アイシン精機

アイシン精機の企業情報

アイシン精機は、国内2位の総合自動車部品メーカーです。パワートレイン、制御システム、内外装部品などを製造しています。自動車部品事業のほか、生活関連機器の製造・販売事業、エネルギー事業なども展開しています。

トヨタグループの企業で、売上高の約6割をトヨタグループ向け製品が占めています。

現在募集中の求人

更新日

株式会社アイシン

生産CO2削減技術開発、導入

社内生産エネルギーロスの明確化と省エネ企画、及びアイシングループ会社の推進活動支援をご担当いただきます。

【具体的には】
・生産設備をはじめ、空調設備、コンプレッサー、ボイラー等の原動力設備における、エネルギーロスの明確化、及びエネルギーロスの改善テーマ発掘、提案

【想定されるキャリアパス】
生産CO2削減を推進するなかで、高い専門知識と経験ノウハウを身につけることによって、新たな技術の提案・具現化ができる状態を目指し、2050年ニュートラル達成に向け、アイシングループ全体を牽引する次期リーダーになっていただくことを想定しています。

勤務地 愛知県刈谷市
刈谷ものづくりセンターに配属予定です。
年収 450万円~700万円
お問い合わせ番号 261893
この求人の詳細を見る

更新日

株式会社アイシン

ソフトウェア開発<次期家庭用燃料電池>

次期家庭用燃料電池のソフトウェア開発をご担当いただきます。燃料電池の発電制御の高機能化、バーチャルパワープラント(VPP)、エネルギーマネージメント(EMS)の通信制御、発電制御に取り組みます。

【具体的には】
・制御仕様書に基づいたソフトウェア設計
・プログラミング(C言語)
・ソフトウェア評価 
※基本的には、従来製品資産・開発環境を流用した開発を実施して頂きます。今後更なる燃料電池自体の高効率発電だけでなく、IoTやIoTの先にあるバーチャルパワープラント(VPP)やエネルギーマネージメント(EMS)への対応が必要になります。

【魅力】
同社の家庭用燃料電池は世界最高の高効率発電を行い、又、SDGsの高まりや昨今の自然災害に対するレジリエンス性から注目を集めている成長領域の製品です。今後更なる燃料電池自体の高効率発電だけでなく、IoTやIoTの先にあるバーチャルパワープラント(VPP)やエネルギーマネージメント(EMS)領域のご経験も積んでいただくことが可能です。

勤務地 愛知県刈谷市
年収 450万円~700万円
お問い合わせ番号 262047
この求人の詳細を見る

更新日

株式会社アイシン

ソフトウェア開発<車載用ボデー系システム>

■組込みソフトウェアの要求仕様や設計から評価まで一連の開発プロセスを担当をご担当いただきます。最初は小規模なプロジェクトから担当してもらい、将来的には大規模プロジェクトの開発推進リーダーを担当いただく予定です。

【魅力】
システム仕様検討等の上流から参加することも多く、設計から評価まで一貫して開発に携わることができます。また、モデルによるシミュレーション検証や最終的にはユーザーが直接触れる実機を用いて動作検証を行う開発も経験できます。今後は車体分野の機能アップに向けて、これまで以上に新製品の開発が見込まれる為、一つの製品に限らず新規開発にも参画いただくことを期待されております。

勤務地 愛知県刈谷市
年収 450万円~700万円
お問い合わせ番号 262044
この求人の詳細を見る

■自動化設備における制御システムのエンジニアリング及びソフト開発、実用化検証をご担当いただきます。

【具体的には】
・画像やセンシング情報を活用したロボットの動作制御・通信ソフト開発
・生産設備の高機能・シンプル・低コスト化を目指した次世代制御システム開発
・上記を社内”刈谷もづくりセンター”で自動化設備を開発検証後生産工場にて設置立上げ
・開発技術の標準化
※ソフト開発環境:Windows、ubunts、Matlab、HALCON等必要に応じて追加可

勤務地 愛知県刈谷市
刈谷ものづくりセンターに配属予定です。
年収 450万円~700万円
お問い合わせ番号 262040
この求人の詳細を見る

更新日

株式会社アイシン

AIリサーチャー

CASE、スマート工場、働き方改革などを支える最先端AI技術の研究開発をご担当いただきます。
必要に応じ、ベンチャー企業、スタートアップといったパートナーや大学、研究機関と協働してプロジェクトを推進いただきます。

