自動車整備士の仕事と資格の種類・取り方

  1. 整備士ジョブズ > 
  2. 自動車整備士資格

ディーラーや民間の整備工場などで自動車の点検・メンテナンスをする自動車整備士。自動車整備士として働くには国家資格を取るのが基本で、資格にはたくさんの種類があります。

ここでは、自動車整備士の資格の種類や、資格を取る方法、難易度について解説します。

INDEX

自動車整備士の仕事内容と資格

自動車整備士とは、自動車の定期的なメンテナンスや点検、分解、組み立てなどをする仕事です。勤務先によっては、受付や整備箇所の説明などのサービスフロント業務も併せて担当することもあります。

無資格でも整備工場に就職できますが、資格を持っていないとできない仕事がほとんど。ディーラーや民間の整備工場だけではなく、中古車販売店やカー用品店で働く場合でも、資格を持っている人が求められています。

自動車整備士の資格の種類

自動車整備士の資格には1~3級までのレベルがあり、資格によって担当できる仕事内容が違います。まずは3級の資格を取って基礎的な技術を身に付け、2級を目指すのが基本的な流れ。2級ガソリン自動車整備士の資格を取れば、ほとんどの整備を担当できるようになります。

3級自動車整備士とは

3級自動車整備士の資格は「3級自動車ガソリン・エンジン整備士」「3級ジーゼル・エンジン整備士」「3級自動車シャシ整備士」「3級二輪自動車整備士」の4つ。それぞれガソリン自動車、ディーゼル自動車、シャシ、二輪自動車に特化した資格です。
3つのレベルのなかでは最も初歩的な資格なので、3級自動車整備士の資格だけでは基本的な整備しか担当できません。エンジンや足回りの分解など、さまざまな整備を一人で担当するには2級自動車整備士の資格を取る必要があります。

3級自動車整備士の詳細はこちら

2級自動車整備士とは

2級自動車整備士の資格は「2級ガソリン自動車整備士」「2級ジーゼル自動車整備士」「2級自動車シャシ整備士」「2級二輪自動車整備士」の4つ。それぞれガソリン自動車、ディーゼル自動車、シャシ、二輪自動車の整備に関する資格です。
2級自動車整備士の資格があれば、高度な技術が必要なエンジンや足回りの分解整備を含めたほとんどの仕事を担当できます。特に2級ガソリン自動車整備士はディーゼル自動車やシャシの整備もできるので、整備士の資格の中でも最も受験者数が多い資格となっています。

2級自動車整備士の詳細はこちら

1級自動車整備士とは

1級自動車整備士といえば「1級小型自動車整備士」の資格を指すのが一般的。1級自動車整備士には「1級大型自動車整備士」と「1級二輪自動車整備士」もありますが、これまでに試験が行われたことはありません。
1級小型自動車整備士とは、総重量8トン未満、最大積載量2トン以下、乗車定員10名以下の普通自動車と四輪・三輪の小型自動車、軽自動車を整備できる資格のこと。電気自動車やハイブリット車など、最新の車の整備に関するスキルも身に付きます
とはいえ、2級の資格を取ればほとんどの仕事を担当できるので、1級自動車整備士の資格を取っても仕事内容はあまり変わりません。このため、1級自動車整備士の資格を持っている人は少ないのが現状です。

1級自動車整備士の詳細はこちら

自動車整備士になるには

自動車整備士の国家資格を取る場合、高校卒業後に2級自動車整備士養成課程の自動車整備専門学校に通い、初めから2級自動車整備士を目指す人が多くなっています。2年制の自動車整備専門学校の学費は、教科書代や作業着代なども合わせて250万円ほどです。

【2級自動車整備士までの受験条件】機械・自動車関係以外の学科を卒業→1年以上の実務経験→3級受験→3級合格後3年以上の実務経験→2級受験、高校の機械関係の学科を卒業→6カ月以上の実務経験→3級受験→3級受験後2年以上の実務経験→2級受験、大学の機械関係の学科を卒業→6カ月以上の実務経験→3級受験→3級受験後1年6カ月以上の実務経験→2級受験、高校の自動車関係の学科を卒業→卒業後すぐに3級を受験できる→3級合格後2年以上の実務経験→2級受験、一種養成施設(国土交通大臣の認定を受けた自動車整備専門学校、自動車大学校、高校、職業技術専門校のこと)の2級整備士養成課程を卒業→卒業後すぐに2級を受験できる

1級自動車整備士を受験するには、2級自動車整備士になってから3年以上の実務経験を積むか、自動車整備専門学校の1級整備士養成課程を卒業する必要があります。

資格を取るまでの流れ

自動車整備士になるには、日本自動車整備振興会連合会が行う「自動車整備技能登録試験(登録試験)」を受験するのが一般的。登録試験に合格後、2年以内に各都道府県の自動車整備振興会を通じて国土交通省に申請すれば、約2カ月で自動車整備士の合格証明書が発行されます。

