シロキ工業

シロキ工業の企業情報

シロキ工業は、愛知県に拠点を置く自動車部品メーカーです。自動車のシートリクライナやシートアジャスタ、ウインドレギュレータなどの自動車用内装機能部品をはじめ、ドアサッシなどの車体外装部品を手掛けています。
自動車専用シート部品の売上高は、国内3位のシェアを誇ります。2016年にトヨタ自動車グループ傘下のアイシン精機の子会社となりました。

シロキ工業は、東京・日本橋にあった百貨店、白木屋(現、東急百貨店)の子会社、白木金属工業として1946年に設立されました。1950年、ドアのサッシや内装材であるモールディングの製造を開始。1960年、自動車用キーの量産を、1963年にはシートのリクライニング部品の量産を開始。

翌1964年、東京急行電鉄の子会社となります。1984年、シロキ精機を、翌1985年にシロキ商事をそれぞれ設立。1988年、社名を現在のシロキ工業に変更しました。

同1988年、初の海外拠点となるSW MANUFACTURING(SWマニュファクチャリング)をアメリカ・テネシー州に設立(現、Shiroki North America)。1995年、アメリカ・ジョージア州にSWM Georgia LLC(現、Shiroki Georgia LLC)を設立。2002年、タイ・チョンブリ県にShiroki Corp.(Thailand)(シロキタイランド)を、翌2003年には中国・広東省に広州白木汽車零部件(Guanzhou Shiroki Corp.)を設立するなど、海外拠点の設置を進めます。

2011年、主要取引メーカーのトヨタが筆頭株主になると発表。2014年には、アイシン精機と経営統合することで合意したと発表しました。アイシン精機の子会社となることで、シロキ工業はドアフレーム、ウインドーレギュレータ、シートアジャスタ/リクライナなどを、アイシン精機はシステム、モジュール製品の開発、生産をそれぞれ担う計画です。
これに合わせ、2015年にはシロキ工業とアイシン精機の、シート骨格を構成するリクライナーなどの部品事業をトヨタ紡織へ譲渡する契約を締結しました。

現在募集中の求人

更新日

シロキ工業株式会社

生産技術<シート>

■同社にてシート関連の外装・機能部品などの生産技術業務を担当して頂きます。

【具体的には】
・独自の技術・工法を駆使した、効率的な生産設備・工程の立案および新技術の開発業務
・生産準備・工程設計・ライン設計がメインの担当工程
・製法は金型・プレス加工が多い。また、経験によっては、工法開発を担当していいただく場合もあります

【同社製品について】
・自動車関連:シートリクライナ・シートアジャスタ/ウインドレギュレータ/ドアサッシ/ドアロック・ヒンジ/モールディング

・シート関連:新幹線シート(N700系)
自動車衝突時の人へのダメージを世界トップレベルまで低減したシートアジャスタや、ワンタッチでリヤシートを格納し広くフラットなスペースを造るリヤシートアレンジ、そしてシートスライドの前後位置およびリクライニングの背もたれの角度の位置をスイッチ一つで自動調節するパワーシートなど

勤務地 愛知県豊川市千両町下野市場35-1
年収 500万円~600万円
お問い合わせ番号 199605
この求人の詳細を見る

更新日

シロキ工業株式会社

事業企画

■国内外各地域における拠点の最適な運営体制、生産体制を企画し、競争力の向上に取り組んで頂き、各拠点の収益体質強化を狙います。今回は語学力を活かしていただき、海外の生産拠点を中心にご担当いただきます。

【期待する役割】
・現在事業の急拡大に伴い、人員や生産体制が追い付いていない部分があるため、事業企画室では、最適な運用体制を目指しています。
・また海外展開を積極的に進める当社において、事業企画室は非常に重要な部署です。今後の海外赴任の可能性も大いにあります。

勤務地 愛知県豊川市
年収 400万円~650万円
お問い合わせ番号 210692
この求人の詳細を見る

更新日

シロキ工業株式会社

法人営業

■業界高シェアを誇る自動車外装部品(ドアフレーム・ウィンドレギュレータ、シートリクライナ等)を完成車メーカー、大手自動車部品メーカーの営業を担当していただきます。

【具体的には】
新規の自動車開発に関する情報を顧客の関連部署から収集し、自社の技術部門、生産部門等と調整をはかりながら、製品の受注活動を実施いたします。
1つの製品を受注した後には数年間で数十億~数百億レベルの売上げに繋がるため、やりがいの大きな業務です。個人の受注戦略目標は存在しますが、数字的なノルマはありません。受注に向けたプロセス活動を評価します。

勤務地 神奈川県藤沢市桐原町2
年収 400万円~600万円
お問い合わせ番号 210697
この求人の詳細を見る

更新日

シロキ工業株式会社

機械設計<ボデー機能部品>

■高シェアを誇るボデー機能部品(ウィンドレギュレータ等)の製品設計業務全般をご担当していただきます。
※使用CAD:CATIA V5(メイン)

