日本電産

日本電産の企業情報

日本電産は、京都市に本社を置く総合モーターメーカーです。
主要製品のモーターは、「精密・小型用」「車載用」「家電・商業・産業用」で展開しており、機器装置や電子・工学部品なども開発しています。

主力製品の「ブラシレスDCモーター」の世界シェアは約50%で1位。車載用事業では、「電動パワーステアリング用モーター」や「DCT(デュアルクラッチトランスミッション)用モーター」が世界シェア1位となっています。

現在募集中の求人

更新日

日本電産株式会社

業務改善プロジェクト推進

■営業業務改善に関わるプロジェクトメンバーとしてユーザ折衝、システム設計~導入運用まで幅広く担当頂きます。

【具体的には】
Salesforceを使った営業系の業務改善活動に従事いただきます。
ユーザとの協議を得て、改善策の実現に向けシステム設計をして頂く予定です。
また、ERPシステムとして利用しているSAPとの連携も強化しているので、SAP-Salesforceの連携基盤の強化を推進して頂きます。

【仕事のやりがい】
営業支援に関わる領域は手作業の部分も多くの改善ポイントを多く抱えています。プロアクティブに動ける方であれば、どんどんと提案ができ、カバー範囲を拡大できることが可能となります。業務改善を進め、その改善具合を自分の目で見たいという方にとっては遣り甲斐を感じて頂けます。

勤務地 京都府京都市久世殿城町338
年収 450万円~600万円
お問い合わせ番号 248239
この求人の詳細を見る

更新日

日本電産株式会社

生産技術

■同社にて下記業務を担当していただきます。

【具体的には】
・新商品企画に伴うモーターの部品の鋳造、機械加工、プレス、樹脂成型部品の立上げ業務のマネージメント
・モーター組み立てラインの立上げ業務全般(設備仕様作成、品質保証体系の構築、量産立ち上げ)
・部下20人の業務のマネージメント、トレーニング、プロジェクト進捗管理

<期待する役割>
・車載事業のものづくり現場をマネジメントすること。
・精度の高い部品の加工技術や組立てに関する知見をベースに、若手エンジニアを教育し、マネジメントすること。
※マネジメント規模:10名程度のグループを2グループ程度

<仕事のやりがい・面白さ>
生産技術なので近道はなく、コツコツと時間をかけて仕事をしていく必要があります。
なかなかスマートにはいかず、業務は大変ですが、量産が始まれば自分が作ったラインが豪快に動き出し、完成時には感動をする場面もあります。

勤務地 滋賀県愛知郡愛荘町中宿248
年収 770万円~1000万円
お問い合わせ番号 266432
この求人の詳細を見る

更新日

日本電産株式会社

DX推進

■全社戦略の一つ「ものづくりDXプロジェクト」に参画し、PLM領域ソリューションを核としたDX推進に従事いただきます。

【具体的には】
・グローバルPLMシステム(ENOVIA)を核に、BOM連携や周辺ITとの融合による開発生産性向上策の実装
・PLM系システムの中長期のソリューションロードマップと具現化計画の策定、及び実行(DXプロジェクト等参画)
・ISO関連の国際規格に則った業務・IT標準化、及びIT運用支援、品質管理、設計開発業務の効率化支援

【特徴】
・少数精鋭のグループであり、経営要請から活動内容の拡大とDX推進加速の指示を受けており、中堅~若手層まで、各自が自立・自己管理できている職場です。
・1システムや1拠点を担当するのでなく、多能工でマルチ担当業務に携わり、設計・開発の業務全体を見渡すことが出来る複数のプロジェクトへの参画が可能なチームです。
・国内だけでなく欧米、中国、アジア全世界拠点にサービス提供しており、常にグローバルを意識した業務に従事いただけます。
・マルチベンダー体制でのITマネージメントを実践し、ピーク変動にも効率的に対応している職場です。

勤務地 京都府京都市久世殿城町338,滋賀県愛知郡愛荘町中宿248,長野県駒ヶ根市赤穂20-51
年収 450万円~1000万円
お問い合わせ番号 248238
この求人の詳細を見る

更新日

日本電産株式会社

機械設計<ファンモータ>

■IT機器(サーバー等)冷却用のファンモーター開発(構造設計、風洞設計)業務に従事いただきます。

【具体的には】
冷却用ファンモーターの開発(風洞設計及び構造設計)をリーダーの下で担当者として行ってもらいます。
※コンセプト作りから、デザイン決め(価格も含む)~金型の成型による検証といった量産までの工程を担当。