【具体的には】
機械学習・深層学習の基本課題(例:データ不足課題、精度保証・信頼性など)に取り組む研究開発、CASE・スマート工場・働き方改革に新たな価値を提供する研究開発、スパイキングニューラルネットワーク、ホワイトボックスニューラルネットワーク、転移学習の理論的解明等の先端研究、学会発表・論文投稿、特許出願など。

勤務地 東京都千代田区外神田1丁目18-13秋葉原ダイビル7F
年収 500万円~1200万円
お問い合わせ番号 259945
この求人の詳細を見る

年収情報

平均年収733万円自動車業界内の年収順位 9101

年収推移

  • 710.1万円

2016年度

  • 732.8万円

2017年度

  • 733.3万円

2018年度

自動車業界の平均年収 618万円
推定生涯賃金 2億7371万円

年齢別年収シミュレーション

  • 528万円

25歳

  • 630万円

30歳

  • 733万円

35歳

  • 827万円

40歳

  • 852万円

45歳

  • 835万円

50歳

平均年齢 39歳
平均勤続年数 15.2年

売上等の推移(直近3年間)

売上高推移

連結
  • 3,562,622百万円

2016年度

  • 3,908,937百万円

2017年度

  • 4,043,100百万円

2018年度

単独
  • 808,200百万円

2016年度

  • 852,420百万円

2017年度

  • 873,268百万円

2018年度

経常利益推移

連結
  • 214,005百万円

2016年度

  • 268,171百万円

2017年度

  • 217,486百万円

2018年度

単独
  • 46,519百万円

2016年度

  • 78,968百万円

2017年度

  • 81,937百万円

2018年度

  • ※米国SEC基準会社・国際会計基準会社は、経常利益に当たるものがないため、税前利益を経常利益とみなします。

従業員数推移

連結
単独

事業戦略

事業方針

アイシン精機は、2023年度に営業利益率7%以上を目指しています。
主要分野のパワートレインでは、2019年度に1020万台だった生産台数を、2021年度に1150万台、2023年度に1300万台まで増やすことを目標に掲げています。電気自動車向けの製品の市場投入も進めており、売上に占める割合を、2019年度の6%から2021年度に9%、2023年度には20%に引き上げる方針です。

次世代自動車産業のトレンドである「CASE(コネクティッド、自動運転、カーシェアリング、電気自動車)」向け製品にも積極的にリソースを投入。2030年度には開発費の8割前後をCASE向けに配分(2018年度は27%)し、売上高の5割以上をCASE向け製品で稼ぐ考えです。

国内の主要企業14社で構成されるアイシングループは2017年から、各社がそれぞれの強みや専門性を生かしながら協力体制を取る「バーチャルカンパニー制」を採用しています。開発力強化に向けて関連会社の統合も進めており、2019年4月には子会社のアイシン・エィ・ダブリュにアイシン・エーアイを経営統合し、トランスミッション事業を効率化。2019年10月には、アイシン・コムクルーズとエィ・ダブリュ・ソフトウェアが経営統合する予定で、車載ソフトウェアの開発に力を入れていきます。

他社との提携状況

アイシングループは、アフターマーケットでの売り上げを2022年度には2018年度の約2倍の800億円にすることを目標に、世界各地で生産体制の強化を図っています。
2019年3月に、孫会社のアイシンアジアタイランドが、現地のアフターマーケット部品販売会社「マノヨンチャイ」と資本提携しました。4月には、中国にある子会社が珠海信至盟投資合夥企業と合弁で、アフターマーケット向け販売を行う「愛信精机(上海)貿易有限公司」を設立。6月には、アメリカの子会社が、アフターマーケット向け自動車部品の輸入・販売を行うLeon Importと中南米地域で部品販売を行う合弁会社「Aisin Sales Latin America, S.A.」をパナマに設立しました。