【やりがい】
社歴が浅い方にも積極的に仕事を任せ、早いうちに一人前としてやりがいのある仕事を担当できます。成長を感じられる風土です。

【部署の特徴】
配属部署は同社の中でも「もっとも風通しが良い」と言われています。また、同社では製品別組織をとっているため、同一本部内に設計部署も生技部署が存在します。設計と生技が共同で製品の開発に日々取り組んでいます。

勤務地 愛知県豊川市
年収 400万円~600万円
お問い合わせ番号 210683
この求人の詳細を見る

更新日

シロキ工業株式会社

法人営業

■業界高シェアを誇る自動車外装部品(ドアフレーム・ウィンドレギュレータ、シートリクライナ等)を完成車メーカー、大手自動車部品メーカーの営業を担当していただきます。

【具体的には】
新規の自動車開発に関する情報を顧客の関連部署から収集し、自社の技術部門、生産部門等と調整をはかりながら、製品の受注活動を実施いたします。
1つの製品を受注した後には数年間で数十億~数百億レベルの売上げに繋がるため、やりがいの大きな業務です。個人の受注戦略目標は存在しますが、数字的なノルマはありません。受注に向けたプロセス活動を評価します。

勤務地 愛知県豊川市
年収 400万円~600万円
お問い合わせ番号 210696
この求人の詳細を見る

年収情報

平均年収605万円自動車業界内の年収順位 4995

年収推移

  • 599.4万円

2013年度

  • 603.7万円

2014年度

  • 605.7万円

2015年度

自動車業界の平均年収 606万円
推定生涯賃金 2億0044万円

年齢別年収シミュレーション

  • 387万円

25歳

  • 462万円

30歳

  • 537万円

35歳

  • 605万円

40歳

  • 624万円

45歳

  • 611万円

50歳

平均年齢 41歳
平均勤続年数 19.4年

売上等の推移(直近3年間)

売上高推移

連結
  • 117,937百万円

2013年度

  • 125,273百万円

2014年度

  • 135,180百万円

2015年度

単独
  • 79,732百万円

2013年度

  • 82,454百万円

2014年度

  • 82,610百万円

2015年度

経常利益推移

連結
  • 3,251百万円

2013年度

  • 2,932百万円

2014年度

  • 1,841百万円

2015年度

単独
  • データなし

2012年度

  • 2,467百万円

2013年度

  • 2,053百万円

2014年度

従業員数推移

連結
単独

シロキ工業は2016年3月期の連結業績を発表しました。

  • 売上高 1,351億8,000万円(前年比7.9%増)
  • 営業利益 25億200万円(前年比13.2%増)
  • 経常利益 18億4,100万円(前年比37.2%減)
  • 当期純利益 21億9,900万円(前年比27.7%増)

事業戦略

事業方針

シロキ工業は2012年、長期ビジョン「シロキビジョン2021」(2012年4月~2022年3月)を、また、中期的な実行計画として「ローリングプラン(2012~2016)」(2012年4月~2017年3月)をそれぞれ策定しました。

<シロキビジョン2021>

○数値目標(2022年3月期)
  • 連結売上高 2,000億円(売上高年5%増加、2015年度実績1,253億円)
  • 海外売上高比率 50%

<ローリングプラン(2012~2016)>

○数値目標(2017年3月期)
  • 連結売上高 1,400億円
  • 営業利益率 5%(2015年度実績1.8%)
○達成方策
  • 新製品、新技術・新工法の開発と内製化の推進
    2016年、トヨタ自動車、トヨタ紡織、アイシン精機との共同でシートをフロアに直接取り付ける手法を開発。同年、トヨタの新型「プリウス」に採用。
  • グローバルで新規取引メーカーにアプローチ
    2013年、アメリカの大手完成車メーカー、ゼネラル・モーターズからドアサッシを初受注したことなどから、シート関連部品を生産していたアメリカ・テネシー州の子会社、シロキノースアメリカでドアサッシの生産を開始。従来、ジョージア州の子会社、シロキGAのみで生産していたが、今後は2拠点体制とする。
  • 国内事業基盤を強化し、国内生産体制を再構築する
    2014年、自動車用ウインドレギュレータ、シート部品を手掛ける子会社、東北シロキを、トヨタ紡織の宮城工場内に設立。これによって、従来、中京地区で生産し東北地区に納入していた製品を、今後は半完成品で輸送。現地で完成品にすることで、輸送費や労務費を低減できるとしている。
    2014年、少量生産と高い生産性を両立する新たな生産設備「PSVライン」を愛知県・名古屋工場に導入。これによって、生産能力、投資額、サイズを従来に比べ1/4に低減した。
  • 海外事業を積極的に展開する
    2014年、インドの関連会社と合弁で生産子会社、Shiroki Technico India(シロキ・テクニコ・インディア)を設立すると発表。2015年に稼働し、主にスズキ向けにウインドーレギュレータやシート部品を生産する。

