TEコネクティビティ(タイコエレクトロニクスジャパン)

TEコネクティビティ(タイコエレクトロニクスジャパン)のハイライト

TEコネクティビティは、スイスに本社を置く電子部品大手の自動車部品メーカーです。
コネクター、センサー、ケーブル、リレーなどを手がけており、世界のほぼすべての自動車メーカーに部品を供給しています。

2007年、セキュリティーシステムを手がけるアイルランドの企業、タイコ・インターナショナル(Tyco International)から、タイコ・エレクトロニクス(Tyco Electronics)として分離独立しました。

2008年、Cobham Defense Electronic Systemsに高周波コンポーネント&サブシステム事業を、また、世界最大の自動車用安全部品メーカーであるオートリブ(Autoliv, Inc.)に車載レーダーセンサー事業を売却。
2010年、ADCを買収。
2011年に現在の社名に変更しました。

2012年から2014年にかけて、コネクターメーカーのDeutsch Group SAS、圧力・ポジションセンサーを手がけていたアメリカンセンサテクノロジーズ(AST:American Sensor Technologies Inc.)、センサーメーカーのメジャメントスペシャルティーズ(Measurement Specialties, Inc.)を買収。
2015年には回路保護事業をリテルヒューズ(Littelfuse)に売却することを発表しました。

2014年9月末時点では、世界50ヶ国に約400の拠点を有し、約83,000人の従業員を抱えています。
事業体制は以下の4部門で構成されています。
・輸送ソリューション(Transportation Solutions)部門
・ネットワークソリューション(Network Solutions)部門
・工業ソリューション(Industrial Solutions)部門
・コンシューマーソリューション(Consumer Solutions)部門

現在は、センサー会社の買収によるセンサー事業の強化と、先進運転支援システム(ADAS:Advanced Driving Assistant System)向け新製品の開発に注力しています。

売上等の推移(直近3年間)

売上高推移

連結
  • 1,606,880百万円

2013年度

  • 1,604,382百万円

2014年度

  • 1,639,222百万円

2015年度

  • ※米国SEC基準会社・国際会計基準会社は、経常利益に当たるものがないため、税前利益を経常利益とみなします。

従業員数推移

連結

2014年9月期における売上高は、輸送ソリューション部門と工業ソリューション部門の売上増加が影響し、139億1,200万ドルで前年比4.8%増となりました。
また、営業利益は20億4,500万ドルで前年比31.4%増となりした。

部門別の売上高は、

  • 輸送ソリューション(Transportation Solutions)部門が60億9千万ドルで前年比10.5%増
  • ネットワークソリューション(Network Solutions)部門が29億1,800万ドルで前年比4.8%減
  • 工業ソリューション(Industrial Solutions)部門が33億2百万ドルで前年比6.6%増
  • コンシューマーソリューション(Consumer Solutions)部門が16億2百万円で前年比1.7%減

となりました。

上記のうち、自動車部品を扱う輸送ソリューション部門については、日本、中国、北米における自動車の需要増と、ヨーロッパ、中東、アフリカへの輸出需要の増加が売上高の増加に影響しました。

事業戦略

事業方針

TEコネクティビティは、センサー事業の売上高を8億ドルに増加させる考えを示しており、この目標を達成するため、センサー会社の買収を推進しています。

TEコネクティビティのM&Aに関する動向は以下のとおりです。

  • 2012年4月、15.5億ユーロでフランスのコネクターメーカー、Deutsch Group SASを買収したと発表。この買収によって、TEコネクティビティは産業・商業輸送、航空宇宙、防衛、鉄道といった市場における顧客対応力を強化。
    また、Deutsch Group SASは買収後、TEコネクティビティの輸送ソリューション部門に統合。
  • 2014年9月、海洋、海底油田・ガス田、エネルギー・発電、工業用制御機器、航空宇宙、防衛、工業・商用輸送といったあらゆる産業に圧力・ポジションセンサーを供給していた企業、アメリカンセンサテクノロジーズ(AST:American Sensor Technologies Inc.)を買収したと発表。
    この買収によって、TEコネクティビティはセンサーシステムの製品ラインナップを拡充する方針。
  • 2014年10月、圧力センサー、振動センサー、力センサー、温度・湿度センサー、超音波センサー、ポジョションセンサー、フルイドセンサーといったセンサー技術を複数の製品・産業に供給していた企業、メジャメントスペシャルティーズ(Measurement Specialties, Inc.)を買収したと発表。
    買収金額は約17億ドル。メジャメントスペシャルティーズは買収後、TEコネクティビティの輸送ソリューション部門に統合。
  • 2015年11月、リテルヒューズ(Littelfuse)に回路保護事業を3億5千万ドルで売却することで合意したと発表。TEコネクティビティの同事業は中国や日本に拠点を有し、自動車やバッテリーなどの市場において、ポリマーベースの回路保護機器で高シェアを持っていた事業。
    この売却によって、TEコネクティビティはコネクティビティやセンサーに注力する考え。

注力分野

TEコネクティビティはセンサー事業を強化し、同事業による売上高を8億ユーロに引き上げるため、センサー会社の買収を積極的に行っています。

また、センサーや高速通信技術など、先進運転支援システム(ADAS:Advanced Driving Assistant System)向け新製品の開発にも注力しています。

