富士機工

富士機工の企業情報

富士機工は、静岡県に拠点を置くシート機構部品、自動車のハンドル軸であるステアリングコラム、変速機の指示を出す装置であるシフター、機関機構部品などを手掛ける自動車部品メーカーです。

トヨタ自動車系列の自動車部品メーカー、ジェイテクトと、自動車シートを手掛けるタチエスが合わせて過半数を出資しています。

富士機工の前身は、1944年に富士瓦斯(ガス)紡績(現、富士紡績)の子会社として設立された富士兵器。翌1945年、社名を現在の富士機工に改称し、業務内容を機械・器具類の製造、加工、修理などに変更します。

1954年、日産自動車と取引を開始し、同時に自動車部品の製造を始めます。1973年、鈴木自動車工業(現、スズキ)と取引を開始。

1989年、台湾の常裕機械股分有限公司(現、常裕工業股分有限公司)との合弁で、常裕富士機工股分有限公司(Joyu-Fuji Machinery)を設立します。同年、スウェーデンの自動車部品メーカー、FFVオートテックABと合弁でアメリカにDouglas Autotech Corporation(ダグラス・オートッテック・コーポレーション)を設立し、1991年に子会社化。その後も、アジア、ヨーロッパ、アメリカなどで子会社や合弁会社など拠点の設立を推進します。

1996年、自動車部品メーカーのエフ・エイ(現、磐田富士機工)を設立。1999年、タチエスと、続いて2001年に光洋精工(現、ジェイテクト)と、それぞれ業務・資本での提携を発表します。2005年、富士機工クラタを設立。国内でも拠点の設立をはじめ、他社との提携を進めます。

2016年、中期経営計画(最終年度2020年度)を発表。その目標達成に向けた取り組みを行っています。

○事業内容
・ステアリングコラム事業
衝突の際の安全性に優れた、電動のチルト・テレスコステアリングコラム※や、曲げやねじりなどの力に対して強い、EPS(電動パワーステアリング)用チルト・テレスコステアリングコラム。
※チルト・テレスコステアリングコラム…運転者がホイールの位置や角度、運転姿勢を調整するためにステアリングコラムの角度を調整できる機構であるチルト、長さを調節できるようにした機構であるテレスコピックの両方を備えたコラムのこと。

・シート事業
シートのリクライニング機構を構成するラウンドリクライナーをはじめ、シートを前後に動かすためのスライドレール。

・パワートレイン事業
オートマチックトランスミッション(AT)用のシフターをはじめ、エンジンの力をエアコンや発電機などに伝える補機用ベルトに使用されるアイドラプーリー、エンジンの力をトランスミッションに伝えるクラッチのうち、円盤の摩擦によって動力を伝える多板クラッチ機構に使用されるドライブプレート。

年収情報

平均年収553万円自動車業界内の年収順位 6895

年収推移

  • 516.5万円

2013年度

  • 532万円

2014年度

  • 553万円

2015年度

自動車業界の平均年収 606万円
推定生涯賃金 2億0940万円

年齢別年収シミュレーション

  • 404万円

25歳

  • 482万円

30歳

  • 561万円

35歳

  • 632万円

40歳

  • 652万円

45歳

  • 639万円

50歳

平均年齢 39歳
平均勤続年数 15.5年

売上等の推移(直近3年間)

売上高推移

連結
  • 104,003百万円

2013年度

  • 107,054百万円

2014年度

  • 104,313百万円

2015年度

単独
  • 53,427百万円

2013年度

  • 51,822百万円

2014年度

  • 49,101百万円

2015年度

経常利益推移

連結
  • 7,554百万円

2013年度

  • 7,532百万円

2014年度

  • 6,609百万円

2015年度

単独
  • 3,664百万円

2013年度

  • 3,478百万円

2014年度

  • 3,075百万円

2015年度

従業員数推移

連結
単独

富士機工の2016年3月期の連結業績は以下のとおりです。

  • 売上高 1,043億1,300万円(前年比2.6%減)
  • 営業利益 61億4,700万円(前年比8.1%減)
  • 経常利益 66億900万円(前年比12.2%減)
  • 当期純利益 40億7,900万円(17.4%減)

