アイシン精機

アイシン精機の企業情報

アイシン精機は、国内2位の総合自動車部品メーカーです。パワートレイン、制御システム、内外装部品などを製造しています。自動車部品事業のほか、生活関連機器の製造・販売事業、エネルギー事業なども展開しています。

トヨタグループの企業で、売上高の約6割をトヨタグループ向け製品が占めています。

現在募集中の求人

更新日

株式会社アイシン

内燃機関へのカーボンニュートラル燃料適用開発

同社にて、以下の業務をご担当いただきます。

【具体的には】
カーボンニュートラル燃料適用エンジンデバイス開発
燃焼シミュレーション、エンジンファイヤリング試験を通じ、CN燃料を既存エンジンに適用するためには、どのようなエンジン仕様が必要かを明らかにすることで、燃焼に関わる将来の製品を発掘する。

<このポジションの魅力>
●仕事のやりがい
電動化社会に向かっている昨今ですが、内燃機関が必要とされるシーンはまだまだ少なくないため、アイシンのエンジン部品開発で培った知見を活用し、排ガスによる環境破壊するイメージの強いエンジンをカーボンニュートラル化することにより、世界規模で叫ばれているCN社会、持続可能な社会の実現に貢献できる。

●体制・教育
社内研修が充実、また社外のセミナーなど積極的に参加でき、スキルを磨くことができます

●職場環境
開発に必要なPC、CAD・解析ツールを業務に合わせて提供。リモートワークに対応したツール提供。

●想定されるキャリアパス
CN燃料燃焼の課題解決を通じて、エンジン燃焼室周りの知識習得いただき、CN燃焼のエンジン課題解決に向けたプロジェクトリーダー、または、技術のスペシャリストを目指していただくことを期待します。

勤務地 愛知県安城市
年収 450万円~1000万円
お問い合わせ番号 280982
この求人の詳細を見る

更新日

株式会社アイシン

パワーエレクトロニクス機器技術開発

同社にて、xEV車両向けパワーエレクトロニクス機器の基盤技術開発及び駆動システム全体での最適化に関する開発業務をご経験とスキルに応じてご担当いただきます。

【具体的には】
パワーエレクトロ二クス部品(インバータ、DC-DCコンバータ、車載充電器など)の技術開発および設計。
また周辺関連部品を考慮し、システム全体での最適化に関する開発。

<このポジションの魅力>
●仕事のやりがい
アイシンでは車に関する幅広い製品を取り扱っており、様々な技術や知識、経験が豊富にあるメンバーとともに、会社の次なる柱となりうる新事業の開発に初期から参画し、車の電動化を通して世界中のカーボンニュートラルへ貢献できる可能性がある仕事です。

●体制・教育
同僚の技術者からのOJT指導、または社内外研修も希望に応じて積極的に受けて頂きながら、知識習得、実践力向上を行って頂きます。

●職場環境
設計、試作、評価の拠点がすぐそばにあり、一体となった研究開発が可能です。在宅やフレックスタイム制度など個人に合わせた働き方を推奨しています。

●想定されるキャリアパス
パワーエレクトロニクス機器に関する実務での経験を積んで頂きながら、チームを束ねるマネージャ、または社内における技術の第一人者として活躍頂く事を期待しています。

勤務地 愛知県安城市
年収 450万円~1000万円
お問い合わせ番号 280985
この求人の詳細を見る

更新日

株式会社アイシン

電池最適冷却技術の検討

同社にて、以下の業務をご担当いただきます。

【具体的には】
電池の最適温調システム開発。
電気自動車で想定される環境、運転シーン、電池温度特性に起因する温度変化に対応する最適な電池温調システムを開発する。

<このポジションの魅力>
●仕事のやりがい
車両の熱マネージメントを検討している技術者が集まったチームであり、いつでも相談しやすい環境です。今後ますます重要となってくる熱システムの知識を幅広く得ることができ技術者として大きく成長ができます。それらの知識で将来のカーボンニュートラル社会に貢献できる。

●体制・教育
社内研修が充実、また社外のセミナーなど積極的に参加でき、スキルを磨くことができます

●職場環境
開発に必要なPC、CAD・解析ツールを業務に合わせて提供。リモートワークに対応したツール提供。

●想定されるキャリアパス
最適電池温調システムの技術可能性を検討しながら、並行して車両全体での最適な熱マネージメントシステム提案に向けた知識習得いただき、車両熱マネージメントの課題解決に向けたプロジェクトリーダー、または、技術のスペシャリストを目指していただくことを期待します。

勤務地 愛知県安城市
年収 450万円~1000万円
お問い合わせ番号 280980
この求人の詳細を見る

更新日

株式会社アイシン

EV車向け化学蓄熱材の開発

同社にて、EV車向け化学蓄熱材の開発、化学蓄熱材料の組成検討、合成、評価を材料技術部、外部研究機関などと協業いただき、車両システムに最適な材料を検討いただきます。

