長城汽車

長城汽車の企業情報

長城汽車股份有限公司(GREAT WALL MOTOR CO. LTD.、長城汽車)は中国に拠点を置く完成車メーカーです。2001年の設立以降、ピックアップトラック、SUV、セダンなど幅広い車種を生産していましたが、2013年にSUVの専用ブランド「哈弗」(Haval)を、2016年には高級SUVブランド「WEY」を立ち上げました。

長城汽車の前身、長城汽車製造廠(ちょうじょうきしゃせいぞうしょう)は1984年、用途や目的に応じて部品を付けたり、ボディやシャシーの改造などをする架装車(かそうしゃ)の企業として設立されました。2001年に体制を再編し、現在の社名に変更。ピックアップトラック「賽鈴」(Sailo)の生産を開始しました。

2002年にSUVの生産をスタートし、2004年、ヨーロッパに向けてCUV(クロスオーバーSUV)の輸出を開始。世界進出への足がかりとしました。2007年にはウクライナに組立工場を開設し、SUV「哈弗」(Haval)、小型ピックアップ「風駿」(Wingle)の販売をスタートしました。

同年、国内に乗用車の生産拠点となる工場を設立し、乗用車の生産資格を取得しました。翌年2008年に小型乗用車「炫麗」(Florid)を発表。2010年には自社ブランドの高級SUV「哈弗H5」を発表しました。

2011年、イギリスのリカルド社(Ricardo)をはじめ、ドイツのマーレ社(MAHLE)、フランスのヴァレオ(Valeo)など海外大手自動車部品メーカー5社と次々提携を発表しました。

2013年、SUVの販売好調を背景に、乗用車ブランドの「長城」(Great Wall)から独立した中大型SUVの専用ブランド「哈弗」を発表。生産、販売、研究開発、アフターサービスなどの面で独立した事業として展開していく計画です。

同年、ブランドイメージの向上を目的とした高級SUVブランド「WEY」を設立しました。250~340万円の高級SUVを中心にラインナップし、アクティブセーフティやパッシブセーフティといった安全技術が搭載されています。

○提携関係
・ボルグワーナー(borgwarner)
2005年、アメリカの自動車部品メーカー、ボルグワーナーと提携。2014年以降、長城汽車のディーゼルエンジン向けに2ステージターボチャージャー(R2S、低速では主に小型ターボ、高速では主に大型ターボを動かすことで、内燃機関に十分な空気を送り込むシステム)を供給する。

・TRWオートモーティブ(TRW Automotive)
2008年、アメリカの自動車部品メーカーのTRWオートモーティブと提携。2015年から長城汽車の新世代中型SUVモデル向けに、ベルト式の電動パワーステアリング(EPS、ハンドル操作の際にかかる路面からの抵抗力を電気モーターによって軽減するシステム)を供給。

・シェフラー(Schaeffler)
2012年、自動車用の軸受け(ベアリング)などを手がける世界有数の自動車部品メーカー、ドイツ・シャフラーと提携。

・Autoliv(オートリブ)
2014年、スウェーデンの自動車安全システムサプライヤー、オートリブとエアバッグの生産プロジェクトで提携。オートリブは長城汽車の「哈弗H6」「哈弗H8」など向けにエアバッグを納入する計画。

・車載信息服務産業応用連盟(TIAA)
2017年5月、中国の車載信息服務産業応用連盟(TIAA)と戦略提携契約を締結。スマートカー、ITS分野での協業を行う。77-81GHzミリ波レーダー、新世代の衛生移動マルチメディア、LTE-V、北斗ナビ、車用地図などの実証実験を長城汽車の施設で実施。

・ルネサスエレクトロニクス
2017年5月、半導体に関する研究、開発、設計、製造、販売およびサービスを行うルネサスエレクトロニクスと戦略提携契約を締結。

売上等の推移(直近3年間)

売上高推移

連結
  • 1,202,717百万円

2014年度

  • 1,460,825百万円

2015年度

  • 1,894,703百万円

2016年度

経常利益推移

連結
  • 190,588百万円

2013年度

  • 185,215百万円

2014年度

  • 186,147百万円

2015年度

  • ※米国SEC基準会社・国際会計基準会社は、経常利益に当たるものがないため、税前利益を経常利益とみなします。

長城汽車の2016年の決算は以下のとおりです。

  • 総売上高1兆8,947億344万円(前年比29.7%増)
  • 純利益2,027億7,304万円(同30.9%増)
  • 営業利益2,358億6,801万円(同32.3%増)

また、2017年1~9月期の決算は以下のとおりです。

  • 総売上高 1兆148億6,000万円(前年同期比0.04%減)
  • 純利益 462億9,344万円(同59.9%減)
  • 営業利益 532億1,280万円(同61.1%減)

2017年1~9月期、減収減益の要因

  • 販売価格の引き下げ
  • インターネット、TVなどのメディアを通じての自社のブランド・製品の宣伝による広告宣伝費の増加
  • 自社のSUV製品の競争力を強化するため、研究開発費が増加