【仕事のやりがい/面白さ】
Nidecが拡大を図っているIT業界においては、5G化でサーバー関連の需要が高まっており、グローバルで成長する市場です。これまで培ってきた同社の技術力により引き合いが多く、経験を活かして活躍することが出来ます。同社では何事においても世界No.1を目指す会社であり、世界で戦う厳しさとやりがいが両立する仕事です。

勤務地 京都府京都市久世殿城町338
年収 500万円~1000万円
お問い合わせ番号 255043
この求人の詳細を見る

更新日

日本電産株式会社

品質保証<電動バイク等車載関連製品>

■電動(EV)バイク等の車載メカ製品に要求される品質全般について、顧客要求を満足できる品質保証対応業務に従事いただきます。

【具体的には】
・電動バイク、小型EV、車載用冷却FAN等の車載メカ部品の品質管理業務全般
※製品の品質検証を行い、IATF16949等の車載関連の規格に準拠した生産工程検証により、品質・信頼性を保証していただきます。
※リーダー以上の場合は部員のマネジメント業務にも従事いただきます。
※英語で顧客、サプライヤー、海外生産拠点とのコミュニケーションを図っていただきます。
※関係先:顧客、サプライヤー、海外生産拠点、開発、生産技術、品質保証統括部内にあるIATF事務局

勤務地 京都府京都市久世殿城町338
中央開発技術研究所へ配属予定です。
年収 500万円~1000万円
お問い合わせ番号 252036
この求人の詳細を見る

年収情報

平均年収663万円自動車業界内の年収順位 105280

年収推移

  • 655万円

2016年度

  • 643.3万円

2017年度

  • 663万円

2018年度

自動車業界の平均年収 618万円
推定生涯賃金 2億4747万円

年齢別年収シミュレーション

  • 477万円

25歳

  • 570万円

30歳

  • 663万円

35歳

  • 747万円

40歳

  • 770万円

45歳

  • 755万円

50歳

平均年齢 39.5歳
平均勤続年数 9.4年

売上等の推移(直近3年間)

売上高推移

連結
  • 1,199,311百万円

2016年度

  • 1,488,090百万円

2017年度

  • 1,518,320百万円

2018年度

単独
  • 218,682百万円

2016年度

  • 225,793百万円

2017年度

  • 222,217百万円

2018年度

経常利益推移

連結
  • 141,313百万円

2016年度

  • 163,665百万円

2017年度

  • 139,014百万円

2018年度

単独
  • 10,558百万円

2016年度

  • 16,947百万円

2017年度

  • 49,213百万円

2018年度

  • ※米国SEC基準会社・国際会計基準会社は、経常利益に当たるものがないため、税前利益を経常利益とみなします。

従業員数推移

連結
単独

事業戦略

事業方針

日本電産は、2021年3月期を最終年度とする中期経営計画「Vision2020」で、売上高2兆円、営業利益率15%以上を目標に掲げています。
達成に向けて、「自社成長戦略」と「M&A戦略」を基軸に「ビジネスポートフォリオの転換と拡大」と「グループマトリックス一体化経営」を進めています。「ビジネスポートフォリオの転換と拡大」では、「精密・小型用」事業に次ぐ第2の柱として「車載用」「家電・商業・生産用」事業への積極的な投資とアライアンスを展開。「グループマトリックス一体化経営」では、利益率の増加に向け、グループ全体で材料費や労務費のコスト削減に取り組んでいます。

車載用事業では、主に電動パワーステアリング用モーター、ブレーキ用モーター、駆動用モーター、先進運転支援システム向けセンサーなどを開発。M&Aにも力を入れ、中期経営計画の最終年度となる2021年3月期には、売上高6000億円以上を目指す方針です。2019年3月期の車載用事業の売上高は2973億円(営業利益329億円)で、全体の売り上げの約20%を占めています。

他社との提携状況

日本電産は2019年4月に、電子機器メーカー・オムロン(京都市)の子会社で車載電装部品などの開発を行う「オムロンオートモーティブエレクトロニクス」を買収。同社の持つ電子制御部品やセンシング技術を取り込むことで、車載用事業での収益向上とシェア拡大を図ります。

2019年8月には、中国の完成車メーカー広州汽車グループでモーターや外装品を開発する「広汽零部件」と、車載用モラクションモーターを開発する合弁会社の設立に向けた契約を締結。主に広州汽車向けに、低コストで高効率なトラクションモーターを製造・販売していきます。

