起亜自動車インドが新型「カーニバル」をローンチ 「ソネット」を初公開

インドの「オートエキスポ 2020」で世界初公開
起亜自動車インドは2月5日、インドの「オートエキスポ 2020」で新型「カーニバル」をローンチ、そして「ソネット」を世界初公開したと発表した。

同社は「オートエキスポ 2020」で、プレミアムMPVである「カーニバル」をローンチ、また、将来的なグローバルコンパクトSUVのコンセプトを示す1台「ソネット」を初公開した。2020年後半にインド市場での販売開始を目指す。

インド向けの「カーニバル」には3つの異なる仕様を用意
インド市場向けの新型「カーニバル」では、最新流行を追うインド人エリート・バイヤーの需要に応えるプレミアム、プレステージ、リムジンといった3つの異なる仕様を用意。予約開始初日に1,400件もの予約を受け付け、現時点までに3,500件にも上っている。

起亜自動車インドは「オートエキスポ 2020」において、未来のモビリティソリューションに向けて、イノベーションを起こすというミッションのもと展開する「ソウル EV」や「ニロ EV」、「XCeed」、「ストニック」などを含めた製品ポートフォリオ14モデルを公開した。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

起亜自動車インド プレスリリース
https://www.kianewscenter.com/