イノアック

イノアックの企業情報

イノアックコーポレーション(イノアック)は、ウレタン、ゴム、プラスチック、複合材をベースに製品を開発する高分子化学製品メーカーです。
自動車部品、二輪車部品、情報・IT機器用フィルム製品、コスメ容器などを手がけています。自動車関連では主に内外装部品、シートクッション、ダクト、パッキンを開発しています。

2018年12月期の売上高は1824億円で、売上高に占める自動車事業の割合は44%です。

現在募集中の求人

更新日

株式会社イノアックコーポレーション

生産技術<生産準備/ゴム製品>

■同社の生産準備職として下記業務を担当して頂きます。

【具体的には】
・新規ゴム製品の図面を基に、量産化まで担当して頂きます。
材料や金型の手配/設備導入、工程設計/試作品製作、不具合チェック/顧客へのプレゼン、折衝

将来的に海外出張もしくは駐在の可能性がございます。

勤務地 愛知県名古屋市神野町2-1
神野R&Dセンター
年収 400万円~600万円
お問い合わせ番号 203157
この求人の詳細を見る

更新日

株式会社イノアックコーポレーション

生産技術<ゴム製品>

■同社にて下記業務を担当して頂きます。

【具体的には】
同社岐阜池田工場、ゴムエラストマー事業部にて、生産技術職として、下記業務に従事頂きます。
ゴム製品の生産準備
・機能性製品の設計、原価計算
・見積もり、仕様書の作成業務
・生産準備計画の推進
・顧客へのプレゼン、折衝

<配属先>
同社岐阜県揖斐郡池田町の工場内での勤務となります。
将来的に海外駐在いただく可能性がございます。

勤務地 岐阜県揖斐郡池田町小牛字小牛村前737‐1
池田工場(第二工場)
年収 450万円~600万円
お問い合わせ番号 220945
この求人の詳細を見る

更新日

株式会社イノアックコーポレーション

品質保証

■同社にて下記業務を担当して頂きます。

【具体的には】
安城にある同社桜井工場にて、樹脂製品および自動車内装部品の量産に向けての品質管理業務をご担当頂きます。

・品質基準の策定
・新規生産準備部品の品質管理業務
(図面検討、品質評価、工程整備フォロー)
・工程変更に伴う品質評価
・量産品質不具合の対策確認フォロー
・試作品の検査業務

勤務地 愛知県安城市藤井町東長先8番地1
桜井工場
年収 450万円~600万円
お問い合わせ番号 168752
この求人の詳細を見る

更新日

株式会社イノアックコーポレーション

材料・配合開発<ゴム製品>

■同社のゴム製品の素材開発職として下記業務を担当して頂きます。

【具体的には】
■ゴム配合の原料仕入れ
■配合レシピの検討および配合開発
■成形方法の検討

将来的に海外出張もしくは駐在の可能性がございます。

勤務地 岐阜県揖斐郡池田町小牛字小牛村前737-1
池田第2工場
年収 400万円~800万円
お問い合わせ番号 220942
この求人の詳細を見る

更新日

株式会社イノアックコーポレーション

材料・配合開発<ゴム製品>

■同社のゴム製品の素材開発職として下記業務を担当して頂きます。

【具体的には】
■ゴム配合の原料仕入れ
■配合レシピの検討および配合開発
■成形方法の検討

将来的に海外出張もしくは駐在の可能性がございます。

勤務地 愛知県名古屋市神野町2-1
神野R&Dセンター
年収 400万円~800万円
お問い合わせ番号 219988
この求人の詳細を見る

売上等の推移(直近3年間)

売上高推移

連結
  • 484,500百万円

2016年度

  • 519,900百万円

2017年度

  • 542,100百万円

2018年度

単独
  • 159,281百万円

2016年度

  • 170,032百万円

2017年度

  • 182,417百万円

2018年度

従業員数推移

単独

事業戦略

事業方針

イノアックは、「常に革新し続けること(Innovation)」と「それを実践し続けること(Action)」をテーマに掲げ、植物由来樹脂を使用するなど環境に配慮した製品を開発しています。
研究開発では、ポリマーを主体にウレタンやプラスチック、エラストマーの配合・発泡・成形技術や複合体の技術を活用。子会社のイノアック技術研究所(神奈川県秦野市)と、中国、アメリカ、タイにある開発拠点を中心に、独自の素材の開発に取り組んでいます。生産工程にはAIやIoTを取り入れ、安全性の向上を図っています。

