豊田鉄工

豊田鉄工の企業情報

豊田鉄工(とよだてっこう)は、愛知県に拠点を置く、トヨタ自動車グループのプレス部品メーカーです。センターボディピラーリンフォース、ルーフレールなどの骨格部品を主力に、シャシー部品(足回りの機構)、ブレーキペダルなども手掛けています。トヨタ自動車のほか、近年は日産、ホンダ、SUBARU(スバル/富士重工業)など他メーカーとの取引も拡大しています。

豊田鉄工の前身である挙母鐵工(ころもてっこう)は、1946年にトヨタ自動車工業、加藤鐵工所、挙母航空機部品製作所の出資によって設立されました。1959年、社名を現在の豊田鉄工に変更。

1963年、愛知県に広久手工場を開設。1970年に愛知県に細谷工場(現、本社工場)を、1985年に愛知県に篠原工場を開設するなど、国内での生産拠点設置を進めます。

1995年、インドネシア・西ジャワ州に初の海外拠点となる合弁会社、PT. NUSA TOYOTETSU(NTC)を開設。同年、アメリカ・ケンタッキー州に子会社、TOYOTETSU AMERICA, INC.(TTAI)を開設。続いて、1998年、インド・カルナータカ州に合弁会社、STANZEN TOYOTETSU INDIA PVT. LTD.(STTI社)を開設するなど、海外でも拠点の設置を推進します。

2009年、愛知県に拠点を置く自動車プレス部品メーカー、テクノエイトを子会社化。2014年、栃木県に拠点を置く自動車部品メーカー、深井製作所と合弁で、アメリカ・インディアナ州に生産拠点、Fukai Toyotetsu Indiana Corporation (FTIC)を設立。同社は2016年に稼働し、SUBARU(スバル/富士重工業)向けに自動車プレス部品の納入を開始しました。

○事業内容
・ボデー部品
自動車の車体を構成する骨格部分となる、自動車の前後にあるバンパー内部のバンパーリンフォース、センターボデーピラーリンフォースほか。

・シャシー部品
路面からの衝撃を和らげるフロントサスペンションを構成する、ボデーと足回りを連結するフロントサスペンションメンバーをはじめ、車体から伸びて足回りを支える役割を持つサスペンションアーム、後輪にあるリアサスペンションを構成するリアアクスルビームなど。

・機能部品
リンク式ブレーキペダル、クラッチペタルなどのベダル部品のほか、パーキングブレーキレバー、足解除式のパーキングブレーキ。

・ハイブリッド車(HEV)、電気自動車(EV)のインバータ用電子部品
パワーモジュールハウジング、直流から交流へ変換する際の電源回路のバスバー、インバータに使用する放熱板。

・内装部品
フロントドアの内装部品であるフロントドアトリム、バックドアの内貼りであるバックドアトリム。

・ツーリング(加工機械に取り付ける複数の工具のこと)
プレスの金型や、自動プレス機に取り付け、製品が搬送されているかを検査するミスグリップ検出器、プレスした部品を溶接する溶接設備。

売上等の推移(直近3年間)

売上高推移

連結
  • データなし

2013年度

  • 281,000百万円

2014年度

  • 312,100百万円

2015年度

単独
  • 108,848百万円

2012年度

  • 109,320百万円

2013年度

  • 109,320百万円

2014年度

経常利益推移

単独
  • 10,727百万円

2012年度

  • 13,614百万円

2013年度

  • 13,280百万円

2014年度

豊田鉄工の2015年3月期の連結業績は以下のとおりです。

  • 売上高 2,810億2,600万円(前年比7%増)
  • 営業利益 153億600万円(前年比25.8%減)
  • 経常利益 155億4,700万円(前年比23.8%減)
  • 当期純利益 100億3,300万円(前年比22%減)

