日産自動車

日産自動車の企業情報

日産自動車は、神奈川県横浜市に本社を置く完成車メーカーです。
フランスのルノー、三菱自動車工業と「ルノー・日産・三菱アライアンス」(3社連合)を形成。2018年の販売台数は3社合わせて1076万台で、独フォルクスワーゲンに次いで2位となっています。

現在募集中の求人

情報確認日

日産自動車株式会社

バリューエンジニア<強電バッテリー>

強電バッテリーのバリューエンジニアとして、車全体のシステム、部品を対象に、各部品設計やプロジェクト開発と連携しValue Engineeringの考え方に基づき、顧客の立場でValueが最大となる車を新車の立上りからの実現と、量産期間において、そのValue競争力の維持・向上を推進いただきます。

【具体的には】
・強電バッテリーのテクニカルコスト分析やベンチマークを基にした、Value最適化のためのVE活動の企画、推進
・競合他社とのベンチマーキングによる、同社の立ち位置の明確化及び、ベンチマーク達成やブレークスルーするための、課題抽出・方策の立案、課題解決方策の採用推進
・バッテリーパックの構造体、機械特性、性能の分析が主体(セル/ケミカル部の分析は少ない)

【職種の魅力】
・Value Engineeringの考え方に基づき、顧客の立場でValue向上を進める業務の為、車全体の知識やスキルを学ぶことができます
・社内の多くの関係者やサプライヤと協力して検討推進するため、クロスファンクショナル課題推進力が醸成されます
・分解調査の現場も自部署内のため、現物を確認しながらリアルに分析、検討を進めることができます
・部内にはパワートレイン、シャシ、車体、内外装といった車一台分のスペシャリティを持ったエンジニアが各設計と連携しながら、VEを進めていて、昨今部品間、システム間の関係がより強く複雑になってきている為、車両・システムとしてValue向上の重要性が増していて、部内での業界を超えた積極的な連携と、部外の関係する開発メンバーを巻き込んで大きな枠組みで仕事を進めることができます
・責務に対し、検討期間の柔軟性が高く、時間に追われすぎずに深い検討を行うことができます

勤務地 神奈川県厚木市岡津古久560-2
年収 400万円~900万円
お問い合わせ番号 374360
この求人の詳細を見る

情報確認日

日産自動車株式会社

BEVエネルギーマネージメントシステム開発エンジニア

■厚木市にある同社テクニカルセンターにて、BEVの航続距離を向上させるために必要な新しいエネルギーマネージメントシステムの開発を担当頂きます。
航続距離の向上にはバッテリー、モーター、インバーター等のコンポーネントで消費される電気エネルギーと、コンポーネントの動作により発生する熱エネルギーを統括的に管理するエネルギーマネージメントシステムの開発が必須となります。

【具体的には】
・環境規制などの市場動向を踏まえた競争力ある目標設定。
・MBSE/MBDを活用した統括的なエネルギーマネージメントシステムの設計。
・開発車両を用いたエネルギーマネージメントシステムの評価と分析。

<職務の魅力>
後の自動車業界の成長において最も注目されている領域の一つである電気自動車開発の最前線で働くことができます。
今後重要となる電動化技術領域を自らが定義し、新規システムの提案と開発をリードすることにより高い技術力を身につけることができます。またユーザーに近い業務内容のため、顧客、自動車業界、更には環境問題への貢献を実感できる業務です。

