イリノイ・ツール・ワークス

イリノイ・ツール・ワークスの企業情報

イリノイ・ツール・ワークス(ITW:Illinois Tool Works Inc.)は、幅広い工業用製品・製造装置を手がけているアメリカの企業です。
自動車部品に関しては、乗用車や小型トラック向けのプラスチック部品、金属部品、ファスナーなどを手がけています。

また、ゼネラル・モーターズ(GM:General Motors Company)、フォード・モーター(Ford Motor Company)、クライスラー(Chrysler)といったアメリカの完成車メーカーを主要な納入先としているほか、ホンダなどの日系メーカーとも取引があります。

1912年、投資家のバイロン・スミス氏によって設立された金属切削工具の生産・販売会社が、イリノイ・ツール・ワークスの前身です。
1910年代には第1次世界大戦に伴う軍部からの要請で、トラック用変速機、ポンプ、ステアリングなどの自動車部品事業に参入。
1920年代にはファスナーメーカーのShakeproofを買収。これによりボルト、ナット、ワッシャー事業に参入しました。

1940年代に入ると、第2次世界大戦に伴う軍需により事業を拡大。
1950年代にはスイッチの生産を開始。
1960年代、ファスナーを扱っていたドイツのAtecoを買収したことで、ヨーロッパにおける事業基盤を手に入れました。
1970年代には自動車用内装品を手がけていたChronomaticを買収し、自動車用内装部品部門を設置。

1980年代、自動車関連を含む32の買収を行い、会社の規模を従来の倍に拡大。
1990年代以降も合計で100を超える買収を実施。
2010年代以降は、事業の拡大を図る一方で、収益性を追求した事業の選別も行っています。

2014年末時点では、世界各地域に500ヶ所以上の拠点を有し、約49,000人の従業員を抱えています。
事業体制は、以下7つの部門で構成されています。
・自動車OEM(Automotive OEM)部門
・試験・計測および電子機器(Test & Measurement and Electronics)部門
・食品用機器(Food Equipment)部門
・ポリマー・フルイド(Polymers & Fluids)部門
・溶接(Welding)部門
・建設用製品(Construction Products)部門
・特殊製品(Specialty Products)部門

上記のうち、自動車OEM部門では「DaeLim」「Deltar」「Drawform」「Filtertek」「Shakeproof」などのブランドを展開しています。

売上等の推移(直近3年間)

売上高推移

連結
  • 1,710,335百万円

2013年度

  • 1,752,564百万円

2014年度

  • 1,622,005百万円

2015年度

経常利益推移

連結
  • 283,987百万円

2013年度

  • 326,579百万円

2014年度

  • 329,483百万円

2015年度

  • ※米国SEC基準会社・国際会計基準会社は、経常利益に当たるものがないため、税前利益を経常利益とみなします。

従業員数推移

連結

2014年における売上高は、自動車OEM部門の売上高の増加が影響し、144億8,400万ドルで前年比2.5%増となりました。
また、営業利益は28億8,800万ドルで前年比14.9%増となりました。


部門別の売上高は、

  • 自動車OEM(Automotive OEM)部門が25億9千万ドルで前年比8.1%増
  • 試験・計測および電子機器(Test & Measurement and Electronics)部門が22億4百万ドルで前年比1.3%増
  • 食品用機器(Food Equipment)部門21億7,700万ドルで前年比6.4%増
  • ポリマー・フルイド(Polymers & Fluids)部門が19億2,700万ドルで前年比3.3%減
  • 溶接(Welding)部門が18億5千万ドルで前年比0.7%増
  • 建設用製品(Construction Products)部門が17億7百万ドルで前年比0.6%減
  • 特殊製品(Specialty Products)部門が20億5,500万ドルで前年比2.4%増

となりました。

事業戦略

事業方針

イリノイ・ツール・ワークスは、これまで積極的な買収によって事業を拡大してきましたが、現在は収益性を追求し、事業の選択と集中を実施しています。
具体的な数値目標として、営業利益率20%以上を掲げています。

イリノイ・ツール・ワークスのM&Aに関する動向は以下のとおりです。

  • 2011年7月、太陽光や炭素繊維などの産業向け熱処理設備や、自動車製品用の熱処理炉システムを手がけるアメリカのデスパッチ・インダストリーズ(Despatch Industries G.K.)を買収したと発表。
  • 2012年4月、Graco Inc.に対する最終加工事業の売却が完了したと発表。売却額は6億5千万ドル。
    同事業には、「Gema」「Ransburg」「DeVilbiss」「BGK」「Binks」といったブランドが含まれていた。
  • 2012年10月、ウィルソナート(Wilsonart)とその関連事業から成る室内装飾関連部門の株式51%を、Clayton, Dubilier & Rice, LLCが運営するファンドに売却したと発表。
    残りの49%についてはイリノイ・ツール・ワークスがそのまま保持する。
  • 2016年1月、ゼット・エフTRW(ZF TRW)のファスナー事業であるEngineered Fasteners and Componentsを、4億5千万ドルで買収することで合意。
    なお、イリノイ・ツール・ワークスは買収した事業を独立部門とし、自動車OEM部門内で運営する方針。

技術動向

下記は、イリノイ・ツール・ワークスの研究開発活動の一例です。


・クーラントクロスオーバーを共同開発

フォード・モーター(Ford Motor Company)の3.5Lと3.7Lエンジンのエンジンマニホールドに搭載されるクーラントクロスオーバーを、アメリカのデュポン(DuPont)と共同開発。

同製品にはデュポンの高性能ポリアミド樹脂「DuPont Zytel HTN」が採用されており、これまでの金属材料と比較して1ポンド軽量化されている。
なお、フォード・モーターの「Taurus」「Flex」「Edge」「Explorer」が、同製品を採用したエンジンを搭載。

グローバル展開

2014年末時点で、イリノイ・ツール・ワークスは世界各地域に500ヶ所以上の拠点(うち、自動車OEM(Automotive OEM)部門は92ヶ所)を有しています。
本国アメリカを除くと、主にカナダ、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、イギリス、チェコ、メキシコ、ブラジル、中国、インドに合計328ヶ所の製造拠点・オフィスが設置されています。

会社概要

社名 Illinois Tool Works, Inc.
設立年 1912年
本社所在地 155 Harlem Avenue Glenview, IL 60025 USA
代表取締役 E. Scott Santi
資本金 726百万円

組織構成や技術開発状況など、ネットに掲載されていない情報 が聞ける。転職についても相談できる。

転職サポートを依頼する

他の完成車メーカー・部品メーカー情報

外資系自動車部品メーカー

日系自動車部品メーカー情報

外資系完成車メーカー

日系完成車メーカー

他の企業を見る