトキンズ・グレン・インターナショナルで6年ぶりに行われた。カストロネベス選手は22台中4位という好発進を見せた。リタイヤが相次ぐ厳しいレースとなったが、3位でフィニッシュすることが出来た。

同チームの他の選手では、サイモン・パジェロ選手が7位、ファン・パブロ・モントーヤ選手が13位、ウィル・パワー選手が20位を獲得した。

ペンスキーレーシング・チームの成績は順調
年間チャンピオンシップにおいても、現在は1位、2位、4位とペンスキーレーシング・チームが上位に入っている。今後も、日立オートモーティブシステムズは、モータースポーツのスポンサーとして、貢献していく予定だ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

日立オートモーティブシステムズ
http://www.hitachi-automotive.co.jp/

日立オートモーティブシステムズ プレスリリース
http://www.hitachi-automotive.co.jp/news/20160905.html