勤務地 神奈川県厚木市岡津古久560-2
年収 600万円~900万円
お問い合わせ番号 375441
この求人の詳細を見る

情報確認日

日産自動車株式会社

生産技術/機械加工技術開発<次世代EV車両用部品>

■次世代EV車両用サスペンションアクスル機械加工技術開発を担当していただきます。

【具体的には】
・次世代EV車両における、シャシー、サスペンション・アクスル部品、大型車体鋳物部品の機械加工技術開発業務
(アルミ系部品の高速高効率切削開発、工程設計、NCプログラム作成編集、切削シミュレーション解析、自動化技術開発、切削工具開発)
・新車PRJにおけるサスペンション・アクスル部品、大型車体鋳物部品の先行サイマル業務
(生産性評価、量産工法検討、工程設計、試作対応、設計部署との連携、サプライヤー連携、海外拠点連携、他)
・新車PRJにおけるサスペンション・アクスル部品、大型車体鋳物部品の量産準備業務(横浜工場 栃木工場 海外拠点(北米圏、欧州圏))

【魅力】
・サスペンション・アクスル部品、大型車体鋳物部品の生産技術として、開発・試作~実験・評価~量産立上げを一気通貫で実施していて、もの造りの最上流から最下流までを経験することが可能です(同社内の生産技術部署の中で同課特有の業務領域)
・新車PRJを通じて最新の量産技術、工法技術に携わることが可能です
・GT-R、Fairlady Z、ARIYA、X-TRAILなどの高性能車両のサスペンション・アクスル部品、大型車体鋳物部品の生産ラインの立上げを経験することが可能です(担当した車両と他社車両との比較BM試乗なども可能)

勤務地 神奈川県横浜市宝町2
年収 600万円~780万円
お問い合わせ番号 374933
この求人の詳細を見る

情報確認日

日産自動車株式会社

生産技術開発<全固体電池用電極作製工法開発>

■同社の全固体電池用電極作製工法開発を担当していただきます。

【所属組織の担当領域、業務概要と生技における役割】
次世代EVバッテリー用全固体電池の新規工法開発(電極作製工程)
現在、次世代のEVバッテリーの最有力候補である全固体電池のセル作製の工法検討を行っている。従来のリチウムイオン電池とは異なる材料であること、高精度なプロセスが求められることから新たな工法開発に取組んでいるが、より環境負荷が低く、電池性能向上に寄与できる将来の量産工程を見据えた検討にも取り組んでいる。

【具体的な担当業務内容と自部署内外で期待される役割・ポジション】
実際にセルの試作と評価解析のPDCAサイクルを回すことで原理原則からしっかりと理解したうえでの工法確立を目指しており、評価結果から工程要件をFixしていく業務をGr内だけでなく部内、また設計部署と情報共有しながら取り組んでおり、その中で自ら試作・評価解析を行う、更にはチームメンバーを率いていく業務を遂行していただきたい。

【職場環境、働き方】
設計と連携しながらプロセス開発を進めており、様々な視点でEV開発に携わることができる。加えてお互いに自由に論議したり、フォローしあえるチームであり、連携している研究所のメンバーとも活発に論議しながら全固体電池のセル作製の工法確立に向けて一丸となって取り組んでいます。

【魅力点】
・次世代2次電池生産技術の立場で研究・先行開発フェーズから参入でき、新商品の工法のパイオニアを目指せる、また、世界初のEV量産化で培ってきたリチウムイオンバッテリー量産技術知見を基盤とし、最新技術の量産適用に向けた技術開発スキルが習得ができる。
・与えられた諸条件に基づいた活動(所謂受け身)ではなく、開発部門と連携し、原理原則論に基づいた積極的な工法開発・提案ができる。

勤務地 神奈川県横須賀市夏島町 追浜工場/総合研究所,神奈川県横浜市横浜工場
年収 600万円~900万円
お問い合わせ番号 349148
この求人の詳細を見る

情報確認日

日産自動車株式会社

Postリチウムイオン電池研究<次世代モビリティ向け>

拡大する電動車市場と世界を取り巻く資源危機やインフレを想定し、同社ではEV含む次世代型モビリティへの適用を想定した、Postリチウムイオン電池の研究開発を行っています。
担当業務としては、車両要求性能を達成するためのPostリチウムイオン二次電池の提案・設計、および実証を、課長代理職として技術およびマネジメントの両側面でリードしつつ、チームメンバーをまとめながら以下を実践していただきます。