注力分野

イノアックは、排気ガス規制などの環境規制に対応した部品の開発に力を入れています。
CO2排出量規制に対応した製品では、燃料タンク内の温度上昇によって発生するガスを抑える断熱カバーを開発。一般的に使用されるビーズ発泡ポリプロピレンよりも断熱性に優れた「ポリエチレン発泡体」を使用しているのが特徴で、真空形成や折り曲げ加工によってタンクの形状にフィットさせることができます。
肉厚で軽量な「バックドアトリム」も開発。使用する金型には、気泡を拡大させて高倍率な発泡を成形する手法(コアバック)を採用しています。発泡させた層を表面となるソリッド層で挟むことで高剛性も実現しました。
外の空気をエンジンに取り込む「エアインテークホース」は、これまで主流だった加硫ゴムからオレフィン系熱可塑性エラストマーを使用することで、25%軽量化。リサイクルも可能になり、CO2削減に貢献する製品となっています。
自動車を10%軽量化することを目的に、セルホースナノファイバー(CNF)の活用を推進する産官学連携プロジェクト「NCVプロジェクト」にも参加。CNFとは、鉄鋼の5分の1の軽さと5倍の強度を両立する次世代素材のことです。2025年をめどに、CNFを使った製品の実用化を目指します。

技術動向

イノアックは、ウレタン、ゴム、プラスチック、複合体などの素材と事業領域をかけ合わせ、さまざまな製品を開発しています。
自動車事業のコア製品であるインストルメントパネルは、ウレタンやプラススチックを使用しており、軽量で環境性能が高いのが特徴。成形技術によるソフトな触感と、加飾技術による高級感を備えた製品を、顧客のニーズに合わせて提供しています。ミリング加工(転削)やレーザー加工、表皮スリット加工など、さまざまな加工技術を駆使して複雑な形成を実現しています。
エンジンカバーやシートクッションも開発しており、使用するウレタンの配合や密度で衝突した際の吸収特性を変えることが可能。設計自由度の高いモールドウレタン配合技術により、顧客のニーズに合わせた製品を開発することができます。ドア、天井、インパネ周辺の部品では、衝撃を吸収する硬質ウレタンを採用しています。
車体の側面に泥除けのためにつけるマッドガートは、材料を金型に注入したあとに冷却・固化させて成形する(インジェクション成形)技術をもとに作られます。イノアックの塗装加飾技術では、部品の表裏で色を塗り分けることが可能です。
自動車のランプなどに使われるゴムスポンジは、ゴム素材を3~10倍に発泡させたもの(独泡タイプ)と、EPDM系材料をオーブンで加熱したあと約10倍に発泡した独立気泡をローラーで壊すことで連続気泡化させたもの(連泡タイプ)があります。天然ゴムとスチレンブタジエンゴムを使ったスポンジは耐摩擦性が高く、クロロプレンゴムを主成分としたスポンジは、耐油性・耐候性・難燃性に優れています。
耐熱機能を持つエチレンプロピレンゴムや、油に強いアクリロニトリル・ブタジエンゴム、高温下での使用が可能なシリコンなどを原材料とした製品も開発しています。

このほか、防塵・防水機能を持つドアやガラス周辺の部品や、遮音性と防水・防塵・防音性が高いドアウェザーストリップなどのシール部品も開発・製造しています。

グローバル展開

イノアックは、北米に18ヶ所、中国に20ヶ所、その他アジアに33ヶ所の海外拠点を持っています。

会社概要

社名 株式会社イノアックコーポレーション
設立年 1954年8月10日
本社所在地 〒450-0003 名古屋市中村区名駅南二丁目13番4号
代表取締役 翁 豊彦
資本金 720百万円

組織構成や技術開発状況など、ネットに掲載されていない情報 が聞ける。転職についても相談できる。

転職サポートを依頼する

他の完成車メーカー・部品メーカー情報

外資系自動車部品メーカー

日系自動車部品メーカー情報

外資系完成車メーカー

日系完成車メーカー

他の企業を見る