自動車整備士の資格を取るまでの流れ

  1. 01

    申込み

  2. 02

    登録試験の受験

    学科試験

    実技試験

  3. 03

    国土交通省

  4. 04

    自動車整備士資格

自動車整備振興会で申請手続き

日本自動車整備振興会連合会の資料をもとに作成

登録試験は「学科試験」と「実技試験」の両方を受験する必要がありますが、試験を受けるタイミングによっては実技試験が行われていない資格もあります。受験前に、自分が受ける資格の実技試験が行われるのか確認するようにしましょう。
国土交通省が指定した一種養成施設の専門学校や高校、大学を卒業した方と、各都道府県の自動車整備振興会技術講習所で講習を受けた方は、実技試験を免除できます。

自動車整備士試験の難易度

2017年度の登録試験の学科試験を受験した人数と合格率をまとめました。最も受験者数が多い「2級ガソリン自動車整備士」の合格率は88.2%。合格率は8割を超えており、国家資格のなかでも難易度が低めの資格だといえます。
独学でチャレンジする人が多い「3級自動車ガソリン・エンジン整備士」の合格率は59.3%。自動車整備専門学校を卒業後すぐに受験する人が多い2級自動車整備士と比べると、合格率は低めです。

  資格名 受験者数 合格率
3級 3級自動車ガソリン・エンジン整備士 4,701人 59.3%
3級自動車ジーゼル・エンジン整備士 965人 64.9%
3級自動車シャシ整備士 2,435人 67.7%
3級二輪自動車整備士 359人 76.1%
2級 2級ガソリン自動車整備士 11,540人 88.2%
2級ジーゼル自動車整備士 9,011人 91.9%
2級自動車シャシ整備士 279人 89.6%
2級二輪自動車整備士 672人 75.3%
1級 1級小型自動車整備士 3,563人 23.1%

2級二輪自動車整備士のみ第1回、ほかの資格は第2回のデータを使用
1級小型自動車整備士は筆記試験のデータを使用
日本自動車整備振興会連合会の資料をもとに作成

スキルアップにつながる資格

自動車整備士の資格は、これまでにご紹介した1~3級だけではありません。「もっと技術を身に付けたい」「資格を取って給料アップを狙いたい」と考えている方におすすめの資格をご紹介します。

自動車検査員

自動車検査員とは、車検の完成検査を行うのに必要な国家資格のこと。自動車検査員の資格を取れば車検も担当できるようになるので、仕事の幅が広がります。
自動車検査員になるには、次の条件を全て満たしたうえで自動車検査員教習試問に合格する必要があります。

【自動車検査員の受験条件】

  • 1級小型自動車整備士か2級ガソリン自動車整備士、2級ジーゼル自動車整備士の資格を持っている。
  • 勤務先で自動車整備主任者に選ばれてから1年以上の経験を積んでいる。
  • 自動車検査員講習を受講している。

特殊自動車整備士

特殊自動車整備士とは、さまざまな分野に特化した国家資格のことです。資格の種類は「自動車電気装置整備士」「自動車車体整備士」「自動車タイヤ整備士」の3つ。1級か2級の資格があれば電気装置や車体、タイヤのほとんどの整備を担当できますが、特殊自動車整備士の資格を取れば、より専門的な知識が身に付きます。

ディーラー独自の整備士資格

ディーラー独自の整備士資格とは、ディーラーが会社の中で設定している資格のこと。国家資格ではありませんが、上位の資格を取れば後輩の指導や工場全体の管理といったマネジメント業務を任せてもらえる可能性もあります。

【ディーラー独自の資格例】

日産自動車

車を整備する「テクニカルスタッフ」と整備に関しての接客をする「テクニカルアドバイザー」が1~5級にレベル分けされている。それぞれの1級と1級自動車整備士の資格を取った人には「マスターテクニシャン」という称号が与えられる。

BMW

入社すぐの「アプレンティス」から最上位の「BMWマイスター」まで、スキルと経験に応じて5段階でレベル分けされている。BMWマイスターになると、つなぎの背中に「BMW MEISTER」という刺繍が入れられる。

自動車整備士の国家資格にはさまざまなものがありますが、2級ガソリン自動車整備士の資格があればほとんどの仕事をできるようになります。3級自動車整備士になるか、自動車整備専門学校を卒業した後に2級ガソリン自動車整備士を取り、そこからほかの資格を目指していくと、整備士としてのキャリアアップにつながるでしょう。