【具体的には】
・Postリチウムイオン二次電池(亜鉛マンガン電池、金属空気電池、フッ化物電池、ナトリウムイオン電池など)のベンチマークと、車両要求を睨んだ電池設計
・設計要件を満たす材料・電極・セルの原理検証とPoC
・デジタルや機器分析・解析等を活用したセル・材料設計やメカニズム解明
・スケールアップ(~数Ah級)と実証

【魅力】
電池に関わるセル・材料・プロセス研究はもちろんのこと、計算科学やシミュレーションを駆使した新しい研究手法についても積極的に取り組んでいます。国内外の大学やサプライヤーと協業機会が多数あり、英語を使って最先端の研究者・技術者と対等に議論できる環境があります。また、車載に適用するため、システム系や車両開発部署との連携もあり、研究所とはいえグローバルかつビジネス領域まで広く携わることができます。更に、同研究所には社会人ドクターの支援制度があり、ご自身を磨きたいと考えている人には最適な研究環境が提供されます。将来的には海外拠点への赴任や留学のチャンスもあり、技術面では業界の第一人者を目指すことができます。

【職場の雰囲気】
メンバーは若手中心で中途入社の方も多く、ご自身の専門分野では即戦力としてリーダーシップをとっていただけます。
また、オフィスも先端的な雰囲気に刷新し、研究室での研究業務とリモートワークを両立させた活気のある職場です。

勤務地 神奈川県横須賀市夏島町1番地
年収 800万円~1000万円
お問い合わせ番号 320751
この求人の詳細を見る

年収情報

平均年収816万円自動車業界内の年収順位 4101

年収推移

  • 776.7万円

2015年度

  • 795万円

2016年度

  • 816.5万円

2017年度

自動車業界の平均年収 618万円
推定生涯賃金 2億7083万円

年齢別年収シミュレーション

  • 523万円

25歳

  • 624万円

30歳

  • 725万円

35歳

  • 818万円

40歳

  • 843万円

45歳

  • 826万円

50歳

平均年齢 42.5歳
平均勤続年数 19.4年

売上等の推移(直近3年間)

売上高推移

連結
  • 11,720,041百万円

2016年度

  • 11,951,169百万円

2017年度

  • 11,574,247百万円

2018年度

単独
  • 3,729,335百万円

2016年度

  • 3,750,617百万円

2017年度

  • 3,644,483百万円

2018年度

経常利益推移

連結
  • 864,733百万円

2016年度

  • 750,302百万円

2017年度

  • 546,498百万円

2018年度

単独
  • 551,995百万円

2016年度

  • 197,958百万円

2017年度

  • 271,869百万円

2018年度

従業員数推移

連結
単独

事業戦略

事業方針

日産自動車は、2018年3月に6ヵ年計画「Nissan M.O.V.E. to 2022」を発表。2022年度までに、売上高16.5兆円、営業利益率8%を目指します。ちなみに、M.O.V.E.は、強みとしている「Mobility(モビリティ)」「Operational excellence(オペレーションエクセレンス)」「Value to customers(お客さまへの価値提供)」「Electrification(電動化)」を意味しています。

この計画では、地域別の戦略方針も示しており、日本やメキシコなどでは平均以上の収益性を維持しながら成長する考え。ブラジル、アルゼンチン、インド、ロシアなど未開拓の市場で成果を出すとともに、欧州、中東、アセアンではそれぞれの市場をリードする企業との差を埋めることを目標に掲げています。

ルノー、三菱と結んでいるアライアンスの中期計画では、▽共通のプラットフォームを増やし、900万台以上の車両を生産▽共通パワートレインの使用を全販売車両の75%に拡大▽次世代の電気自動車(EV)、自動運転、コネクテッド技術の共有▽EV用の共通プラットフォームおよび共用部品を活用し、新たに12車種を投入▽自動運転技術を40車種に搭載▽無人運転車両による配車サービス事業に参画――の6つの目標を策定。2022年に3社で1400万台を販売し、約2400億ドルを稼ぐことを目指しています。