<このポジションの魅力>
●仕事のやりがい
車両の熱マネージメントを検討している技術者が集まったチームであり、いつでも相談しやすい環境です。今後ますます重要となってくる熱システムの知識を幅広く得ることができ技術者として大きく成長ができます。それらの知識で将来のカーボンニュートラル社会に貢献できる。

●体制・教育
社内研修が充実、また社外のセミナーなど積極的に参加でき、スキルを磨くことができます

●職場環境
開発に必要なPC、CAD・解析ツールを業務に合わせて提供。リモートワークに対応したツール提供。

●想定されるキャリアパス
熱電変換素子の技術可能性を検討しながら、並行して車両熱システム適用に向けた知識習得いただき、車両熱システム適用の課題解決に向けたプロジェクトリーダー、または、技術のスペシャリストを目指していただくことを期待します。

勤務地 愛知県安城市
年収 450万円~1000万円
お問い合わせ番号 280978
この求人の詳細を見る

更新日

株式会社アイシン

電池温調用冷媒開発

同社にて、車両用電池の温調に必要な冷媒仕様要件検討し、材料技術部、化学メーカーと協業してコスト、性能を満足する冷媒材料の開発いただきます。

<このポジションの魅力>
●仕事のやりがい
車両の熱マネージメントを検討している技術者が集まったチームであり、いつでも相談しやすい環境です。今後ますます重要となってくる熱システムの知識を幅広く得ることができ技術者として大きく成長ができます。それらの知識で将来のカーボンニュートラル社会に貢献できる。

●体制・教育
社内研修が充実、また社外のセミナーなど積極的に参加でき、スキルを磨くことができます

●職場環境
開発に必要なPC、CAD・解析ツールを業務に合わせて提供。リモートワークに対応したツール提供。

●想定されるキャリアパス
熱電変換素子の技術可能性を検討しながら、並行して車両熱システム適用に向けた知識習得いただき、車両熱システム適用の課題解決に向けたプロジェクトリーダー、または、技術のスペシャリストを目指していただくことを期待します。

勤務地 愛知県安城市
年収 450万円~1000万円
お問い合わせ番号 280977
この求人の詳細を見る

年収情報

平均年収733万円自動車業界内の年収順位 9101

年収推移

  • 710.1万円

2016年度

  • 732.8万円

2017年度

  • 733.3万円

2018年度

自動車業界の平均年収 618万円
推定生涯賃金 2億7371万円

年齢別年収シミュレーション

  • 528万円

25歳

  • 630万円

30歳

  • 733万円

35歳

  • 827万円

40歳

  • 852万円

45歳

  • 835万円

50歳

平均年齢 39歳
平均勤続年数 15.2年

売上等の推移(直近3年間)

売上高推移

連結
  • 3,562,622百万円

2016年度

  • 3,908,937百万円

2017年度

  • 4,043,100百万円

2018年度

単独
  • 808,200百万円

2016年度

  • 852,420百万円

2017年度

  • 873,268百万円

2018年度

経常利益推移

連結
  • 214,005百万円

2016年度

  • 268,171百万円

2017年度

  • 217,486百万円

2018年度

単独
  • 46,519百万円

2016年度

  • 78,968百万円

2017年度

  • 81,937百万円

2018年度

  • ※米国SEC基準会社・国際会計基準会社は、経常利益に当たるものがないため、税前利益を経常利益とみなします。

従業員数推移

連結
単独

事業戦略

事業方針

アイシン精機は、2023年度に営業利益率7%以上を目指しています。
主要分野のパワートレインでは、2019年度に1020万台だった生産台数を、2021年度に1150万台、2023年度に1300万台まで増やすことを目標に掲げています。電気自動車向けの製品の市場投入も進めており、売上に占める割合を、2019年度の6%から2021年度に9%、2023年度には20%に引き上げる方針です。

次世代自動車産業のトレンドである「CASE(コネクティッド、自動運転、カーシェアリング、電気自動車)」向け製品にも積極的にリソースを投入。2030年度には開発費の8割前後をCASE向けに配分(2018年度は27%)し、売上高の5割以上をCASE向け製品で稼ぐ考えです。

国内の主要企業14社で構成されるアイシングループは2017年から、各社がそれぞれの強みや専門性を生かしながら協力体制を取る「バーチャルカンパニー制」を採用しています。開発力強化に向けて関連会社の統合も進めており、2019年4月には子会社のアイシン・エィ・ダブリュにアイシン・エーアイを経営統合し、トランスミッション事業を効率化。2019年10月には、アイシン・コムクルーズとエィ・ダブリュ・ソフトウェアが経営統合する予定で、車載ソフトウェアの開発に力を入れていきます。