自動運転事業のソフトウェア開発でも、積極的な資本提携や合弁会社の設立を行っています。
2018年2月に、機械学習技術の開発を行うIdeinと人工知能を組み込んだ製品の開発で資本・業務提携契約を締結。2018年3月には、トヨタ、デンソーとともにソフトウェアの研究から開発を一気通貫で担う新会社「Toyota Research Institute - Advanced Development」を設立しました。
2019年4月には、デンソーと「BluE Nexus」を設立。新会社では、電動化のための駆動モジュールの開発・販売を行います。同時期にデンソー、アドヴィックス、ジェイテクトと4社合同で、自動運転・車両運動のための統合制御ソフトウェアを開発する「J-QuAD DYNAMICS」も設立しました。

注力分野

アイシン精機は現在、「電動化」「自動運転」向けの製品・技術開発に注力しています。

電動化の分野では、PHV(プラグインハイブリッド車)向けのパワートレイン「eAxle」をシリーズ化し、電動化製品のラインナップの拡大を図っています。また、EV(電気自動車)・PHV・FCV(燃料電池自動車両)向けに出力の大きな製品も開発しており、世界各地で販売を拡大させていく方針です。電動のパーソナルモビリティ(1人乗りのコンパクトな移動支援機器)「ILY-Ai」は、2020年の実用化を目指し開発を進めています。

自動運転の分野では、2018年に名古屋大・徳島大と共同で、音声と視線、ジェスチャーで操作する自動運転車を開発。「右に曲がって」といった指示に対応するだけではなく、「あれはなに?」という言葉と視線からドライバーの意図を理解して車両を制御する「マルチモーダルインターフェース」を世界で初めて搭載しました。超音波センサーやカメラ、シャシーやブレーキを統合制御し、スマートフォンで無人駐車ができる「自動バレー駐車」も開発中。2020年以降の実用化を目指しています。

技術動向

アイシングループ各社が、「パワートレイン」「走行安全」「車体」「情報・電子」「アフターマーケット」の5つの事業に分かれ、それぞれの強みや専門性を生かしながら開発に取り組んでいます。

―パワートレイン領域

トランスミッションは、軽自動車から普通自動車、小型・中型トラックやバス、産業車両と幅広く搭載されており、ラインナップは業界一。現在は、エンジン性能と燃費の向上、排出ガスのクリーン化に貢献する製品の開発に力を入れています。アイシンの子会社が生産する「ダイレクトシフトCVT(連続可変トランスミッション)」「中容量FF6速マニュアルトランスミッション」などの各種製品は、トヨタの北米向け「カローラハッチバック」に採用されています。

―走行安全領域

KYBと共同で開発したバブルを搭載した減衰力調整式アブソーバーは、2018年からトヨタの「新型クラウン」に採用。超音波センサーやカメラを用いた駐車支援システムや、脇見や居眠りなどドライバーの状態を判断する安全支援システムも開発しています。中日諏訪オプト電子と共同で開発したドライブレコーダーシステムは、2019年3月に事業者向けに販売を始めました。

―車体領域

車体のドアやフレーム、シートなどの内・外装品は、快適性・利便性・安全性などの機能性だけではなく、高いデザイン性を備えた製品を開発しています。シートは、自動車だけではなく新幹線にも採用。スライドドアシステムは、2019年2月からトヨタ「新型ハイエース」に搭載されています。

―情報・電子領域

子会社のアイシン・エィ・ダブリュを中心に、カーナビゲーションシステムやスマートフォン向けアプリの開発を進めています。

―アフターマーケット

純正部品で培った技術やノウハウを活用し、アフターマーケット用のクラッチや、日本車メーカー向けシェアNo.1を誇るウォーターポンプを開発しています。

グローバル展開

アイシン精機は、パワートレインの総生産数を2023年までに1300万台にすることを目標に、中国での生産を拡大していきます。
子会社のアイシン・エィ・ダブリュは、2018年10月に中国の完成車メーカーである広州汽車と、同年12月には浙江吉利羅佑発動機とオートマチックトランスミッション(AT)を生産する合弁会社を設立。生産開始は広東省広州市で2020年の2月、浙江省で2020年8月ごろを見込んでいます。
2019年1月には、安慶環新集団と合弁でアルミダイカスト部品の生産を行う「愛信(安慶)汽車零部件」を設立し、2020年8月に生産開始を予定しています。西尾ダイカスト工場南棟(愛知県西尾市)の技術を導入し、主に華東地区のグループ内AT生産工場への供給能力を強化します。2019年8月からは、マニュアルトランスミッション(MT)の生産工場である唐山愛信歯輪の生産ラインを再編し、同工場内でATの生産を開始する予定です。