他社との提携状況

2018年9月に、3社連合でGoogleとグローバルでの複数年契約に合意。2021年から、車両に次世代インフォテインメントシステムを搭載し、Google Maps、Google Play、Google Assistantなどの利用が可能になります。

2019年2月には、アライアンスのベンチャーキャピタルファンド「アライアンス・ベンチャーズ」が、EV分野での事業拡大を目指して中国の「パワーシェア」に出資。パワーシェアが持つオンラインプラットフォームを活用し、EVの充電プロセスを効率化します。

2019年4月には岐阜県飛騨市、2019年5月には三重県伊勢市、2019年8月には神奈川県横浜市、東京都羽村市、三重県津市、滋賀県彦根市と「災害連携協定」を締結。EVを災害時の停電対策や燃料不足時の交通手段に生かすことで、地域の防災を向上させます。

注力分野

日産自動車は現在、「自動運転技術」と「EV」の開発に注力しています。
運転支援技術「ProPILOT」は、前を走る車両(先行車)に合わせて運転をサポートするシステム。先行車と一定の距離を保ったまま走行したり、停止したりすることが可能です。2019年秋に発売予定の「スカイライン」には、従来品をバージョンアップさせた「ProPILOT 2.0」を搭載。限定的な場所と条件のもと、完全なハンズオフで運転することができます。今後は、「ProPILOT」を2022年度までに20モデルに搭載し、20市場で100万台を販売する計画です。

EVでは、2010年12月に「リーフ」を世界初の量産型EVとして発売。2020年以降は、中国で販売を拡大させる方針です。エンジンを利用して発電し、モーターで駆動する「e-Power」は「ノート」「セレナ」に搭載しており、今後は他の車種にも展開していく予定。海外市場向け高級車ブランド「インフィニティ」は、2021年度以降に発売するモデルをすべてEVかe-Power搭載車にします。

技術動向

自動運転技術の分野では、カーナビゲーションで目的地を設定すると、高精度な地図データを使いながら、高速道路の出口まで自動で走行してくれる「ProPILOT 2.0」を開発。車体に搭載された7個のカメラ、5個のレーダー、12個のソナーが、白線や標識、周辺の車両などを三次元的に把握し、アクセルとブレーキ、ステアリングを制御しながら走行します。
安全運転支援技術では、車体を真上から見ているような映像をディスプレイに表示する「インテリジェントアラウンドビューモニター」を開発。周囲の車両や車幅を検知し、駐車時のハンドルの切り返しをサポートします。ボタンを長押しするだけで駐車できる「プロパイロットパーキング」は、「リーフ」に搭載。また、走行中に車線の逸脱を防止したり、斜め後ろの車両との接近を警告・回避したりするシステムも開発しています。

電動化の分野では、充電の必要がなく、ガゾリンエンジンとモーターで駆動する電動パワートレイン「e-power」を開発。2.0Lターボエンジンに匹敵する加速性を発揮しながら、電気自動車のような高燃費を実現しました。「e-POWER 4WD(モーターアシスト方式)」は、雪道など滑りやすい道路でも発進・加速をスムーズに行うことができる四輪駆動のパワートレイン。速度が上がると二輪駆動に、速度が下がり前輪の空転を検知すると四輪駆動に切り替わり、安定的な走行をサポートします。
「ノート」に搭載されている「e-POWER Drive」は、アクセルペダルを戻すだけで減速する技術。渋滞やカーブなど加減速を繰り返すような場面でも、頻繁にアクセルとブレーキを踏み変える必要がなくなります。「リーフ」には、回生ブレーキと油圧ブレーキを組み合わせた「e-pedal」を搭載。四輪全てにブレーキがかかる仕組みのため、アクセルペダルだけで安全に発進・加速・停止を行うことが可能です。