技術動向

○製品開発

・ロック機能をレールに内蔵したスプリングロックレールを新開発

従来はバネと金具で構成していたロック機能を簡素化。これによって、部品点数を従来製品の29点から19点に削減し、15%の軽量化と10%のコスト低減を実現。さらに、前席、後席で共通部品の採用が可能としている。
2013年からスズキ、トヨタなどに供給を開始。今後、完成車メーカー各社に提案する計画。

・トヨタグループでシート取り付けのための新手法開発

2016年、トヨタが進める車両設計戦略「トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー(TNGA)」の導入によって、トヨタ、トヨタ紡織、アイシン精機と共同でシートをフロアに直接取り付ける手法を開発。トヨタの新型「プリウス」に採用された。

従来必要だったシートの取り付け用の部品をなくしたことで、車体の横揺れに対するシートの安定性を高め、ドライバーが車体と一体となった操作感を味わえるとしている。 今後、「プリウス」以外のモデルにも採用する計画。

グローバル展開

シロキ工業は2012年に発表した「ローリングプラン(2012~2016)」で、グローバルでの新規取引メーカーの開拓や事業の積極的な推進を掲げています。

○タイ

  • 2013年、タイの子会社、シロキタイランドの第2工場を新設すると発表。
    ウインドーレギュレータ、シート骨格部品を生産。主要取引メーカーのトヨタやスズキが増産を加速させていることに対応する計画。

○中国

  • 2013年、中国子会社の広州白木汽車零部件が河南省に鄭州分公司(鄭州支店)を、鄭州日産の工場内に設立すると発表。工場構内に新設することで、輸送費の削減などにつなげる考え。
    同年中に稼働し、鄭州日産向けのドアサッシを生産。2014年度に売上高約4,400万元を計画。
  • 2013年、中国・浙江省に、中国子会社、広州白木汽車零部件の分工場を設立すると発表。
    稼働は2014年。吉利汽車向けのドアサッシを生産し、2015年度に売上高4,800万元を目指すとしている。

○インド

  • 2014年、インドの関連会社で、自動車部品を生産するTechnico Industries(テクニコ・インダストリーズ)と、インドハリヤナ州に合弁会社、シロキ・テクニコ・インディアを設立すると発表。
    稼働は2015年。主にスズキ向けにウインドーレギュレータやシート部品を生産。2016年3月期に売上高約33億円を見込む。

部門構成・部門ごとの方針

・少量生産と高い生産性を両立する生産設備の導入

2014年、愛知県・名古屋工場に、省スペースで需要変動への柔軟性がある新たな生産設備「PSVライン」を導入。需要が急減し生産量が少なくても効率が落ちず、同等の割合で投資額も抑えられるとしている。さらに、需要が急増した場合にも生産ラインを新設しやすいという。
同生産設備の導入によって、生産能力、投資額、サイズを従来の1/4に低減できたとしている。

2015年に稼働。シートリクライニングの生産ラインに導入。シートの前後位置を調整するためのレールの生産ラインへの導入も検討している。
今後、タイやインドネシアなどへの導入も進める。

会社概要

社名 シロキ工業株式会社
設立年 1946年3月
本社所在地 〒442-8501 愛知県豊川市千両町下野市場35-1
市場名 東証一部,名証一部
代表取締役 松井 拓夫
資本金 7,460百万円

組織構成や技術開発状況など、ネットに掲載されていない情報 が聞ける。転職についても相談できる。

転職サポートを依頼する

拠点一覧

シロキ工業の拠点(研究開発・テストセンター含む)

国内拠点一覧
  • 本店,藤沢工場(神奈川県藤沢市)
  • 名古屋工場(愛知県豊田市)
  • 豊川工場(愛知県豊川市)
  • 大阪工場(大阪府茨木市)
  • 豊川本社,試作工場(愛知県豊川市)
  • 豊川本社(愛知県豊川市)
  • 豊田デポ(愛知県豊田市)
  • 研修センター(静岡県浜松市北区)
  • 研修センター(静岡県裾野市)
  • 保養所(長野県茅野市)
海外拠点一覧
  • シロキノースアメリカ㈱(米国・テネシー州)
  • シロキGA LLC(米国・ジョージア州)
  • シロキGT LLC(米国・テネシー州)
  • シロキタイランド㈱(タイ・チョンブリ県)
  • 広州白木汽車零部件有限公司(中国・広東省広州市)

関係会社一覧

シロキ工業の関係会社一覧

  • シロキ商事㈱
  • シロキノースアメリカ㈱
  • シロキGA LLC
  • 広州白木汽車零部件有限公司

他の完成車メーカー・部品メーカー情報

外資系自動車部品メーカー

日系自動車部品メーカー情報

外資系完成車メーカー

日系完成車メーカー

他の企業を見る