他社との提携状況

アイシングループは、アフターマーケットでの売り上げを2022年度には2018年度の約2倍の800億円にすることを目標に、世界各地で生産体制の強化を図っています。
2019年3月に、孫会社のアイシンアジアタイランドが、現地のアフターマーケット部品販売会社「マノヨンチャイ」と資本提携しました。4月には、中国にある子会社が珠海信至盟投資合夥企業と合弁で、アフターマーケット向け販売を行う「愛信精机(上海)貿易有限公司」を設立。6月には、アメリカの子会社が、アフターマーケット向け自動車部品の輸入・販売を行うLeon Importと中南米地域で部品販売を行う合弁会社「Aisin Sales Latin America, S.A.」をパナマに設立しました。

自動運転事業のソフトウェア開発でも、積極的な資本提携や合弁会社の設立を行っています。
2018年2月に、機械学習技術の開発を行うIdeinと人工知能を組み込んだ製品の開発で資本・業務提携契約を締結。2018年3月には、トヨタ、デンソーとともにソフトウェアの研究から開発を一気通貫で担う新会社「Toyota Research Institute - Advanced Development」を設立しました。
2019年4月には、デンソーと「BluE Nexus」を設立。新会社では、電動化のための駆動モジュールの開発・販売を行います。同時期にデンソー、アドヴィックス、ジェイテクトと4社合同で、自動運転・車両運動のための統合制御ソフトウェアを開発する「J-QuAD DYNAMICS」も設立しました。

注力分野

アイシン精機は現在、「電動化」「自動運転」向けの製品・技術開発に注力しています。

電動化の分野では、PHV(プラグインハイブリッド車)向けのパワートレイン「eAxle」をシリーズ化し、電動化製品のラインナップの拡大を図っています。また、EV(電気自動車)・PHV・FCV(燃料電池自動車両)向けに出力の大きな製品も開発しており、世界各地で販売を拡大させていく方針です。電動のパーソナルモビリティ(1人乗りのコンパクトな移動支援機器)「ILY-Ai」は、2020年の実用化を目指し開発を進めています。

自動運転の分野では、2018年に名古屋大・徳島大と共同で、音声と視線、ジェスチャーで操作する自動運転車を開発。「右に曲がって」といった指示に対応するだけではなく、「あれはなに?」という言葉と視線からドライバーの意図を理解して車両を制御する「マルチモーダルインターフェース」を世界で初めて搭載しました。超音波センサーやカメラ、シャシーやブレーキを統合制御し、スマートフォンで無人駐車ができる「自動バレー駐車」も開発中。2020年以降の実用化を目指しています。

技術動向

アイシングループ各社が、「パワートレイン」「走行安全」「車体」「情報・電子」「アフターマーケット」の5つの事業に分かれ、それぞれの強みや専門性を生かしながら開発に取り組んでいます。

―パワートレイン領域

トランスミッションは、軽自動車から普通自動車、小型・中型トラックやバス、産業車両と幅広く搭載されており、ラインナップは業界一。現在は、エンジン性能と燃費の向上、排出ガスのクリーン化に貢献する製品の開発に力を入れています。アイシンの子会社が生産する「ダイレクトシフトCVT(連続可変トランスミッション)」「中容量FF6速マニュアルトランスミッション」などの各種製品は、トヨタの北米向け「カローラハッチバック」に採用されています。

―走行安全領域

KYBと共同で開発したバブルを搭載した減衰力調整式アブソーバーは、2018年からトヨタの「新型クラウン」に採用。超音波センサーやカメラを用いた駐車支援システムや、脇見や居眠りなどドライバーの状態を判断する安全支援システムも開発しています。中日諏訪オプト電子と共同で開発したドライブレコーダーシステムは、2019年3月に事業者向けに販売を始めました。

―車体領域

車体のドアやフレーム、シートなどの内・外装品は、快適性・利便性・安全性などの機能性だけではなく、高いデザイン性を備えた製品を開発しています。シートは、自動車だけではなく新幹線にも採用。スライドドアシステムは、2019年2月からトヨタ「新型ハイエース」に搭載されています。

