愛知機械工業

愛知機械工業のハイライト

愛知機械工業は、日本に本社を置くエンジン・変速機部品メーカーです。
エンジン、マニュアル・トランスミッション(MT:Manual Transmission)などの中核部品を主力製品としています。
そのほかにも、無人搬送車(AVG:Automatic Guided Vehicle)や多機能モータセンサなどの生産設備、電気自動車用の減速機などを手がけています。

日産自動車の完全子会社で、同社に対する売上が全体の大部分を占めています。

1898年、愛知時計製造(現:愛知時計電機)が設立されたのが、愛知機械工業の歴史の始まりです。
1943年、愛知時計製造から航空機部門を分離し、愛知航空機を設立。
1949年、企業再建整備法により、愛知機械工業の前身である新愛知起業を設立。
1952年、社名を愛知機械工業に改称。

1960年代に入ると日産自動車と技術・業務提携を結び、協業関係を強めました。

1970年以降は国内工場を増設するなど、国内生産体制を強化。

2001年、アメリカに非連結子会社としてエーケーノースアメリカコーポレーション(AK North America Corporation)を設立。

2003年、愛知機器の株式一部を売却し、愛知機器とその子会社であるRichmond Auto parts Technology Inc.を連結子会社から除外。

2005年、ヨロズの子会社であるヨロズ愛知に、土地・建物を除く営業の一部を譲渡。

2012年、日産自動車の完全子会社となり上場を廃止しています。

2016年3月末時点では、1,775人の従業員を抱えています。

売上等の推移(直近3年間)

売上高推移

連結
  • 98,113百万円

2013年度

  • 110,293百万円

2014年度

  • 119,104百万円

2015年度

経常利益推移

連結
  • 2,860百万円

2012年度

  • 2,692百万円

2013年度

  • 2,438百万円

2014年度

2015年度における売上高(単独)は、1,190億円で前年度比8.18%増となりました。

事業戦略

事業方針

愛知機械工業は、日産との連携を強めながら、グループ全体のコスト競争力を強化する方針です。
その一方で、日産自動車とルノー(Renault)以外の完成車メーカーとの取引も増やす考えで、2016年度に2社以外への販売比率を8~10%に高める計画でした。
さらに、中国の東風日産を足がかりに、東南アジアや中国などの現地系メーカーへの拡販も行う方針です。

小型エンジンの開発・生産・調達の強化に加え、開発に関しては全面改良を単独で行える体制を構築するために、部品の開発力強化にも取り組むとしています。

愛知工業のM&Aに関する動向は以下のとおりです。

  • 2011年12月、日産自動車を親会社とする簡易株式交換によって、同社の完全子会社になると発表。
    完全子会社化を受け、2012年に上場を廃止。
    1962年に日産自動車と技術提携し、1965年には日産自動車が資本参加、2000年には日産自動車が出資比率を引き上げ、同社の連結子会社となった。

会社概要

社名 愛知機械工業株式会社
設立年 1949年5月23日
本社所在地 〒456-8601 名古屋市熱田区川並町2-12
代表取締役 酒井 寿治
資本金 8,518百万円

組織構成や技術開発状況など、ネットに掲載されていない情報 が聞ける。転職についても相談できる。

転職サポートを依頼する

拠点一覧

愛知機械工業の拠点(研究開発・テストセンター含む)

国内拠点一覧
  • 本社

他の完成車メーカー・部品メーカー情報

外資系自動車部品メーカー

日系自動車部品メーカー情報

外資系完成車メーカー

日系完成車メーカー

他の企業を見る