2019年3月期の地域別売上高は、北米が5854億円、欧州が3501億円、中国が3776億円、アジア・その他が3537億円となっています。

アイシン精機の報道ニュース一覧

会社概要

社名 アイシン精機株式会社
設立年 1965年8月31日
本社所在地 〒448-8650 愛知県刈谷市朝日町二丁目1番地
市場名 東証一部,名証一部
代表取締役 伊勢 清貴
社債格付け AA-
資本金 45,049百万円

組織構成や技術開発状況など、ネットに掲載されていない情報 が聞ける。転職についても相談できる。

転職サポートを依頼する

拠点一覧

アイシン精機の拠点(研究開発・テストセンター含む)

国内拠点一覧
  • アイシングループ西尾工場(愛知県西尾市)
  • アイシングループ半田工場(愛知県半田市)
  • アイシン高丘㈱本社工場(愛知県豊田市)
  • アイシン・エィ・ダブリュ㈱本社工場(愛知県安城市)
  • アイシン・エィ・ダブリュ㈱岡崎工場(愛知県岡崎市)
  • アイシン・エィ・ダブリュ㈱田原工場(愛知県田原市)
  • アイシン・エィ・ダブリュ㈱岡崎東工場(愛知県岡崎市)
  • アイシン軽金属㈱本社工場(富山県射水市)
  • アイシン機工㈱吉良工場
  • アイシン機工㈱(愛知県西尾市)
  • アイシン・エーアイ㈱本社工場(愛知県西尾市)
  • アイシン・エィ・ダブリュ工業㈱本社工場(福井県越前市)
  • ㈱アドヴィックス刈谷工場(愛知県刈谷市)
海外拠点一覧
  • アイシン・U.S.A.マニュファクチャリング㈱本社工場(米国インディアナ州)
  • エィ・ダブリュ・ノースカロライナ㈱本社工場(米国ノースカロライナ州)
  • 唐山アイシン自動車部品㈲本社工場(中華人民共和国河北省唐山市)
  • 高丘六和(天津)工業㈲本社工場(中華人民共和国天津市)
  • エィ・ダブリュ(蘇州)自動車部品㈲本社工場(中華人民共和国江蘇省蘇州市)
  • エィ・ダブリュ(天津)自動車部品㈲本社工場(中華人民共和国天津市)
  • サイアム・アイシン㈱本社工場(タイ王国プラチンブリ県)
  • タイ・エンジニアリング・プロダクツ㈱本社工場(タイ王国パットゥムタニー県)
  • ナワロハ・インダストリー㈱本社工場(タイ王国サラブリ県)
  • サイアム・ナワロハ・ファンドリー㈱ 本社工場(タイ王国サラブリ県)
  • アイシン・エーアイ(タイランド)㈱本社工場(タイ王国チャチェンサオ県)
  • ATインドネシア㈱ 本社工場(インドネシア共和国西ジャワ州)

関係会社一覧

アイシン精機の関係会社一覧

  • アイシングループ西尾工場(愛知県西尾市)
  • アイシングループ半田工場(愛知県半田市)
  • アイシン高丘㈱本社工場(愛知県豊田市)
  • アイシン・エィ・ダブリュ㈱本社工場(愛知県安城市)
  • アイシン・エィ・ダブリュ㈱岡崎工場(愛知県岡崎市)
  • アイシン・エィ・ダブリュ㈱田原工場(愛知県田原市)
  • アイシン・エィ・ダブリュ㈱岡崎東工場(愛知県岡崎市)
  • アイシン軽金属㈱本社工場(富山県射水市)
  • アイシン機工㈱吉良工場
  • アイシン機工㈱(愛知県西尾市)
  • アイシン・エーアイ㈱本社工場(愛知県西尾市)
  • アイシン・エィ・ダブリュ工業㈱本社工場(福井県越前市)
  • ㈱アドヴィックス刈谷工場(愛知県刈谷市)

他の完成車メーカー・部品メーカー情報

外資系自動車部品メーカー

日系自動車部品メーカー情報

外資系完成車メーカー

日系完成車メーカー

他の企業を見る