―情報・電子領域

子会社のアイシン・エィ・ダブリュを中心に、カーナビゲーションシステムやスマートフォン向けアプリの開発を進めています。

―アフターマーケット

純正部品で培った技術やノウハウを活用し、アフターマーケット用のクラッチや、日本車メーカー向けシェアNo.1を誇るウォーターポンプを開発しています。

グローバル展開

アイシン精機は、パワートレインの総生産数を2023年までに1300万台にすることを目標に、中国での生産を拡大していきます。
子会社のアイシン・エィ・ダブリュは、2018年10月に中国の完成車メーカーである広州汽車と、同年12月には浙江吉利羅佑発動機とオートマチックトランスミッション(AT)を生産する合弁会社を設立。生産開始は広東省広州市で2020年の2月、浙江省で2020年8月ごろを見込んでいます。
2019年1月には、安慶環新集団と合弁でアルミダイカスト部品の生産を行う「愛信(安慶)汽車零部件」を設立し、2020年8月に生産開始を予定しています。西尾ダイカスト工場南棟(愛知県西尾市)の技術を導入し、主に華東地区のグループ内AT生産工場への供給能力を強化します。2019年8月からは、マニュアルトランスミッション(MT)の生産工場である唐山愛信歯輪の生産ラインを再編し、同工場内でATの生産を開始する予定です。

2019年3月期の地域別売上高は、北米が5854億円、欧州が3501億円、中国が3776億円、アジア・その他が3537億円となっています。

アイシン精機の報道ニュース一覧

会社概要

社名 アイシン精機株式会社
設立年 1965年8月31日
本社所在地 〒448-8650 愛知県刈谷市朝日町二丁目1番地
市場名 東証一部,名証一部
代表取締役 伊勢 清貴
社債格付け AA-
資本金 45,049百万円

組織構成や技術開発状況など、ネットに掲載されていない情報 が聞ける。転職についても相談できる。

転職サポートを依頼する

拠点一覧

アイシン精機の拠点(研究開発・テストセンター含む)

国内拠点一覧
  • アイシングループ西尾工場(愛知県西尾市)
  • アイシングループ半田工場(愛知県半田市)
  • アイシン高丘㈱本社工場(愛知県豊田市)
  • アイシン・エィ・ダブリュ㈱本社工場(愛知県安城市)
  • アイシン・エィ・ダブリュ㈱岡崎工場(愛知県岡崎市)
  • アイシン・エィ・ダブリュ㈱田原工場(愛知県田原市)
  • アイシン・エィ・ダブリュ㈱岡崎東工場(愛知県岡崎市)
  • アイシン軽金属㈱本社工場(富山県射水市)
  • アイシン機工㈱吉良工場
  • アイシン機工㈱(愛知県西尾市)
  • アイシン・エーアイ㈱本社工場(愛知県西尾市)
  • アイシン・エィ・ダブリュ工業㈱本社工場(福井県越前市)
  • ㈱アドヴィックス刈谷工場(愛知県刈谷市)
海外拠点一覧
  • アイシン・U.S.A.マニュファクチャリング㈱本社工場(米国インディアナ州)
  • エィ・ダブリュ・ノースカロライナ㈱本社工場(米国ノースカロライナ州)
  • 唐山アイシン自動車部品㈲本社工場(中華人民共和国河北省唐山市)
  • 高丘六和(天津)工業㈲本社工場(中華人民共和国天津市)
  • エィ・ダブリュ(蘇州)自動車部品㈲本社工場(中華人民共和国江蘇省蘇州市)
  • エィ・ダブリュ(天津)自動車部品㈲本社工場(中華人民共和国天津市)
  • サイアム・アイシン㈱本社工場(タイ王国プラチンブリ県)
  • タイ・エンジニアリング・プロダクツ㈱本社工場(タイ王国パットゥムタニー県)
  • ナワロハ・インダストリー㈱本社工場(タイ王国サラブリ県)
  • サイアム・ナワロハ・ファンドリー㈱ 本社工場(タイ王国サラブリ県)
  • アイシン・エーアイ(タイランド)㈱本社工場(タイ王国チャチェンサオ県)
  • ATインドネシア㈱ 本社工場(インドネシア共和国西ジャワ州)

関係会社一覧

アイシン精機の関係会社一覧

  • アイシングループ西尾工場(愛知県西尾市)
  • アイシングループ半田工場(愛知県半田市)
  • アイシン高丘㈱本社工場(愛知県豊田市)
  • アイシン・エィ・ダブリュ㈱本社工場(愛知県安城市)
  • アイシン・エィ・ダブリュ㈱岡崎工場(愛知県岡崎市)
  • アイシン・エィ・ダブリュ㈱田原工場(愛知県田原市)
  • アイシン・エィ・ダブリュ㈱岡崎東工場(愛知県岡崎市)
  • アイシン軽金属㈱本社工場(富山県射水市)
  • アイシン機工㈱吉良工場
  • アイシン機工㈱(愛知県西尾市)
  • アイシン・エーアイ㈱本社工場(愛知県西尾市)
  • アイシン・エィ・ダブリュ工業㈱本社工場(福井県越前市)
  • ㈱アドヴィックス刈谷工場(愛知県刈谷市)

他の完成車メーカー・部品メーカー情報

外資系自動車部品メーカー

日系自動車部品メーカー情報

外資系完成車メーカー

日系完成車メーカー

他の企業を見る