グローバル展開

日産自動車は、アメリカ中心だった海外事業を、高成長が期待される国・地域へとシフトさせています。
中国では、2022年までに年間販売台数を260万台、売上高を3000億人民元(約5兆円)とする方針。運転支援システムの搭載を進め、全ブランド合計で20以上の電動化モデルを展開する予定です。2019年4月には3社連合で、中国・上海に「アライアンス研究開発」を設立。自動運転、EV、コネクティッドカーなどの次世代技術の開発を行います。

中近東や南アフリカなどの新興国でもシェアの拡大を目指しています。
中近東では、2017年度に16%だったシェアを2022年度には20%に拡大することを目標に掲げています。2018年3月には、パキスタンのガンダーラ日産と、低価格な乗用車ブランド「ダットサン」の委託生産のライセンス契約を締結。2020年に販売を開始します。南アフリカ共和国では2019年4月、ピックアップトラック「ナバラ」を生産するため、南アフリカ日産のロスリン工場を拡張。2020年に生産を開始する予定です。エジプトでは、直接投資の生産拠点を持つ唯一のメーカーとしてシェアの拡大を図ります。

2019年3月期の地域別の売上高は、北米が5兆4921億円(うち米国4兆5330億円)、欧州が1兆6573億円、アジアが1兆3187億円、その他(大洋州、中近東、南アフリカ、メキシコを除く中南米)が1兆2013億円となっています。
海外拠点は、アジアに44ヶ所、北米・メキシコに19ヶ所、欧州に13ヶ所、中南米に8ヶ所、アフリカには4ヶ所、大洋州に3ヶ所、中東・湾岸諸国に2ヶ所あります。

会社概要

社名 日産自動車株式会社
設立年 1933年12月26日
本社所在地 〒220-8686 神奈川県横浜市西区高島一丁目1番1号
市場名 東証一部
代表取締役 西川 廣人
社債格付け A+
資本金 605,813百万円

組織構成や技術開発状況など、ネットに掲載されていない情報 が聞ける。転職についても相談できる。

転職サポートを依頼する

拠点一覧

日産自動車の拠点(研究開発・テストセンター含む)

国内拠点一覧
  • 横浜工場(神奈川県横浜市)
  • 追浜工場(神奈川県横須賀市)
  • 栃木工場(栃木県上三川町)
  • 日産自動車九州㈱(福岡県苅田町)
  • いわき工場(福島県いわき市)
  • ジヤトコ㈱富士事業所他(静岡県富士市他)
  • 日産車体㈱湘南工場他(神奈川県平塚市他)
  • 愛知機械工業㈱熱田工場他(愛知県名古屋市)
  • カルソニックカンセイ㈱群馬工場他(群馬県邑楽町他)
  • 日産ネットワークホールディングス㈱(神奈川県横浜市他)
海外拠点一覧
  • 北米日産会社
  • メキシコ日産自動車会社
  • 日産モトール・イベリカ会社
  • 英国日産自動車製造会社
  • ルノー日産オートモーティブインディア社
  • タイ日産自動車会社
  • ロシア日産自動車製造会社
  • ブラジル日産自動車会社

関係会社一覧

日産自動車の関係会社一覧

  • ルノー
  • 日産車体㈱
  • 欧州日産自動車会社
  • ニッサンインターナショナルホールディングスビーブイ
  • 日産英国持株会社
  • 日産モトール・イベリカ会社
  • 北米日産会社
  • メキシコ日産自動車会社
  • ルノー日産オートモーティブインディア社
  • 日産(中国)投資有限公司

他の完成車メーカー・部品メーカー情報

外資系自動車部品メーカー

日系自動車部品メーカー情報

外資系完成車メーカー

日系完成車メーカー

他の企業を見る