事業戦略

事業方針

豊田鉄工は、2016年度から2021年度までの新たな中期経営計画を発表しました。


○主要施策

「車体技術で世界ナンバーワンの技術を持つ」をコンセプトに、車体部品の強度を維持、向上しながら軽量化を進めるとしています。

  • 鋼材分野では、材料の強度を表す引張強度が1,500メガパスカル級の熱間プレス(900℃~1200℃でプレスする方法。少ない力で加工することができる)、および1,200メガパスカル級のハイテン材(高張力鋼。炭素やシリコンなどの元素を配合し引張強度を高めた鋼材のこと)を冷間プレス(主に720℃以下でプレスする方法。鋼の組織が緻密になり高精度の加工ができる)する技術の確立を目指す。
  • 2014年、子会社のテクノエイトと共同で骨格部品の素材をスチールからアルミに切り替えた自動車部品の製品化を発表。骨格部品をアルミ化することで重量を従来の1/2に抑えることができ、燃費に貢献するとしている。
    2017年内に量販車への採用を目指し完成車メーカーへ提案する。
  • 2020年以降を目処に、樹脂を使用した超軽量な車体部品の事業化を目指す。

注力分野

豊田鉄工は、国内外でプレス加工に使用する金型の生産を内製化する取り組みを行っています。

  • 2016年中にトルコの既存工場の敷地内に金型工場を新設する計画を発表。金型を生産する工作機械や、金型の品質を検査するプレス機などを導入予定。
  • 日本、中国、インドネシアでも金型を内製し、今後、世界全体で使用する金型の2割を内製化したい考え。

グローバル展開

豊田鉄工は現在、グローバルで生産体制を強化しています。


○タイ

  • 2013年、タイ・プラチンブリ県に生産拠点、TTTH社の設立を発表。
    2015年に稼働し、トヨタ、ホンダ、日産向けにブレーキペダル、クラッチペダルなどを供給する。また、同年からホンダ向けに車体骨格部品の供給を開始する。

○カナダ

  • 2014年、トヨタ向けにブレーキベダル、センターボディピラーなどを生産するカナダの生産拠点で生産能力を2~3割増強。

○アメリカ

  • 2014年、アメリカ・ケンタッキー州の生産拠点でプレスマシン、ブランキングマシンを増設。
  • 2014年、深井製作所と共同出資でアメリカ・インディアナ州に生産拠点の設立を発表。
    2016年に稼働し、SUBARU(スバル/富士重工業)のアメリカ拠点向けなどに主に車体部品を供給する計画。

○トルコ

  • 2015年、トルコ・コジャエリ県の生産拠点で内装部品の生産を開始。韓国・現代自動車に供給する。
  • 2016年、トルコの既存工場の敷地内に金型工場を新設。
    同年稼働し、トルコ国内の工場をはじめアジアの生産拠点に輸出するほか、北米などへの輸出も検討する。

○インドネシア

  • 2015年、インドネシア・ブカシ県にある生産拠点、NTCでアルミ合金を使った断熱座部品の生産を開始。燃費向上に貢献する車体軽量化ニーズに対応する計画。

○メキシコ

  • 2016年、メキシコ・グアナファト州のトヨタ自動車工場内に自動車用のプレス・溶接部品の新工場の開設を発表。
    2019年に稼働し、2021年に年98億円の売上高を目指す。

部門構成・部門ごとの方針

豊田鉄工は現在、国内の生産再編を行っています。

  • 2014年、中長期的に、現在中部地区にある5工場を4工場に集約したい考えを発表。
  • 2015年、国内工場においてラインの集約を推進。

会社概要

社名 豊田鉄工株式会社
設立年 1946年2月1日
本社所在地 愛知県豊田市細谷町4丁目50番地
代表取締役 宝田和彦
資本金 2,223百万円

組織構成や技術開発状況など、ネットに掲載されていない情報 が聞ける。転職についても相談できる。

転職サポートを依頼する

拠点一覧

豊田鉄工の拠点(研究開発・テストセンター含む)

国内拠点一覧
  • 愛知本社

他の完成車メーカー・部品メーカー情報

外資系自動車部品メーカー

日系自動車部品メーカー情報

外資系完成車メーカー

日系完成車メーカー

他の企業を見る