注力分野

日本電産は、電動化や自動運転に対応した新製品の開発と、グローバルでのシェアの拡大に力を入れています。
電動化の分野では、2018年4月に発表した一体型トラクションモーターシステム「E-Axle」を、「広汽新能源汽車」の新型量産電気自動車「Aion S」に初採用。2019年4月の上海モーターショーで初披露された先進安全技術搭載のSUV「Aion LX」にも採用されることが決定しました。「E-Axle」は、各国の部品メーカーから注目されており、すでに中国8社、欧州3社、米州1社、韓国1社からの受注を予定しています。
自動運転の分野では、センシング用カメラモジュールやレーザーレーダーなど、モーターに他の機能を組み合わせたモジュール製品も開発。2019年4月に買収した「オムロンオートモーティブエレクトロニクス」や、次世代技術を開発する「日本電産エレシス」と協力し、開発を進めています。

技術動向

主力の車載用モーター制御製品では、高出力でありながら低振動・低騒音・低コストの「モーター電動パワーステアリングシステム」を開発。A~Eまで全セグメントに対応した製品を展開しています。現在は、ステアリングモーターと制御エンジンコントロールユニット(ECU)を一体化した世界最小・最軽量の「パワーパック」の開発も進めています。
トラクションモーターシステム「E-Axle」は、インバーターとモーター、ギアを一体化した駆動部品。子会社と協力して開発を行っており、同出力の他社製品に比べて小型で軽量なのが特徴です。2019年4月には、最大出力150Kwのモデルに続き、新たに100Kwと70Kwの2つのモデルを発表しました。
現在は、駆動輪のホイールの中に小型のモーターを搭載した「インホイールモーター」の試作品も開発しています。

車載用部品では、変速機の部品を開発する「日本電産トーソク」とはオイルポンプやウォーターポンプを、カメラユニットやミリ波レーダーユニットを開発する「日本電産エレシス」やレンズ製品などを開発する「日本電産コパル電子」とは、単眼カメラとレーダーの一体型センシング用カメラモジュールなどを共同で開発しています。

グローバル展開

日本電産は、北米に25社、中南米に20社、欧州・中東・アフリカに95社、アジア・オセアニアに156社の海外拠点を持っています。車載用事業では主に、日本電産トーソク・ベトナム、ドイツ日本電産モーターズアンドアクチュエーターズ、日本電産GPM、日本電産自動車モーター(浙江)、日本電産(大連)、日本電産自動車モータ・アメリカの7社が、製品の製造・販売を行っています。

2019年3月期の地域別売上高は、アメリカが2588億円、シンガポールが532億円、タイが1298億円、ドイツが1359億円、中国が3547億円、その他が2884億円です。

会社概要

社名 日本電産株式会社
設立年 1973年7月23日
本社所在地 〒601-8205 京都府京都市南区久世殿城町338番地
市場名 東証一部
代表取締役 永守 重信
社債格付け AA-
資本金 87,784百万円

組織構成や技術開発状況など、ネットに掲載されていない情報 が聞ける。転職についても相談できる。

転職サポートを依頼する

拠点一覧

日本電産の拠点(研究開発・テストセンター含む)

国内拠点一覧
  • 本社・中央開発技術研究所(京都市南区)
  • 東京オフィス(東京都品川区)
  • 滋賀技術開発センター(滋賀県愛知郡愛荘町)
  • 長野技術開発センター(長野県駒ヶ根市)
  • 中央モーター基礎技術研究所(川崎市幸区)
海外拠点一覧
  • タイ日本電産㈱(タイ パトンタニ県)
  • フィリピン日本電産㈱(フィリピン ラグナ州)
  • 日本電産コパル・タイランド㈱(タイ パトンタニ県)
  • 日本電産シバウラ(浙江)有限公司(中国 浙江省平湖市)
  • 日本電産モータ㈱(米国 ミズーリ州)
  • Nidec Kinetek Corporation.(米国 イリノイ州)
  • Nidec ASI S.p.A.(イタリア ロンバルディア州 ミラノ県)
  • 日本電産トーソク・ベトナム会社(ベトナム ホーチミン市)
  • 日本電産自動車モータ(浙江)有限公司(中国 浙江省平湖市)
  • NIDEC GPM GmbH(ドイツ テューリンゲン州)

関係会社一覧

日本電産の関係会社一覧

  • タイ日本電産㈱
  • シンガポール日本電産㈱
  • 日本電産(香港)有限公司
  • フィリピン日本電産㈱
  • 日本電産サンキョー㈱
  • 日本電産コパル㈱
  • 日本電産シバウラ(浙江)有限公司
  • 欧州日本電産
  • 日本電産自動車モータ(浙江)有限公司

他の完成車メーカー・部品メーカー情報

外資系自動車部品メーカー

日系自動車部品メーカー情報

外資系完成車メーカー

日系完成車メーカー

他の企業を見る