KYB(カヤバ工業)

KYB(カヤバ工業)の企業情報

KYB(カヤバ工業)は、日本に本社を置く大手油圧機器メーカーです。
四輪車用ショックアブソーバー、パワーステアリング、サスペンションシステム、ステイダンパーなどを手がけています。
2018年6月時点で、国内における四輪車用ショックアブソーバーのシェア率は46%、全世界におけるシェア率は14%です。
自動車以外では、産業・航空・鉄道用の油圧機器を生産しています。

1919年に開設された萱場発明研究所が、現在のKYBの前身です。
1985年にカヤバ工業に、2015年に現在のKYBに社名を変更しています。

2018年3月末時点では、子会社39社、関連会社9社を有し、14,754人の従業員を抱えています。

現在は、ショックアブソーバー(SA)や電動パワーステアリング(EPS)の商品力強化、高付加価値化に注力しています。

年収情報

平均年収634万円自動車業界内の年収順位 29101

年収推移

  • 651万円

2015年度

  • 628.9万円

2016年度

  • 634.1万円

2017年度

自動車業界の平均年収 618万円
推定生涯賃金 2億4538万円

年齢別年収シミュレーション

  • 473万円

25歳

  • 565万円

30歳

  • 657万円

35歳

  • 741万円

40歳

  • 764万円

45歳

  • 749万円

50歳

平均年齢 39.7歳
平均勤続年数 16年

売上等の推移(直近3年間)

売上高推移

連結
  • 355,384百万円

2015年度

  • 355,316百万円

2016年度

  • 392,394百万円

2017年度

単独
  • 187,079百万円

2015年度

  • 186,505百万円

2016年度

  • 199,377百万円

2017年度

経常利益推移

連結
  • 20,390百万円

2013年度

  • 15,852百万円

2014年度

  • 14,267百万円

2015年度

単独
  • 8,508百万円

2015年度

  • 6,608百万円

2016年度

  • 11,186百万円

2017年度

  • ※米国SEC基準会社・国際会計基準会社は、経常利益に当たるものがないため、税前利益を経常利益とみなします。

従業員数推移

連結
単独

2018年3月期における売上高は、中国やヨーロッパ、国内市場における四輪車用油圧緩衝器の販売が堅調に推移したため、3,923億9,400万円で前年比10.4%増となりました。
また、営業利益は208億8,500万円で前年比8.5%増、親会社の所有者に帰属する当期純利益は152億200万円で前年比4.5%増となりました。

セグメント別の売上高は、

  • AC(オートモーティブコンポーネンツ)事業が2,425億6,000万円で前年比5.0%増
  • HC(ハイドロリックコンポーネンツ)事業が1,226億300万円で前年比27.3%増
  • その他が272億3,100万円で前年比2.6%減

となりました。

事業戦略

事業方針

KYB(カヤバ工業)は現在、2017年度から2019年度を対象期間とする中期経営計画に取り組んでおり、2020年度以降のグループ売上高5,000億円を目指し、新技術・新製品の開発やM&Aの推進、収益基盤の安定化を実施しています。

自動車関連製品を扱うAC(オートモーティブコンポーネンツ)事業においては「生産・販売拠点の再構築」「新製品・新技術確立体制整備」「事業部制移行によるスピード向上」をテーマとし、海外拠点の再構築や電動化を核とした自動運転技術への対応のほか、市販製品の最適値生産体制の整備と拡販などを推進するとしています。

最終年度となる2019年度の数値目標は下記のとおりです。

  • 売上高3,980億円
  • 営業利益260億円

他社との提携状況

KYB(カヤバ工業)のM&Aや他社との提携に関する動向は以下のとおりです。

  • 2018年1月、韓国のMondoとの合弁会社であるブラジルのKYB-Mando do Brasil Fabricante de Autopecas(KMB)を完全子会社化すると発表。KMBは四輪車用油圧緩衝器を生産する会社として2011年に設立された。
  • 2018年4月、中国地場系EPSメーカー最大手の湖北恒隆汽車系統集団と、電動パワーステアリングの開発・生産・供給に関して業務提携すると発表。自動運転に関する製品開発についても協力するとした。

注力分野

KYB(カヤバ工業)は現在、「ショックアブソーバー(SA)」や「電動パワーステアリング(EPS)」の商品力強化、高付加価値化に注力しています。

◯ショックアブソーバー

拡販と収益性の向上を目指し、2017年には国内で新生産ラインを稼働させています。

また、次世代ショックアブソーバーの開発を目指し、メキシコ、タイ、スペインなどへの将来的なグローバル展開や、AIやIoTを活用した生産ラインの自動化を図る考えを示しています。

◯電動パワーステアリング

電動パワーステアリング市場が拡大する中国での拡販を目指し、同国の湖北恒隆汽車系統集団と業務提携を締結し、合弁生産を開始すると発表しました。

短期的には中国における市場拡大への追従、製品ラインナップの拡大、中国の部品を活用することによる日本国内での原価低減を実施。
中長期的には、中国からグローバルに製品を展開したい考えです。