事業戦略

事業方針

ブランド戦略に沿った商品デザイン開発に重点を置いており、2013年からはダブルブランド体制として、これまでの乗用車「長城」ブランドと、新たにSUV事業の専用ブランド「哈弗」(Haval)を発表。2014年には、戦略調整の過程で、経営資源をSUV製品に集中させる方針であることを発表しました。

SUV事業の開発体制を強化するため、2015年に新たな技術センターを稼働。このセンターには、研究開発をはじめ、試作、試験、造形などを行う機能が整備されています。

2020年までに「哈弗」ブランドの年間販売台数200万台超を目指しています。

2016年には、高級SUVブランド「WEY」を設立し、翌年の2017年にはWEY初のモデル「WEY VV7」を発売しました。同年、WEY2番目のモデルである「WEY VV5s」を発売するなど、新製品の投入により販売回復を目指しています。

○SUVのリース事業展開

  • 2014年にSUVのリース会社、哈弗汽車租賃有限公司(Haval Automobile Leasing Co Ltd.)の運営を開始。SUVをはじめ、乗用車、ピックアップトラックなどのリース事業を展開する。2017年~2019年に中国全土をカバーするサービス網を整備する計画。

注力分野

○新エネルギー車

  • 2014年のモーターショーで、SUVのプラグインハイブリッド(PHEV)システムを搭載したコンセプトカー「Haval Coupe」を発表。
  • 2014年、長城汽車はアメリカの自動車部品メーカーイートン(Eaton)と提携を発表。エンジンバルブ機構、トルクコントロール製品、排出ガスコントロールなどの分野で提携する。
  • 2015年、新エネルギー車やスマートカー事業に私募増資(特定の投資家に向けて新株を発行すること)を行うと発表したが株式市場の変動により中止。自己資金を投じて新エネルギー車やスマートカーなどの研究、開発、生産などを行う計画。
  • 2017年5月、長城汽車は同社初の電気自動車(EV)「長城C30EV」を発売。「舒適型(Comfortable)」、「豪華型(Luxurious)」、「悦享型(Stylish)」 の3タイプが設定されている。新型車は長城汽車保定工場で生産。
  • 2017年上半期報告書によると、長城汽車は年間生産能力50万基の新エネルギー車用変速機の工場建設プロジェクトを推進。投資総額は662億4,000万円以上となり、2017年10月時点でプロジェクトの完成度は10%未満。

技術動向

○車載アプリケーションの研究開発推進

  • 2013年、長城汽車は、世界最大の半導体メーカーの一つであるSTマイクロエレクトロニクスと提携するとともに、共同開発研究所を設立することを発表。パワートレイン、シャシーなどをはじめ、新エネルギー技術、車載アプリケーションなどの高度な研究開発に取り組む。
  • 2017年、半導体に関する研究、開発、設計、製造、販売およびサービスを行うルネサスエレクトロニクスと戦略提携契約を締結。

以下4分野について共同開発。

  • 新エネルギー車のコア部品
  • 高速かつ信頼性の高い通信ができる車載ネットシステム
  • 自動車の快適性をサポートする次世代のインフォテイメントシステム
  • 自動運転の実現に必要な先進運転支援システム(ADAS)

グローバル展開

長城汽車は現在、ブルガリアをはじめ、ロシア、マレーシアなどに生産拠点を置いています。各拠点における取り組みは以下のとおりです。

・ブルガリア

2011年、現地企業のリテックス・モーター(Litex Motors)と合弁で、ブルガリア初となる自動車組立工場を設立。スポーツセダン「凌傲(Phenom)C10」、ピックアップ「風駿 5」、SUV「哈弗H6」を生産。2017年3月の報道によると、長城汽車のブルガリア工場は破産手続きを申請中の模様。

・マレーシア

2014年、長城汽車とマレーシアのGoオートモービル(Go Automobile Manufacturing)は現地政府から省エネルギー車の生産許可を取得。Goオートモービルは4年間で長城汽車の「M4」と「哈弗H6」を生産する計画。また、共同で研究開発センターを設立。高効率、省エネ、低CO2排出量の右ハンドル車を研究開発する。

・ロシア

2014年、ロシア・トゥーラ州政府と自動車生産プロジェクトの協定を締結。
2015年9月、同地区にある工業区で完成車生産工場建設を開始。投資総額は390億4,000万円以上、2019年に建設完了・稼働する予定。

会社概要

社名 長城日本技研株式会社
設立年 2015年9月1日
本社所在地 〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-16-8 新横浜丸文ビル
代表取締役 胡樹傑
資本金 495百万円

組織構成や技術開発状況など、ネットに掲載されていない情報 が聞ける。転職についても相談できる。

転職サポートを依頼する

他の完成車メーカー・部品メーカー情報

外資系自動車部品メーカー

日系自動車部品メーカー情報

外資系完成車メーカー

日系完成車メーカー

他の企業を見る