ボエスト・アルパイン

ボエスト・アルパインのハイライト

ボエスト・アルパイン(voestalpine)はオーストリアの鉄鋼メーカーです。
自動車部品関連では、鋼材や金属プレス車体部品などを手がけています。
自動車産業向け事業の売上高が全体の30%以上を占めています。

ボエスト・アルパインは1946年に設立されました。

2014年末時点では世界50ヶ国以上に拠点を有し、約47,000人の従業員を抱えています。
事業体制は以下の4部門で構成されています。
・Steel部門
・Special Steel部門
・Metal Forming部門
・Metal Engineering部門

現在は、2020年度の目標売上高200億ユーロを達成すべく、アジア地域(特に中国)における事業の強化に注力しています。

売上等の推移(直近3年間)

売上高推移

連結
  • 1,504,552百万円

2013年度

  • 1,499,460百万円

2014年度

  • 1,483,246百万円

2015年度

経常利益推移

連結
  • 85,894百万円

2013年度

  • 99,026百万円

2014年度

  • 100,634百万円

2015年度

  • ※米国SEC基準会社・国際会計基準会社は、経常利益に当たるものがないため、税前利益を経常利益とみなします。

従業員数推移

連結

2014年度における売上高は、111億9千万ユーロで前年度比0.3%減となりました(自動車産業向け売上高の割合は32%)。
また、EBITDAは15億3千万ユーロで前年度比11.4%増、EBITは8億8,600万ユーロで前年度比11.9%増、税前利益は7億4,100万ユーロで前年度比15.6%増、当期純利益は5億9,400万ユーロで前年度比18.1%増となりました。

部門別の売上高比率は

  • Steel部門が34%
  • Special Steel部門が24%
  • Metal Forming部門が20%
  • Metal Engineering部門22%

となりました。

事業戦略

事業方針

ボエスト・アルパインは、2020年度の売上高を200億ユーロとする目標を掲げています。
2014年度においては西ヨーロッパでの売上高が全体の7割以上を占めているため、ヨーロッパ以外の地域における売上高を引き上げることにより、目標を達成する方針です。

特にアジア地域における事業を強化する方針を示しており、2020年度までに4~5億ユーロを投じ、同地域での売上高を20億ユーロに増加させたい考えです。

ボエスト・アルパインのM&Aや他社との提携に関する動向は以下のとおりです。

  • 2114年7月、工業サービスを提供するオランダのアルバーツ・インダストリーズ(Aalberts Industries)に対し、HVAC(Heating, Ventilation, and Air Conditioning冷暖房空調設備)システムなどを手がけるFlamco HoldingとBehalterbauを売却。
  • 2014年10月、ドイツの計測機器メーカーであるPolytec(ポリテック)に対し、Plastics Solutions部門のvoestalpine Polynorm Van Niftriktとvoestalpine Polynorm Plasticsを売却すると発表。
  • 2014年10月頃、日本の神戸製鋼所への技術(プレス成型後に強度が増す高張力鋼板技術)移転が完了。

これにより、神戸製鋼所が生産した母板をボエスト・アルパインの中国の加工工場に納入し、ボエスト・アルパインはその加工部品をヨーロッパの完成車メーカーの中国拠点に納入することが可能。
ヨーロッパではなく日本から中国に部品を仕入れることで、コスト削減を図るのが目的。
なお、神戸製鋼所と同社は2002年頃に技術提携を締結。

注力分野

ボエスト・アルパインは、2020年度における目標売上高を200億ユーロに設定しており、特にアジア地域における事業の強化を図っています(同地域における目標売上高は20億ユーロ)。
この目標を達成するため、特に中国事業の強化に注力しており、2013~2020年にかけて、同国で新たに15工場を設置する方針です。

取り組みの一例としては、同社のSpecial Steel部門による寧夏回族(ねいかかいぞく)自治区銀川(ぎんせん)市での特殊鋼工場の新設計画が挙げられます。
投資額は1億4千万ユーロで、2018年に稼働が開始される見込みです。
この計画は、鋳鉄品や鋼鋳物を手がける共亭集団の傘下に属す共亭装備との協業により行われ、新工場では自動車産業向けに、年間5~7万トンの工具鋼や鍛造部品を生産する予定です。

なお共亭装備は、Steel部門のvoestalpine Giesserei Linzと合弁会社のKocel Steel Foundryを設立しており、中国でガスタービン事業などを展開しています。

会社概要

社名 Voestalpine AG
設立年 1946年
本社所在地 Bahnhofstrase 2, Bruck an der Mur, Austria
代表取締役 Wolfgang Eder

組織構成や技術開発状況など、ネットに掲載されていない情報 が聞ける。転職についても相談できる。

転職サポートを依頼する

他の完成車メーカー・部品メーカー情報

外資系自動車部品メーカー

日系自動車部品メーカー情報

外資系完成車メーカー

日系完成車メーカー

他の企業を見る