技術動向

下記は、KYB(カヤバ工業)の研究開発活動の一例です。

  • 2015年7月、ステアリングとショックアブソーバーを統合制御する技術の研究を開始したと一部で報道。同技術は車の走行安定性や快適性の向上に寄与するもので、KYBは先進運転支援システム(ADAS:Advanced Driver Assistance System)や自動運転に求められる技術と捉え、実用化を視野に入れた研究を推進するという。
  • 2015年8月、積載量感応ショックアブソーバーを開発したと発表。同製品は、乗員や荷物による積載重量の変化をショックアブソーバーの長さの変化で検知するもので、積載重量が軽いときは低減衰力、重いときは高減衰力に、機械的に切り替えるもの。
  • 2015年10月、事故が多発する地点や登録した危険地点に車両が近づくと音声で注意を促すワーニングマップ機能や、Wi-Fiで画像を送信できる機能をドライブレコーダーに付与するソフトウェアを開発し、販売を開始したと発表。
  • 2018年3月、ドイツのミュンヘンに欧州テクニカルセンターを設置すると発表。ヨーロッパの顧客ニーズを取り入れた製品開発力を強化し、ヨーロッパでのOEMビジネスの拡充を図るとした。

グローバル展開

2018年3月末時点で、KYB(カヤバ工業)は米州に7ヶ所、ヨーロッパに10ヶ所、アジアに19ヶ所の拠点を有しています。

○海外における取り組み

■メキシコでの取り組み
  • 2015年8月、メキシコにおけるショックアブソーバーの年間生産能力を、2020年に600万本に引き上げると発表。
    日系完成車メーカーの生産拡大に対応し、現地の供給能力を順次強化することで、新車・市販用の需要増に対応する生産体制を整備する。
■タイでの取り組み
  • 2017年3月、自動車用市販ショックアブソーバーとサスペンションの販売を行うタイの子会社KYB Asia Co., Ltd.と、同じくタイでエンジニアリングサービスを手がける子会社KYB Technical Center (Thailand) Co., Ltd.を合併し、KYB Asian Pacific Corp. Ltd.を設立すると発表。アジア地域での生産拠点に対する営業・技術・品質保証・調達・ITに関する支援サービスの提供による生産拠点の機能強化などが目的。
■中国での取り組み
  • 2018年11月、自動車用電動パワーステアリングシステムとその関連製品を生産・販売する合弁会社Hubei Henglong & KYB Automobile Electric Steering System Co., Ltd.を設立。

部門構成・部門ごとの方針

KYB(カヤバ工業)の事業体制は、以下2つのセグメントで構成されています。

  • AC(オートモーティブコンポーネンツ)事業
  • HC(ハイドロリックコンポーネンツ)事業

なお、KYBは2018年5月にAC事業の製品開発ロードマップを発表し、自動運転技術に対応する製品の高付加価値化を図る道筋を示しました。

具体的には、走行時の乗り心地向上と車室空間の拡大を実現するため、サスペンションとステアリングをシャシーに統合したシステム開発の実施を視野に入れています。

KYB(カヤバ工業)の報道ニュース一覧

2018.04.28 KYB、湖北恒隆汽車系統集団有限公司と業務提携

電動パワーステアリングを生産自動車用の油圧緩衝器や油圧機器のサプライヤーであるKYBは4月26日、中国の100%子会社である凱迩必(中国)投資有限公司が湖北恒隆...[もっと見る

2018.04.05 KYB、ドイツに欧州テクニカルセンターを設立
2017.07.07 KYB、チーム EKSとスポンサー契約を締結
2017.04.04 KYB、サービス・販売会社新設を発表
2017.03.24 KYB、モータースポーツ部新設を発表

KYB(カヤバ工業)のニュースを全て見る

会社概要

社名 KYB株式会社
設立年 1948年11月25日
本社所在地 〒105-6111 東京都港区浜松町二丁目4番1号世界貿易センタービル11F
市場名 東証一部
代表取締役 中島 康輔
社債格付け BBB+
資本金 27,647百万円

組織構成や技術開発状況など、ネットに掲載されていない情報 が聞ける。転職についても相談できる。

転職サポートを依頼する

拠点一覧

KYB(カヤバ工業)の拠点(研究開発・テストセンター含む)

国内拠点一覧
  • 岐阜北工場(岐阜県可児市)
  • 岐阜南工場(岐阜県可児市)
  • 相模工場(神奈川県相模原市)
  • 熊谷工場(埼玉県深谷市)
  • 本社工場他(長野県埴科郡坂城町他)
  • 滋賀工場他(滋賀県甲賀市他)
  • 三重工場他(三重県津市他)
海外拠点一覧
  • KYB Americas Corporation
  • KYB Steering (Thailand) CO.,Ltd.
  • KYB Manufacturing Czech s.r.o.
  • 凱迩必機械工業(鎮江)有限公司
  • KYB Mexico S.A. de C.V.
  • 凱迩必液圧工業(鎮江)有限公司

関係会社一覧

KYB(カヤバ工業)の関係会社一覧

  • 凱迩必(中国)投資有限公司
  • KYB Americas Corporation
  • 凱迩必液圧工業(鎮江)有限公司
  • 凱迩必機械工業(鎮江)有限公司
  • 無錫凱迩必拓普減震器有限公司
  • KYB Mexico S.A. de C.V.
  • KYB Suspensions Europe
  • S.A.U.,KYB Manufacturing Czech s.r.o.

他の完成車メーカー・部品メーカー情報

外資系自動車部品メーカー

日系自動車部品メーカー情報

外資系完成車メーカー

日系完成車メーカー

他の企業を見る