事業別では、ステアリングコラム事業の売上高は594億9,200万円、シート事業の売上高は294億1,700万円、パワートレイン事業の売上高は154億400万円となりました。

上記を踏まえた、次期2017年3月期の連結業績予想は以下のとおりです。

  • 売上高 1,020億円(前期比 2.2%減)
  • 営業利益 69億円(前期比 12.2%増)
  • 経常利益 70億円(前期比 5.9%増)
  • 当期純利益 42億円(前期比 2.9%増)

事業戦略

事業方針

富士機工は2016年度に経営計画を発表しました。


○数値目標

  • 連結売上高 1,680億円(2020年度)

○主要施策

  • シート事業、ステアリングコラム事業、パワートレイン事業の各事業において、地域ごとに営業、商品、生産についての戦略を策定する
    シート事業では、2014年にシート類の販売拠点をドイツに設立。ヨーロッパでの新規取引メーカー開拓を目指す。ステアリングコラム事業においては、2017年を目処にメキシコで現地生産を開始する計画。
  • 工場における合理化、生産性の向上とともに間接部門における業務の効率化にも取り組む
    2014年度中に静岡県の鷲津工場でのシート機構部品およびステアリングコラムの生産を終了し、他の国内工場に移管すると発表。ラインを集約し操業度を引き上げる。
  • グローバルな業務に対応できる人材の育成
  • ヨーロッパメーカーとの取引拡大
    ヨーロッパでシート機構部品、シート骨格部品の販売拡大を目指し2014年にドイツ・ヴッパタール市に販売拠点を設立。将来的に開発・生産も視野に入れる。

注力分野

○ステアリングコラム事業

  • ステアリングコラムに要求される機能・性能を最適化した機構・構造で実現するため、塑性加工(金属などに力を加え変形させる加工法)技術の向上をはかり、軽量化と安全性の向上に取り組んでいる。
  • 走行性能向上に関する将来に向けた技術・製品の開発を完成車メーカー、システムメーカーと共同で行っている。

○シート事業

  • シートのリクライナー、ハイトアジャスター、スライド、ロックなどシートの持つ機能のコア部品の開発およびシステム開発において、小型・軽量化、高強度・高機能化とコスト低減に向けた取り組みを行っている。
  • 完成車メーカーの中国での現地生産に対応するため、中国でシートの機構部品を開発する合弁会社、富昌(福州)汽車部件開発有限公司(Fu Chong[Fuzhou]Engineering)を設立。
  • 開発スピードの短縮などを目的に、タチエスと設計担当者の相互受け入れなどを通した共同開発を行っている。

○パワートレイン事業

  • シフター部品においてさらなる競争力強化を図るため、コスト低減、軽量化を実現する普及型のシフター開発に取り組んでいる。合わせて、操作感、操作音などの改善を図る商品や将来の小型化に対応する商品開発も進めている。
  • ドライブブレードなどの機関駆動部品については、さらなる競争力強化に向け独自の塑性加工技術および解析技術などを活かした開発に継続的に取り組んでいる。

○国内生産体制の再編

  • 富士機工は、2014年度中に静岡県の鷲津工場でのシート機構部品の生産を終了し、関東、中部、九州各地区の工場に移管すると発表。合わせてステアリングコラムの生産も静岡県の新居工場に移す。
    受注品の多品種少量化によって操業度が大幅に低下していたため、ラインを集約して操業度を引き上げる計画。

○国内開発拠点の集約

  • 2014年、静岡県の鷲津工場内にテクニカルセンターの設立を発表。
    2016年に稼働。現在、各地区に分散している開発機能を集約。設計、生産技術、試作実験が一体となった効率的な開発体制を構築する計画。