先進運転支援システム関連技術として、TEコネクティビティはすでに100Mbit/秒の高速通信に対応するEthernetデータバス技術を保有しており、さらなる高速化に向けた開発を行っています。

技術動向

2014年9月末時点で、TEコネクティビティは世界各地域に21ヶ所の研究開発拠点を有し、約7,500人の従業員が研究開発活動に携わっています。

また、TEコネクティビティは毎年約5%の研究開発費率を維持しており、2014年9月末時点における売上高については、その約25%を過去3年以内に開発・改良された製品が占めています。

なお、トムソン・ロイター(Thomson Reuter)が世界の革新企業・機関トップ100を選出するTop 100グローバル・イノベーター・アワード(Top 100 Global Innovators)を4年連続で受賞しています。

下記は、TEコネクティビティの研究開発活動の一例です。


・「Electronica 2014」でコネクティビティや先進運転支援システム(ADAS:Advanced Driving Assistant System)関連技術などを発表

「Electronica 2014」はドイツのミュンヘンで開催されたエレクトロニクス展。TEコネクティビティは、透明なボディにセンサーとケーブルを複数搭載した車両を出展し、極小サイズのPTH fusionセンサー、ブレーキブースターセンサー、シングルコイルなどを紹介。

グローバル展開

2014年9月末時点で、TEコネクティビティは世界50ヶ国に約400ヶ所の拠点を有しています。
製造拠点数の地域別の内訳は、米州が38ヶ所、アジアが23ヶ所、ヨーロッパ・中近東・アフリカが29ヶ所。
研究開発拠点数の地域別の内訳は、米州が10ヶ所、アジアが6ヶ所、ヨーロッパ・中近東・アフリカが5ヶ所です。


○新興国をはじめとした海外における取り組み

■タイでの取り組み
  • 2014年2月、主に日系完成車メーカーに自動車用コネクターなどを生産する工場を新設すると発表。完成車メーカーの現地調達化に伴い、東南アジアに生産拠点を設置することで、現地における需要の増加に対応するのが目的。当初予定では、日系メーカー以外にも納入する考え。
    また、日系メーカー向け製品の生産に関しては、TEコネクティビティの日本法人であるタイコエレクトロニクスジャパンがサポート。
■アメリカでの取り組み
  • 2014年12月、温度センサーを設計・製造する拠点をミネソタ州アンドーバーに設置したと発表。産業製品、HVAC(Heating, Ventilation, and Air Conditioning,冷暖房空調設備)、医療機器、調理用機器、航空宇宙、防衛など、あらゆる分野に供給。面積は5万1,350平方フィートで、将来的に8万平方フィートを超える拡張が可能。
■韓国での取り組み
  • 2014年7月、コネクターやセンサーなどを生産している韓国子会社、Tyco Electronics AMP Korea Ltd.が、設備投資額約1,600ウォン(約160億円)で慶山(キョンサン)市の工場を増設すると発表。
■日本での取り組み
  • 2012年10月、タイコエレクトロニクスジャパンがHV(Hybrid Vehicle,ハイブリッドカー)・EV(Electric Vehicle)用リチウムイオン電池など、二次電池の部品に参入。
    車載用電池パックの小型化・軽量化・生産効率化に寄与する開発を実施。
  • 2013年5月、タイコエレクトロニクスジャパンが静岡県掛川市にHVなどの環境対応車向け電子部品を生産する工場を設置し、稼働を開始。また、設計・実験機能の一部と、静岡県内の既存工場2ヶ所の生産設備も移管。

部門構成・部門ごとの方針

TEコネクティビティは、以下の4部門で事業体制を構成しています。

  • 輸送ソリューション(Transportation Solutions)部門
  • ネットワークソリューション(Network Solutions)部門
  • 工業ソリューション(Industrial Solutions)部門
  • コンシューマーソリューション(Consumer Solutions)部門

上記のうち、輸送ソリューション部門が自動車関連製品を手がけており、同部門では主に以下の製品を手がけています。

  • ターミナル・コネクター
  • ケーブルASSYシステム
  • リレー・スイッチモジュール
  • ハイスピードデータネットワーク
  • インフォテインメントソリューション
  • HV(Hybrid Vehicle,ハイブリッドカー)・EV(Electric Vehicle)モビリティソリューション
  • 電磁誘導システム
  • 回路保護機器
  • 熱収縮チューブ・成形部品
  • ワイヤーおよびケーブル製品
  • バッテリー技術

会社概要

社名 タイコ エレクトロニクス ジャパン合同会社
設立年 1957年7月19日
本社所在地 〒213-8535 神奈川県川崎市高津区久本3-5-8
代表取締役 上野 康之
資本金 17,300百万円

組織構成や技術開発状況など、ネットに掲載されていない情報 が聞ける。転職についても相談できる。

転職サポートを依頼する

他の完成車メーカー・部品メーカー情報

外資系自動車部品メーカー

日系自動車部品メーカー情報

外資系完成車メーカー

日系完成車メーカー

他の企業を見る