日立オートモティブ、見失いに対処する新技術を発表

安定かつ高性能の自動車位置検知システム
世界的自動車部品メーカーの日立オートモティブシステムズは9月21日のプレスリリースにて、現在よりも安定した自動車位置推定技術を開発したと発表した。

現在様々な分野で幅広く活用されているGPS位置情報にプラスして、前方、周辺監視カメラ画像、走行車線の見失い防止システムであるレーンマーキングフュージョン機能を統合したことで、この技術開発を成功させた。

自立走行する車両は、常に自車の位置を検出しなくてはならず、正確かつ安定した位置検出できることが必要である。正確で精度の高い位置検出には、GPSでの位置検索、前方、周辺監視カメラの画像を元にして、自動運転ECU内で照合させる。

しかし、悪天候時、急カーブなどがある場合、走行車線を見失いやすくなるため、その対処法として、新たにレーンマーキングフュージョン機能を開発した。

この機能で、前方、周辺監視カメラの情報を蓄積し、万が一、走行車線を見失った場合、直前に検出した画像を元に自動車位置を推測するといったことが可能になる。この新システムのおかげで、走行レーンの見失いが起こっても、安全に自動車車両の走行が行われることになる。

業界初の技術
すでに幅広い分野で活躍しているGPS位置情報機能、画像情報を使った自車位置検出システムに、業界初のレーンマーキングフュージョン機能をプラスすることで、早期実用化が期待できる。

この技術検証は佐和事業所で行われ、自動運転システムのソリューションとしても活用できることを確認しており、韓国、プサンで開催のFISITA2016にて、発表することになっている。


▼外部リンク

日立オートモティブシステムズ
http://www.hitachi.co.jp/

日立オートモティブシステムズ プレスリリース
http://www.hitachi.co.jp/