グローバル展開

富士機工は現在、海外において拠点の拡充を進めています。

○中国

  • 2013年、イギリス領ヴァージン諸島の投資会社、信昌国際投資有限公司との合弁会社で、自動車用シートの機構部品を扱うFu Chong(Fuzhou)Engineeringを中国・福建省に設立。
    同年稼働し、シートの機構部品のほかシフター部品などの開発・営業を行う。

○メキシコ

  • 2013年、メキシコ・アグアスカリエンテス州に生産会社、FUJIKIKO MEXICO(フジキコー・メキシコ)を設立すると発表。
    2015年に稼働し、北中南米の日系自動車メーカー向けにオートマチックトランスミッション(AT)用のシフターなどを生産する。
    今後さらに市場の拡大が見込まれるメキシコで、現地のニーズに合った製品を供給する計画。2020年に売上高2,000万ドルを目指す。
    また、2017年度を目処に同工場を増築し、ステアリングコラムの生産を開始する計画。当初は年100万台を生産し、中長期的には年200万台の生産体制を整備する計画。
  • 2014年、メキシコ・アグアスカリエンテス州に設立したタチエスとの合弁会社、Fujikiko Tachi-S Mexico(フジキコー・タチエス・メキシコ)が稼働。
    シートフレームおよびシート機構部品を生産し、日産をはじめ日系完成車メーカーに供給する。
    2018年度に生産規模を年170万台に引き上げる計画。

○ドイツ

  • 2014年、アメリカのシート機構などを手掛けるFisher Dynamics(フィッシャーダイナミクス社)と共同で、シート機構部品などを製造・販売する合弁会社、Fuji Kiko Fisher Dynamics Automotive Europe(富士機工・フィッシャーダイナミクス・オートモーティブ・ヨーロッパ)をドイツ・ヴッパータール市に設立。
    ヨーロッパでシート機構部品、シート骨格部品の販売拡大を目指す。

会社概要

社名 富士機工株式会社
設立年 1944年11月1日
本社所在地 静岡県湖西市鷲津3131番地
市場名 東証一部
代表取締役 村瀬 昇也
資本金 5,986百万円

組織構成や技術開発状況など、ネットに掲載されていない情報 が聞ける。転職についても相談できる。

転職サポートを依頼する

拠点一覧

富士機工の拠点(研究開発・テストセンター含む)

国内拠点一覧
  • 鷲津工場(静岡県湖西市)
  • 新居工場(静岡県湖西市)
  • 本庄工場(埼玉県本庄市)
  • 磐田工場(静岡県磐田市)
  • 旧本庄工場跡地(埼玉県本庄市)
  • 本社(静岡県湖西市)
海外拠点一覧
  • ダグラス・オートテック・コーポレーション
  • ダグラス・オートテック・コーポレーション
  • フジ・オートテック・ユーエスエー・エルエルシー
  • フジ・オートテックAB
  • フジ・オートテック・フランス・S.A.S.
  • フジ・コーヨー・チェコ・s.r.o.
  • PT・オートテック・インドネシア
  • 広州富士機工汽車部件有限公司
  • 広州常富機械工業有限公司
  • 広州常富美山汽車配件有限公司
  • 浙江富昌泰汽車零部件有限公司

関係会社一覧

富士機工の関係会社一覧

  • フジ・オートテック・ユーエスエー・エルエルシー
  • フジキコー・ヨーロッパ・S.A.S.
  • フジ・オートテック・フランス・S.A.S.
  • フジ・コーヨー・チェコ・s.r.o.
  • PT・オートテック・インドネシア
  • サミット・フジキコー・クラタ・マニュファクチャリング・CO.,Ltd.
  • 浙江富昌泰汽車零部件有限公司

他の完成車メーカー・部品メーカー情報

外資系自動車部品メーカー

日系自動車部品メーカー情報

外資系完成車メーカー

日系完成車メーカー

他の企業を見る